話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転生〜転生したら魔物でした〜

Z〈ゼット〉

〈???視点〉 裏切り

「神よ!これでいいだろう!」
『うん。ありがとうね』
「あぁ!これでようやく帰れる!」
『うん?なにを言ってるのかな?』
「なんだと?」
『君は天界には戻れないよ』
「なんだと⁈ふざけているのか!」
『大真面目だよ。ドラグロス。君は僕を裏切った。それにも関わらずなぜ戻れると?』
「貴様が戻すと… ︎」
『え〜?僕言ったかな?僕はあの子と戦ったら、いいことがあるとだけ言ったんだよ?』
「な…⁈」
『君に対するいいこと…それは君を安楽死させてやることだよ』
『せいぜい閻魔に天国へ行けるように頼むんだね』
「ふざけるなぁァァァァ ︎」
『天獄魔法 ヘルズゲート』
「貴様だけはこの手で……」
『ふぅ、消滅したね。それにしてもシンヤ君はまだ勝てないかぁ。しょうがないとはいえ残念〜』
『次のボスを用意しよっと!』
この神、なぜここまで酷いことができるのかというと、過去に秘密があった


〈過去〉
「すごいわ!」
「流石神学校の首席!まさかこの歳で世界を作るとは…」
「アハハ、たまたまだよ…」
神は昔、皆に尊敬される人格者であり、また、実力もともなっていたため、次の神王候補にも上がっていた。
しかし、その時事件はおこった。
同じく神学校に通う神王を目指すものが
神を暗殺しようとしたのだ
もちろん神の方が強い。
しかし、不意を突かれたせいで神は名前すら奪われ封印されてしまったのだ
その後神は封印を自力で破ったのだが
その心の傷は治らなかった
しかも名前も取り返せず、神は絶望した
その後神は神王含む全ての神を殺し自分自身を唯一神とすることで二度と誰にも裏切らせないようにしたが、結局全ての世界を一人では治めきれないということで数柱のみ作り出し、その下に天使を作ることでなんとかしていたのだが、、、
そこでイレギュラーが起こる
なんと自力で神になるものが現れた
そういうものは人間の頃の意識から人間に肩入れするようになり、徐々に神に敵対してきた。
龍神がそのいい例だ。
奴は龍に肩入れしすぎてしまい、たった今、神に消された
そしてその神は望んでいる。
「決して自分を裏切らない、自分と対等に話せるもの」
すなわち友を…



すいません!これからテスト期間に入るので投稿遅れるかもです!
テスト期間が終わればまた投稿するので見捨てないでください!


「クラス転生〜転生したら魔物でした〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く