話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

スキルが芽生えたので復讐したいと思います。

北きつね

【第一章 スライム生活】第一話 移動


 私は、どうやらスライムになってしまったようだ。

”魔物になってしまった”
 なんて例は、掲示板にもギルドにもないだろう。

”ぽよんぽよん”
 うーん。自分ながら、可愛い。是非、ペットにしたい。

 現実逃避をしていても、何も変わらない。
 私が持ってきていた荷物が無い。

 そう言えば、着ていた服や下着は?誰かが持っていった?え?やだ!

 私・・・。今、全裸?
 これって、もし、スライムから、人間に戻ったら、全裸になってしまうの?

 ここに居てはダメだ。
 スライムになってしまった理由はわからないけど、ここに留まるのは得策ではない。移動は、跳ねるようにすればできる。

 人間だったときに、両足を縛って、飛び跳ねるような感じに近い。体育祭でやった”うさぎ跳び”の要領でやれば移動できた。

 全裸だと認識すると、すごく恥ずかしい。まだ、誰にも見られたことがないのに・・・。いきなり、学校で全裸になっている。変態さんの仲間入りです。

 学校の裏にある、どこかのクラブが作っている畑に来た。

 玉蜀黍が茂っている畑の中を移動する。

 跳ねたら、玉蜀黍に当たった

『トウモロコシを格納しますか?』

”え?”

 こんな表示は、今まで出ていない。
 どういうこと?

”はい。お願いします”

”え?”

 実っていた玉蜀黍が消えた。
 どこに行った?

 ”格納”されたってこと?

 スキルなのかな?

 スキルの使い方を動画で見たことが有ったけど、言葉に出していた。今の私は、声が出せない。どうやって、スキルを発動させたらいいのだろう?初めて、スキルを発動するときに、説明と使い方が頭の中に流れると言っていたけど、魔物は違うようだ。

 困った。
 せっかく、スキルが使えそうなのに・・・。

 ”格納”は、ゲームでよくある名前では、”アイテムボックス”だよ・・・・。

”え?”

--- アイテムリスト
汚れた衣類 汚れたスカート 古いキャミソール 古いタイツ 古いAカップブラジャー 古い汚れたパンツ 古い靴下 靴(中古)
カバン(中身あり)(中古))
新鮮なトウモロコシ
---

 悪意がある説明が出てきた。眺めていたら、消えてしまった。

”アイテムボックス”

 頭の中で念じると、先程でてきた一覧が表示された。
 よく見ると、”アイテムリスト”と書かれている。

 取り出すには、触ればいいのだよね?
 目の前に、ARのようにアイテムリストが広がっている。手があると思って、触ろうとすると、スライムの身体の一部が伸びる。そうか、これが手の代わりになるのか・・・。

 なんとなく、悪意がある説明は無視したい。
 パンツも毎日、しっかりと洗っているから綺麗だ。今日も、家を出る前にシャワーを浴びて、洗ったパンツに替えた。汚れてなんかない!確かに・・・。Aカップだけど、Aカップでも、少しだけ、そう本当に少しだけ余るけど・・・。他の物は、サイズが書いていないのに、ブラだけAカップと書かれるのは酷いと思う。

 あっまたリストが消えてしまった。

”アイテムボックス”

 今度は、消える前に、玉蜀黍に触る。
 触ったら、アイテムリストがあった辺りに玉蜀黍が現れた。

 もしかしたら、目線?で現れる場所を設定できるのかも?
 あっそうだ!

 カバンを取り出した。中身も、記憶通りだ。スマホもある。指紋認証や顔認証は無理だろうから、PINでの認証になってしまうけど、しょうがない。

 そうだ・・・。
 家に帰ろう。カバンの中に鍵があった。無駄に、セキュリティを厳重にしておいてよかった。スマホと鍵があれば家に入られる。
 カバンの中に、”古いキャミソール 古いタイツ 古いAカップブラジャー 古い汚れたパンツ 古い靴下”を入れた。カバンを格納すれば、気分の問題だ。どうやら、アイテムリストに出ていた、”汚れた”は、地面に落ちて”土”で汚れたという意味のようだ。きっとそうだ。パンツとスカートには、土が付いていた。きっとそうだ。

