話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スキルが芽生えたので復讐したいと思います。

北きつね

第二十六話 密談開始


 停泊しているクルーザーに近づく、甲板を見ると見知った顔が手を振っている。

「孔明!」

「円香。俺の名前は、孔明よしあきだ」

「おっしっかりと、あおいを連れてきてくれたようだな」

 円香は、俺の話しをスルーして、上村を見つけて、にこやかに話しかける。円香が載っているクルーザーは俺たちが載ってきたクルーザーよりも、1.5倍ほど大きな船だ。上村が横付けして、円香たちのクルーザーに乗り込む。

「円香。こんな面倒なことをしなくても・・・」

「悪いな。でも、問題が多すぎて、孔明のところでは話せないだろう?私のところでも無理だ。それに、新たな問題も出ただろう?」

 円香が言っているのは、今朝の報道番組で取り上げられたスライムの話だ。

 上村が乗り移ってきたところで、円香と握手をして、船内に移動する。
 船内には、広めの会議室が用意されている。

「蒼も久しぶりだな」

「そうだな。それで?」

「ん?孔明。蒼には、どこまで話してある?」

「何も・・・。奴が、スキルホルダーの可能性が高いとだけ説明した」

「そうか・・・。わかった。蒼も座ってくれ」

 俺と上村は、円香に誘導されて、腰掛けた。机には、プロジェクターが置かれている資料を投影するつもりなのだろう。大型のスクリーンも用意されている。
「まずは、ファントムの事からでいいな?」

「あぁ」「待ってくれ、円香も孔明も、ファントムとは誰だ?簡単でいいから説明してくれ」

 確かに、上村への説明はしていない。

 円香は、資料を持ち出して、上村と俺に渡してきた。資料は、後で回収すると付け加えられた。
 資料をパラパラと眺める。よくまとまった資料で読みやすい。

 上村への説明は、円香が行ってくれる。

「ファントムと名付けたが、納得したか?」

「・・・。円香。その名前の是非は置いておくが、俺を騙していないか?」

 上村が”騙されている”と、考えるのは、俺も理解ができる。
 ”全部が小説の話”だと言われたほうが、面白い話として聞くことが出来る。

「騙す?私が、蒼を騙しても得る物はないぞ?」

「そうだな。質問を変えよう。その分析を、お前は正しいと考えるのか?」

 俺も、分析の可否は気になるが、それを論じても意味がない。
 ギルドが、円香が”ファントム”の存在を信じているのだ。”存在している”と考えて、話をしなければ意味がない。

「正直に言えば、わからない。わからないから、お前たちに、特に、前線で活躍していた、蒼に聞きたい」

「俺に?」

「そうだ。オークの進化種と思われる魔物が、市内をふらつく可能性があると思うか?」

 ”ない”と、断言できない。
 スライムの進化種が居たとして、市内をふらつくかと言われても、”ない”と考えるが、絶対に”ない”のか?と言われて、断言が出来るとは・・・。思えない。

「ないとは・・・。いや、ほぼ無いな。魔物の進化には、魔物が必要だ。進化となると、同種か同種以上の力を持つ魔物が必要だ」

「オークの同種を倒して進化したとして、市内には居たら・・・」

 オークが進化する条件がわからないが、進化の為には同種か多くの魔物を倒さなければならない。
 市内で、進化できるとは、考えにくい。それなら、進化した魔物が市内まで移動したのか?それも、無理がある。
 自衛隊の防衛ラインやギルドの情報網を知らなければ、意味がわからない言い方だが、上村の言っていることは理解ができる。

「オークが町中に居たら目立つだろうな」

 オークと名付けた魔物は、2メートルに到達する魔物だ。ゴブリンやスライムと違って目立つ。

「進化種は、知性も兼ね備えると聞いたが?」

 パラメータがあると言っている者も存在するが、スキル鑑定が出た時に、期待されたが、パラメータの存在は否定された。
 ギルドでも、魔物やスキルや能力の数値化が行われていると聞いたが、実際にどうなっているのかは、円香に聞いたほうが早いだろう。

「わからない。俺は、進化種に会ったことがない。円香、ファントムは本当に単独なのか?」

「どういう意味だ?」

 俺も、最初にそれを考えた。
 ファントムが国家機関なら、まだ納得が出来る。ただ、国家機関だと考えれば、今度は”ギルドのサイト”を使っている意味がわからない。自衛隊にしろ、他国の機関にしろ、ギルドへのアクセスは別にアクセスラインがあり、わざわざ”サイトの検索”を使う必要はない。そして、自衛隊で、上村たちを上回るチームがあるとは聞いていない。

