話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔王と勇者は転生者ー絶対こいつには殺されん!ー

根暗貧乏

熊口龍聖の死

俺は熊口龍聖。高2だ。彼女は作る気ねぇ。

得意な事はスポーツで嫌いな物は早上御虎。最近はゲームや漫画にハマってる。

そんな俺だが今は補習の帰りだ。

御虎に会わねぇためにわざと赤点をとったのだが……

「クソがー!!」

どいつもこいつも俺が赤点をとったのがそんなに嬉しいか!

勝ち誇った顔向けやがって。俺はいつも全部満点で、手抜いてなきゃ今回も満点だっつーの!!

まぁ御虎もいつも満点だから今週は帰りは会わねぇな!

やったぜーー!!!

「バン!」

誰かがぶつかってきた。

「すまん」

「いや、別に…」

次から気をつけろよ  と言おうとしてぶつかってきたやつを見ると……
御虎だった。

「て、何で御虎、テメーがいやがるんだ!」

「テメーに会わねーように補習に自主参加したんだぞ!」

「今はテメーにかまう気分じゃねーんだよ」

なんだとテメー!  と御虎に掴みかかろうとした。          ーーーその時

「バコ!!!」

俺は空をとんだ。トラックにはねられたのだ。

クソ痛ぇ。俺…死ぬのか?

漫画みてーに転生なんかできればいいなぁ。

なんてバカらしいことを考えながら俺の意識は消えた。









「魔王と勇者は転生者ー絶対こいつには殺されん!ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く