 あぁぁ。さすがに、もう学校には行けないよね。

 うん。無理。考えても、わからないことが多すぎる。もしかしたら、寝たら元に戻るかもしれない。
 ひとまず、家に帰ろう。

 電車と自転車で1時間以上かかる。山越えだと、どのくらいの時間が必要なのだろう?
 わからないけど、電車は使えないだろう。スライムが電車に乗っていたらシュールだろうな。

 この身体だと、自転車も無理だ。

 跳ねていくしかないのか・・・。
 異世界でスライムになって、魔王になった話では、転移が使えたけど・・・。使えないだろうな。そもそも、スライムって魔法が使えるの?
 スキルが使えるのはわかったけど、他に、どんなスキルが使えるの?

 学校の裏の塀に近づいた。最初の難関だ。塀の高さは3メートル。塀を越えたら、山に抜ける獣道がある。田舎の学校でよかった。

 ジャンプは無理だよね。3メートルだから。
 どっかに、側溝とかなかったかな?スライムの身体なら、側溝を抜けられると思う。

 少し、塀沿いに進んだら、プールの場所に来た。夏休みだけど、プールには誰も居ない。水泳部も部活が休みになっている。階段なら、跳ねていけば越えられる。

”ふふふ”

 思い出した。
 女子更衣室の鍵が壊れている。誰が壊したのか、問題になっていたけど、まだ直っていない。鍵の代わりに、女子が中に居るときには、机を置いて鍵の代わりにしていた。今なら開いているはずだ。問題は、どうやって開けるのかだけど・・・。

 手を伸ばしたら、届かないかな?
 スライムならできる!ドアノブを見て、手を伸ばす。

”うわぁ・・・”

 自分でやっておいて、気持ちが悪い。触手のような物が伸びて、ドアに巻き付いた。ノブを回すと、扉が開いた。
 懐かしい、女子更衣室だ。

”え?あっ・・・”

 目線が低いとこういうのに気がついちゃうのね。

 隣のクラスで女子がいじめられていた。パンツを盗まれたとか言っていた・・・。そうか、ロッカーの隙間に投げ込んでいたのね。酷いことをする。取り出すのも違うと思うから、そのままにしておくけど・・・。

”はぁ・・・”

 今度は、これか・・・。女子更衣室で”やる”なよ。男女の営みのが捨ててある。中は、乾燥しているけど・・・。ぱっと見た感じだけど、5-6回分だろう。猿より酷いかもしれない。一組じゃないかもしれないけど、もう少しだけ考えて欲しい。

 プールに出る扉の鍵は壊れていないけど、中から開けられる。
 手を伸ばして、鍵を開ける。扉を開けると、プールに出られる。

 あっ・・・。こんなことをしないでも、横から入れば、柵の下が・・・。
 スライムの身体になっても、人だった時の感覚が抜けなくて、プールに入るには、女子更衣室からだと・・・。固定概念って怖いな。

 男子更衣室を覗きたい気持ちも有るけど、鍵が掛かっているだろうし、きっと後悔するだろうから辞めておこう。

 消毒槽は、水が抜けている。
 跳ねながら通り過ぎる。プールは、綺麗な水が張っている。私が通っていた高校は、幼稚園と小学校と中学校も隣接していて、プールを使うことがあった。そのために、子ども用のプールもある。

 あれ?
 そう言えば、夏休みで今日は真夏日で、学校の周辺では36度近くまで気温が上がるとか言っていた。
 それにしては、暑くない。全裸だからというわけではないだろう。直射日光を浴びているのに、暑くない。もしかしたら、スライムの身体は、熱を感じにくいのかもしれない。適度な気温設定で、エアコンが効いている部屋に居るような快適さだ。

 でも、風は感じる。日差しも感じる。熱も意識すれば、”暑い”と感じる。プールに近づけば、プールの臭いも感じられる。

 全裸になってしまっていることを除けば、スライムボディーは素晴らしく、快適に過ごせるのかも知れない。

「スキルが芽生えたので復讐したいと思います。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く