話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの(仮)ヒーロー

海月三五

楽は苦の種苦は楽の種 1

 
 朝倉先生が、帰ってからも熱に浮かされたようで、気持ちがホワホワとしていた。
 まさか、ザ・パーフェクトの朝倉先生とボロボロのシングルマザーの私が、付き合う事になるなんて、現実感なさすぎる。

 はぁ~♡ 夢なら覚めないで!!

 と、幸せに浸っていたら、携帯が震える。
 ラインのトークにメッセージが入っているとアプリが表示され、将嗣からのものだった。
 夢から醒めた瞬間に思わず「チッ」と心で舌打ちをする。

 『 美優ちゃんの事を今度ゆっくり話し合いたい 』と、書かれていた。

 美優の事を持ちだされると断ることも出来ない。
 けれど、今日の朝倉先生に対しての態度は許せない。

 返事は、どうしよう。
 子供がいて、ゆっくり話が出来る場所なんて、自宅とかになってしまう。
 かと言って、朝倉先生と付き合う事になったのに、将嗣を自宅に招くのは違うような気がする。
 話の内容も内容だし、これには困った。
 大体、認知って、どういう事なんだろう?
 漠然とした認識しかない。

 ネットで検索を掛けたところ。
 【民法】779条に嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知する事ができる
 と、書いてあった。

 要するに、認知すれば正式に戸籍に記載されるということだ。
 認知をしてもらうと、教育費を請求できたり、相続権が発生したり、万が一私に何かあった時に将嗣に美優を頼むことができる。
 デメリットは、将来的に将嗣が介護か必要になった時に介護責任が発生する。

 うーん。
 私が、拒否をしても民法上は、将嗣から認知請求をする事も出来るわけかー。
 実の親子という事は、事実だから将嗣が認知をしたいといったら、せざるを得ないと云うことだ。
 「認知届」なるものを提出とも書いてあった。
 はぁ~。なんだか、いろいろ大変だ。
 色々考えすぎて返事が送れずに携帯を握りしめ、頭を抱えた。
 すると携帯電話が振動と共に着信音が鳴り出して、慌ててスマホの画面を見ると将嗣からだった。
 くそー。ラインは通話も出来るんだった。
 苦々しく思いながらタップをして電話に出る。

「夏希、今、平気?」
 と明るい将嗣の声が聞こえた。

「将嗣。なんで、人の仕事相手に余計な自己紹介してんのよ!」
 開口一番、私は苦情を言う。

「アイツ、俺たちの間に入って来て、夏希のナイト気取りで、夏希に気があるのバレバレだって、だからライバルとして牽制しておいた」

「はあ? ライバル?」

「夏希とやり直したい俺と、夏希に気のあるアイツ、これをライバルと言わず何というか!」
 意気揚々と語る将嗣にイラッとした。

「私の仕事が無くなる危険性とか考えないの?」

「俺と結婚して、夏希と美優ちゃんを養うから大丈夫!」

 「…………うざっ」
 プチッ ツーツーツー
 通話を切ってやったわ!! ふん!


「名無しの(仮)ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く