話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの(仮)ヒーロー

海月三五

雨降って地固まる 4

 
 次の日になってもホワホワとした気持ちのまま、病室で暇を持て余していた。
 左手を高く掲げて、薬指にあるピンクダイヤモンドの指輪を眺める。自然と口元が緩み一人でニヤニヤしてしまう。
 綺麗にキラキラ輝くダイヤモンド。「高そう~」と思わず口から言葉が出た。

 いかんせん、由緒正しき庶民なので、つい下世話な事を考えてしまう。
 だけど、考えてみれば、病院で保管は危ない。検査とかで指からはずなないといけない時もあるはず……。
 今日、美優の引き取りに朝倉先生が来るから、理由を言って預かってもらって、今は指に嵌めておくのが一番安全だな、と思った。

 コンコンとドアをノックする音が聞こえて「はーい」と返事をすると将嗣が美優を連れて入ってきた。

「おはよう」と声を掛け合い、美優を抱かせてもらう。
 赤ちゃん特有の甘い香りが、私を幸せにさせる。
「美優~!」と言って、親バカ丸出しで顔を”へにゃ”っと崩して、会えなかった時間を埋めるように抱きしめた。

「将嗣は、夜は寝れた? 子守で疲れたんじゃない?」
 
「実は、まま~、って、ひと泣きしないと夜寝ないんだよ」
 将嗣は、眉尻を下げて頬をポリポリと掻きながら言いにくそうに告白した。

「えっ? もしかして、ずっと?」

 
「やっぱり、ママが恋しいんだろなぁ。にわかパパじゃ、ダメみたい」
 
「美優~」もう一度、抱きしめて、頭を可愛い可愛いとナデナデしてると

「指輪……」と、将嗣が小さく呟いた。

眉根を寄せて、私の手を見つめる将嗣になんて声を掛けたらいいのか……。
 
「将嗣」
 私が声を掛けるとビクッと跳ねたように私を見た。

「あいつと結婚するのか?」
 と私の左手に光る指輪に視線を落とす。

「ん、ごめん」
 将嗣の視線を追って俯いた私の視界が歪みだし、ポトリと涙が落ちた。

「ずるいよ。お前が泣くなんて……」

「ごめん」

 今までの将嗣との出来事が走馬灯のように駆け巡り、胸が詰まって短く返事をするのが精一杯だった。腕の中にいる美優だって将嗣がいなければ、この世にいなかったはずだ。
 自分の選択が、将嗣を悲しませることだってわかっていた。けれど、いざ目の当たりにして胸が詰まる。

「ごめん」
 こんな言葉しか出ない。美優を抱いた手に力が籠る。

 将嗣は、何も言わず私と美優を見つめていて、その間、私たち三人の空間の時が止まっているように感じた。

 将嗣が、大きく息を吐き出すと、再び時間が流れ出す。
 悲し気に揺れる瞳を向けられ、胸が締め付けられたが、言葉がみつけられずにただ見つめ返した。

 将嗣が、もう一度、深呼吸をして私を呼んだ。
「夏希……」

「名無しの(仮)ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く