「円香の話では、ファントムはスキルを3-4個。もしかしたら、それ以上のスキルを持っている。そして、オークの進化種を単独で撃破している。国宝級の魔石を持っている可能性すらある。俺は、自衛官だ。そして最前線で戦っていた。だからこそ、ファントムが異常な存在だと思える。全部、誰かの妄想だと言ってくれたほうが納得できる。もし、ファントムが実在するとしたら・・・」

「するとしたら?」

「米軍や南米の最前線で戦っているチームだ」

「蒼の考えは、すごく正しいと思う。しかし、ファントムは”ギルド日本支部”の検索を使っている。偽装を施されているが、日本人だ」

「ん?円香。なぜ、ファントムが日本人だと断言できる?」

「まず、見てもらいたい物がある」

 円香が操作して表示された、情報は、何かのログだろう。

「円香?」

「これは、ファントムと思われるアクセスと行動ログだ」

「え?」

「円香。本当か?」

「あぁ。孔明。蒼。何かあるか?」

 ダメだ。
 円香は、完全に自衛隊を疑っている。清水教授がやっている実験に関係しそうな事柄まで存在している。確かに、海外の情報にもアクセスをしているが、日本語で表示させている。和訳と英訳を両方の参照を行っている。日本語がメインで、他の言語もある程度は理解ができるのだろう。

「円香。ファントムは、自衛官ではない。確かに、魔物の近くには居るが、魔石を溜め込むのは不可能だ。スキルもチェックされる体制になっている」

「ハハハ。孔明。解っている。自衛隊なら、得たスキルを、わざわざギルドのサイトで検索しなくても、ギルド本部から提供されるデータで照合すればいい。表に出ている情報よりも詳しい内容が表示される」

「ふぅ・・・。円香は、何を知りたい?」

「二人の感想を聞きたい。ファントムが、魔石を使って、スライムの進化を試している。動物を魔物にしようとしている。スキル結界を持っているのは、ほぼ間違いはないだろう。魔石も100個とかふざけた数を所有している。人が、魔石を吸収する方法を探しているようにも見える」

「それは・・・」

「孔明。”賢者ワイスマン”を知っているか?」

「ギルドが作成したAIだろう?」

「そうだ。そして、その”賢者ワイスマン”が、『ファントムがスキル結界と錬金と鑑定を持っている。そして”こぶし大の魔石”を所有している。所有している魔石の数は、20を越えている』と予測している。それも、高い確率だ」

「ちょっと待て、円香!ファントムが、どっかの部隊だと仮定できなくなる。”こぶし大の魔石”だと!そんな物が・・・」

「孔明。”賢者ワイスマン”の解析だ。それに、ファントムはオークの進化種を倒している。魔石も得ている。そして、新しく検索された言葉を繋げると、ファントムが得たオークの進化種から出た魔石は、4色の可能性が出てきた」

「何がなんだか・・・。まぁ孔明。俺、帰っていいか?お前は、円香に送ってもらえよ」

「ダメだ。蒼。ファントムの話は、情報共有としては意味があるが、今日の本命は別だ」

「本命?」

「お前さんのところの困った奴と、ギルドの困った役員と、東京に居る状況が読めない人たちの話だ」

「・・・」

 流石に、円香からそう言われてしまうと、先に帰るとは言えない。
 そもそも、上村にも関係してくる話だ。

「なぁ円香。興味本位で聞くけど、”こぶし大の魔石”が実在したとして、ギルドで買い取る時には、いくらになる?」

「使い途が限られた、今の状態で、1,400億。属性が付いていたら、6,500億でも安いだろう。エネルギーの取り出しに成功したら、値段はそれこそ、天井知らずになる」

「・・・。そうだよな。爪の先ほどの魔石でも、数万から数十万になる。上位種の魔石だと、跳ね上がる」

 聞かなければよかった。
 これからの話は、間違いなく重い話になる。その前の余興と考えれば、上出来だろう。上村が聞いた時に、円香が躊躇しないで答えたのも、この後の話が胸糞悪い物になるのが解っていて、気分を変えたかったのだろう。

「スキルが芽生えたので復讐したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く