話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの(仮)ヒーロー

海月三五

一難去ってまた一難 9

 
 病室に将嗣が戻って来て、担当医師との話し合いの結果、地元の病院への転院が五日後に決まったと教えてくれた。
「なあ、当日、車で戻ろうと思っていて、医療用の車を手配して運転手頼むことになるんだけどいいかな?」

「うん、病院移るまでの事だから任せる」
 私の言葉を聞いて、将嗣はホッとした表情を見せた。

「後は、地元の病院に行ってからか……。俺の休みも今週いっぱいだしな」
 
「土曜日に移動で、日曜は休み、問題は月曜日からだね。それも残り3週間、私の退院後も子供を抱いて歩ける状態じゃないかもだし……」

 私はそう言って、将嗣をチラリと見る。
 朝倉先生の ” 美優のお世話を任せてくれないか ”という提案をどう考えているのだろうか?
 あの時は、少し考えさせてと言っていたけど、意地を通すなら預け先を探さないといけない。

 将嗣は、美優を見つめながら ” はぁ~ ” と大きなため息を吐いた。
「仕事をしながら子育てって大変だよな。夏希は、具合が悪い時でも美優を見ながら仕事をしてきたんだろ」

 眉尻を下げ情けない顔をした。

「私が、具合悪い時は……朝倉先生が助けてくれた」
 
「えっ?」

 将嗣にこんな話をするのは、どうかな?っと思った。けれど、私が美優を育てていて、困った時にはいつも朝倉先生が助けてくれた。
 街中で陣痛が来て動けなくなった見ず知らずの私を病院まで付き添って、出産に立ち会う羽目に落ち負った事。美優の夜泣きが酷くて気持ちが折れそうになった時に助けてくれた事。熱が高くて大変な時、乳腺炎だと気が付いて助産師さんに連れて行ってくれた事を将嗣に話した。

 将嗣は、黙って話を聞いてくれたけど下唇をキュッと噛みしめていた。
 そして、話が終わると、もう一度 ” はぁ~ ” ともう一度、大きなため息を吐いて
 「なんだよ。ずりーなー」っと、上を向く。
 それは、涙が零れるのをこらえているようにも見えたけど、気が付かないフリをした。
 
「父親として必要な時にアイツがいつもいて、夏希を手助けしていたって事だろ。そんなんで、後からホントの父親です。って、ノコノコ出て行ってもなぁ。もっと、早く行動していればなぁ。ヤバイ、ため息しかでない。話を戻そう。なっ」

 将嗣の瞳が赤く潤んでいる。それでも明るく話を続けた。

「美優の事を考えたらアイツの手を借りる事にした。公立の一時保育だと時間が短く、民間の所だと時間長いが、通える範囲に無認可しかなかった。ぶっちゃけ、美優を安心して預けられる環境が無かった。内容はアイツと話合って詰めるという事でいいか?」

 将嗣にしてみたら不本意な選択だっただろうけど、美優の事を思って選んでくれた事が嬉しかった。将嗣と朝倉先生が話合うなんて、私にしてみたらとんでもないことだけど、ココは美優のため、みんなが譲りあって良い方法を考えるしかないんだ。

「よろしくお願いします。また、後で来るそうです」

 クッ、イタタマレナイ……。カンバル。

 美優の子守が、だいぶ板に付いてきた将嗣を揶揄いながら朝倉先生が来るのを待っていると程なくして、朝倉先生がドアを開けた。

 


「名無しの(仮)ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く