話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

レインカルナティオ(全4話)

Misaaaa

Ep2.転職。



痛い…



体の痺れで目が覚めた。



痛い、あぁ…



体が信じられないぐらい痺れている。

手の感覚、足の感覚がなにもない。
酷い金縛りにあっているようだ…





ただただ痺れる。
体をコントロールできない。




…あれ、ここ、家?部屋だ。

でも、僕んちじゃない。誰もいない…





床には散らかった教材、カバン。
サッカーボール、服も散乱している。

…汚い…僕の部屋よりも汚い…




えっ、僕はどうなった。

なにも覚えてない。






「…カズーー!!!…カズ!!」

!?
女が大声で叫ぶ声が聴こえる。


階段を上がる足音が徐々に大きくなり、
部屋のドアが開く。




ガチャ____




パッと見、実年齢がいまいちわからないセミロングの女。
一緒に、いかにも学生っぽい男子が険悪な空気を纏って部屋に入ってきた。



てか僕?…カズ?誰のことだ。



「あっ、え、ごめんなさいこんにちは田中と申します…
すみません僕もちょっと状況が全然わかんなくて強盗とかじゃ」




「なんでまた外で喧嘩とかすんの!?またママが怒られたじゃん!」

女の眉間に[八]の字が浮かぶ。


「…」

「…カズ!!!なんか言いな!」


僕に言ってる…?どうしよう。
僕は生まれて一度も喧嘩はしたことが無い。これでも平和主義者で、争いは好まない。

あとカズではない。



まぁでもなんか返事した方がいい…のか…



「えっ、あ、僕ですか?僕田中なんですけど」

「うるっせェ!!!!!」

「え。すみません。」






なぜか男子に怒られた。
どういうことだ。僕は悪くない。




「俺のことなんもわかんないでしょママは!」

「わかんないに決まってんでしょ!
こんな…こんな馬鹿なの産まれてママ最悪だよ。」

「…!!!!!!!!は?」






…親子喧嘩か。

てかこいつ、高校生ぐらいだろ、まだママとか言ってるのか…



カズは涙を我慢しているのか、かたくなに顔をあげない。
下を向いていても、悲しそうな表情を髪で隠しているのがバレバレだった。


「まぁ、あの、僕他人なんで何も言えないですけど、カズくんもママさんもとりあえず落ち着きましょ。ね。」

「マジでクッソ腹立つこの息子。」



「落ち着きましょって。」






…気まずい…最悪に気まずい。






「カズ、勉強は。
大学合格しなかったら許さないからね。家から出てきな。」

「…っせぇ…」






カズ少年が散らかった教材を雑に拾い始めた。
女はなにか言葉をひとつ飲み込むと、
無理矢理に怒りを抑えたように部屋から出ていってしまった。






時期的にピリピリする時期なのかもしれないな。
俺は勉強してないけど、何となく周り見てたからわかるよ。




ま…頑張れカズくんンッゥゥッッッ…痛ェェェェェェェ!!!!


ちょ、ちょっとまって痛い痛い痛い痛い痛い!なんだよ!なになにっ痛ェェェェェ!!!!!あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"fg.yd#weshh.trweyhhxaqqqu!loovv*wqs





突然、体が激しくヒリヒリし始めた。

大根おろしで体をおろされ、
皮膚が粉々にスライスされていくような、絶望的な痛みで脳が覚醒する。
体が痛い。張り裂けそう。
痛みで涙とヨダレが止まらない。




次第に体の熱が39度ぐらいに急上昇するのも感じた。




痛い痛い痛い痛い痛い痛い!痛い!痛い!痛い!痛い!…何が始まった?

猛烈に痛い。わかんない、いよいよホントに死ぬんだ。

これが死ぬってことか。







意識が飛んでいく。
痛いも、辛いも、記憶も、全てが混ざって無になっていく…

____








…ッッッ痛…くない、あれ…温かい…あれ、急に温かい…




その時、僕は一気に悟った。






僕は、この前自殺して、今…次の人生に入った。



んで、消しゴムを選択してしまった。



来世を適当に選びすぎた。
俺は消しゴムになっている。

紙との摩擦で体が火照っているのか。





全部無視されてると思ったら、
僕の声はそもそも届いてないのか。




排尿とか呼吸器科はどうなってんだ…
なんで今生きてる…というか、
生きてるんだよ…な…?





痛みも、存在も伝わらないってわけか。



もう戻りたい。
毎日体を粉々にされるのは精神も肉体も持たない…





…あ、駄目だ。もう、死んでたんだ、僕。

死んでからのこの始末。
人間だった時の方がもうちょっと便利に過ごせた。よっぽどマシだった。





元 田中太郎…現、消しゴム。恥ずかしい。





また、またミスった。

しかも今回は大幅に取り返しがつかないミス。





…死ねない。



続く

「コメディー」の人気作品

コメント

  • k_doro

    ほうほう。ふむふむ。

    0
コメントを書く