話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

名無しの(仮)ヒーロー

海月三五

魚こころあれば水こころ 1

 朝倉先生と自宅で変更点の確認作業をしたのが、功を奏して、直ぐにOKがもらえた。
 おかげで、暫くは平穏無事な日々を過ごす事が出きる。

 居住地の自治体から9~10ヶ月乳児健診の通知がきて、相変わらず大きなマザーズバックと娘を抱えて、区役所にやってきた。

 6ヶ月健診をやったと思ったら、あっという間に3か月が経ち。やってきました9~10か月の赤ちゃん健診。半分義務な感じがして、都合を付けて行くようにしている。
 母子手帳に体重などの記録が残るのは、子供の成長がしっかり見れるので嬉しい。

 区役所の4階にその月齢の子供が一同に集まるととても賑やかだ。
 家族によっては、ママ・パパの二人で来ていたり、ママ・パパ・おばあちゃんまで付いて来たりしていた。
 もちろん、一人で来ているママもたくさんいる。
 一家総出で来ているような家の子供は、将来の希望をたくさん背負わされているようで、純粋無垢な笑顔を浮かべるその子供をなんとなく気の毒にも思ったりした。

 我が娘・美優は、身長74.2cm 体重9.8キロと女の子にしては、大きめで「健康優良児ですね」と保健婦さんに褒められる。
 不安だらけの子育てに”大丈夫”とお墨付きをもらったようで、安心した。
 離乳食も一日3回となり、乳幼児用マグカップで水分を取れるようになっていて、そろそろ断乳をしても良いと指導を受けた。
 『断乳』それは、母乳を絶つ事で、赤ちゃんは、ママのおっぱいを卒業するのだ。赤ちゃんの吸い込む力も強くなり、先端が切れて痛みがある。娘は、私の血液を飲んでいるのか母乳を飲んでいるのかの状態だ(汗)これは、断乳する頃合いだろう。

 健診が終わり、エレベーターで区役所1階まで降りた。区役所1階は、住民票の登録や印鑑証明、戸籍の届け出窓口があり、たくさんの人で混み合っている。
 その人混みの中をトボトボと駐車場へと続く出口を目指し歩いていた。

「夏希? 夏希じゃないか」

 私を呼ぶ声にビクッとした。
 その方向に視線を泳がすと、今すぐ逃げ出したい衝動に駆られる。
 
「久しぶりだけど、なんで子供を抱いているんだ?」

 って、聞かれた。
 だって、別れた時は子供の子の字も無かったんだし、不思議に思っても当然だ。
 私は、なんて返事をしたらいいのか困っている。
 まさか、こんなところで別れた元カレ・DNA的に娘・美優の父親に当たる
園原 将嗣そのはら まさしに出会うなんて思っていなかったからだ。

 ふーっ、と息を吐き出し気持ちを落ち着けてから話し出す。

「久しぶりね、今日は、何でココに?」

「俺? ああ、離婚して駅前のマンションに引っ越したんだ。その手続きに……。で、その子供は?」

「えっ! 離婚? 何で?」

「まあ、話すと長くなるから、どっかお茶でも飲む」
 
 気まずそうに視線を泳がし、そんな事を言い出す。けれど、長く話なんてするつもりは無い。自分でもすごく勝手だと思うけれど、子供の父親であることを知られたくなかった。私に独身だと嘘をついていた人なんて信用できない。

「悪いけど、私、急ぐから」

「今でも夏希が怒っているのは分かるけど、言い訳ぐらいさせて欲しかったよ。俺、あの頃は夏希だけが心の拠り所だったんだ」

 何を言われても話を聞こうとは思えない。
「本当に急ぐから」

「わかったよ、また」
 将嗣はプライベート用の名刺を差し出す。
 受け取るのも躊躇われたが、これ以上は、話をしたくなかったので取り敢えず受け取り「じゃあ」とだけ告げる。

「また会おう」
 将嗣の声が私を追いかけた。

 仕方がないので、軽く振り返り手を振った。

 

「名無しの(仮)ヒーロー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く