話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

燃費最悪の外れスキル【時空剣】のせいで追放された俺、燃費問題を解決して最強となる。戻って来ていいと言われるがもう遅い。

ノベルバユーザー542862

納品、フロストドラゴンの卵



──しばらく後

騎士団本部をでた俺は、ノエルの屋敷に帰り、さっそく騎士団の竜の巣調査現場を地図で探した。

揺れるランプの明かりに照らされる図面上の文字を、何度も確認して、北の山脈の位置を確認する。

ついでに定規を使って距離も測る。

「なんか距離が……ん、でもこことここが100kmだから──」」

俺は何度も確認して理解した。
クエストの目的地が、めちゃ遠いことを。

「馬で走って2日の距離って、どこまで行かせる気だよ」

ずいぶんと報酬は良いと思ったが、そういう理由があったのか。

でも、よくよく考えたら竜の卵がある場所ってことは、すくなくとも人里じゃないか。人里じゃなければ、それだけ遠くなるのも理ではある……か。

「しかし、困ったな。ノエルに剣を教えないとだから、モーリアを長く離れるわけにはいかない」

俺は頭をひねり、なんとなく時空剣を取り出した。
こいつが何とかしてくれないだろうか……。

「空間と時間。お前なら、距離くらいなんとかできるんじゃないか?」

この剣は無限の可能性を秘めている。
できるはずだ、どんな課題にも回答をだすことが。

俺は竜の巣がある、北の山脈を想像する。
そして、黒い指輪からララを魔力にかえて体を満たす。

吹雪く雪。
極寒の大地。
青白い幻想の世界。

そうだ、このインスピレーションだ。
空を繫げ、俺を連れていけ、時空剣。

「開け──時空門」

思うがままに刃を振り下ろす。

空気を斬っているだけだが、やけに手ごたえがあった。

「あ」

俺の視線の先、空間がぱっくりと割れていた。

空間を斬ったのだ。

瞬間、向こうから吹雪が吹き込んできた。

すごい。
きっと北の山脈とつながったに違いない。
まさか、本当に成功するなん──

「てか、寒ッ?! 嘘だろ、寒すぎる!!」

ぐぬぬっ、耐えがたい寒さだ。
しかし、せっかく繫いだんだ、もう卵をとってくるしかない!

俺はタンスの中から、もこもこのコートを探し、手袋、マフラーで、最大の厚着をして真っ白な世界に足を踏み入れた。

──しばらく後

俺は震える手で、綺麗な水晶の卵を受付へと持って行っていた。
受付嬢は「早っ?!!!」と椅子を倒して立ち上がり、腰を抜かしている。

「ほら、とってきてやったぞ……」
「いやいやいやいや! 早すぎですよ?!」
「俺が誰だか知らないのか? ミスター肩透かしで有名なユニーク使いだぞ」
「ユニーク使い……」
「ほら、すこし前に数百年にひとりの神童って言われた」
「ッ! あ、そ、それじゃ、あなたが時空剣の……もしかして、スキルが使えるようになったって噂は本当だったんですか……?!」

俺は空間の裂け目から、時空剣を抜剣する。
受付嬢は「うわああああああああああ!!!!!」と奇声をあげてひっくりかえった。

この後、俺は受付嬢にひっつかれながら、ユニークスキルについて教えてあげ、フロストドラゴンの卵が本物だという信頼を得た。

──しばらく後

──────────────────

残高
3,101ララ

──【時空剣】

技名:抜剣
コスト:-100ララ
備考:異界に返還すると+100ララ

技名:装備
コスト:-10ララ/毎秒
備考:装備中、継続して魔力消費

技名:収束重撃波・小
コスト:-8,000ララ

技名:収束斬・小
コスト:-1,000ララ

技名:抜剣・射出
コスト:-150ララ
備考:異界に還元すると+100ララ

技名:収納
コスト:-1000
備考:1m四方の永久空間を異界に開く

技名:時空門 NEW!
コスト:-3,000
備考:直線100㎞までの空間を直通させる

──────────────────

時空門はなかなか高い技だ。
空間に干渉しているので、仕方ないっちゃ仕方ないが。

とはいえ、騎士団クエスト報酬で600ララ。
速達の手当てとして、受付嬢の財布からは3,000ララしっかり払わせた。

一晩の仕事としてはとても良い収入だ。

「さて、これはどうしようか」

騎士団本部からの帰ってきた俺は、部屋の中で開きっぱなしで、白銀世界の吹雪を吹き込ませている時空門と、ついでに竜の巣から拾ってきた5個のフロストドラゴンの卵を見下ろした。



          

「燃費最悪の外れスキル【時空剣】のせいで追放された俺、燃費問題を解決して最強となる。戻って来ていいと言われるがもう遅い。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く