話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの(仮)ヒーロー

海月三五

ひょうたんから駒 1

 
 朝、目覚めると、昨日の体調の悪さなど噓のようにスッキリしていた。
 熱も下がり、胸も軽い。
 こんなに気持ちの良い朝を迎えるのは、久しぶりだ。

 昨日、帰りがけに朝倉先生が今日も来ると言っていたけれど、どうしよう。
こんなに回復しているのに先生に来てもらうのは悪いような気がして、取り敢えず、回復した事と、ご都合が大丈夫だったらイラストの打ち合わせをいかがですか?と、メールを打った。
 直ぐに返事があり、午後1時過ぎにウチに来るという内容だった。
 返信メールを見て、思わずニンマリしてしまう。

 今日は、時間もあるから部屋の掃除もして、いつものスエット姿でなく、少しはまともな服を着て、薄くお化粧もしたりして、とにかく女度マイナスの点数の加点をしていきたい。

 美優は、自由に動き回りたい年頃で、目に付く物は全てオモチャだし、テッシュBOXなんて側においたら最後、中身が空っぽになるまで引き抜き部屋の床にテッシュが降りつもる。
 片づけたそばから大惨事が、始まる。

 小さな子供がいたら時間通りに予定など進まないと思った方がよい。
 それでもなんとか部屋を片づけ、薄化粧をし、フレアスカートにカットソーに着替えて、昨日の私よりは、ずいぶんマシな状態になった気がする。
 時計の針は12時40分。頑張った自分をホメてあげよう。

 ピンポーンと、部屋のチャイムが鳴る。
 朝倉先生が、早めに来た!
 そう思って部屋のドアを確認もせずに開けて唖然とする。
 
 そこに立っていたのは、元カレの園原将嗣だったからだ。
 
 
 なんでコイツがココにいるんだ?
 突然の予想外の出来事に上手く脳内での処理ができず、私のまわりには [?]マークが飛びかっている。

 「夏希、これ」
 と、将嗣から差し出された袋は、タカノのロゴがプリントされていた。
 タカノのフルーツショートケーキ甘さも控えめスポンジもフワフワ、高級フルーツが上に乘っていて、そんじょそこらのとは、一味違い、メチャクチャ美味しいのよね。
 ケーキも最近コンビニやスーパーのケーキばっかりで、デパートに入っているようなメーカーのケーキを食べるような贅沢は中々出来ない。

 フラフラと危うく受け取りそうになって、ハッとした。
「” 夏希、これ ”じゃ、なくて、なんで将嗣がココにいるの?」

「休みだから夏希と美優に会いに来たんだよ」

「あのね。私にも都合ってものがあるのよ。連絡も無しに急に来られても困るの! 今日だってこれから、仕事の打ち合わせがあるんだから!」

 そう、もうすぐ朝倉先生が来る。
 将嗣には、一刻も早く立ち去ってもらいたい。

「俺、夏希の電話番号もメールアドレスも知らないし、しょうがないだろう?」

 そうだった。別れた時に電話も解約して、電話番号も替えて、メルアドも替えたんだ。
 そして、元カレだから家の場所は知られていた。
 「チッ」心の中で舌打ちをした。

「名無しの(仮)ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く