話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

[毎日更新停止中 1分読書] 幼馴染に裏切られた最弱職業冒険者がセフレとともに頂点をとる

無責任

第31話 サクラとの初エッチ

「二人を幸せにできるかわかんないけど、頑張る。
今後の事を話し合う必要もあると思うんだけど・・・」

「了解にゃ、あとは夜はどうする?せっかく恋人になったし・・・
今日はサクラに譲るにゃ。私は帰るにゃ」
エリザベスは帰っていった。

・・・

僕とサクラは無言だった。

はっきり言って、二人とも奥手な方だ。
エリザベスとした時だって・・・。
リードしてもらった感じだ。

部屋にはノブシゲとサクラが残った。

「エリザベスは行っちゃったね・・・
本当にこんな状況良かったの?」
「はいー。ずっとあなたに助けられてから好きだったのでー・・・」
サクラの顔は真っ赤だ。
「無理はしたくない。それが今の僕の気持ちだ。
けど、当然ながらHな気持ちもある。
矛盾な状態だと思うが、きちんと考えれていない」

僕もどうしたら良いかわからない。困惑顔で言った。

「Hしますかー?
私いいですよー
けどー、初めてだから優しくして欲しいですー」
「本当にいいのか?僕が初めてで・・・」
「はいー」
「たぶん、上手じゃないぞ。経験が少ないから・・・」
「大丈夫でーす」

僕はサクラとキスをした。
サクラが嬉しそうだ。

その後、服を脱がせ、下着姿になった。
サクラの体はきれいだった。

「わたしー、おっぱいやお尻小さいからー、
あまり女っぽくなくて好みじゃないかもしれませんがー・・・」
「そんなことないよ。すごく魅力的だ」
「好きにして下さいー」

僕はブラジャーの中に手を入れた。
張りのあるおっぱいだった。
乳首を舐め、コリコリになる。

サクラの受け入れ態勢も整ったようだ。
僕の息子も痛いぐらい大きくなった。

この日、サクラは女性になった。
抱き合って眠った。
すごく良い気分だった。

「昨日は大丈夫だったか?」
「まだ、ノブシゲのが入っている感じー」
僕の顔は真っ赤になった。

--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--#--
※ 変更なし

◆ノブシゲ
・冒険者ランク Cランク
・情報師 Lv36
・人間族 18歳
・武器:ショートボウ(毒属性付与)レイピア
・防具:皮の兜と鎧(認識妨害属性付与)皮の靴(スピード付与)
皮の小手(光魔法付与)
裏切られた事が多く、人の見る目はない
172cmでそれなりにかっこいい
攻略に関する準備や作戦立案、索敵活動が得意
秘密にしているが、様々な装備や道具を作る準備をすると神級
サクラとエリザベスのハーレム関係


◆サクラ
・冒険者ランク Cランク→Bランク
・レンジャー Lv22
・エルフ 17歳
・武器:弓(威力は凄い)ショートソード
防具:皮の兜と鎧、靴、小手
165㎝でおっぱいが小さいがすらっとした美人さん
特に緑のショートヘアーと眼の可愛い


◆エリザベス
・冒険者ランク Aランク
・情報師 Lv60
・猫耳族 19歳
152㎝でおっぱいとお尻が大きくエロい体つき
みんなのアイドル
人間関係等人に関する情報収集が得意


◆アイリ
・冒険者ランク 不明
・聖者 レベル不明
・小人族 18歳
ノブシゲの学友。
お人よしで騙されやすい


◆ユリ
・冒険者ランク 現在は不明 別れた時はCランク
・鍛冶師 現在は不明 別れた時はLv40
・ドワーフ 18歳
ノブシゲを裏切ったパーティのメンバーで結婚を誓い合った仲&幼馴染


◆あやめ
・冒険者ランク 現在は不明 別れた時はBランク
・剣士 現在は不明 別れた時はLv45
・狐獣族 19歳
ノブシゲを裏切ったパーティのリーダー&幼馴染

「[毎日更新停止中 1分読書] 幼馴染に裏切られた最弱職業冒険者がセフレとともに頂点をとる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く