話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【第二部完結】アンタとはもう戦闘ってられんわ!

阿弥陀乃トンマージ

第25話(3)最終局面突入

「いかがいたしましょうか」

「艦の足並みを桜島と揃えましょう」

 セバスティアンの問いにアレクサンドラが指示を出す。

「かしこまりました……上空に反応あり!」

「 」

 ビバ!オレンジ号の上の何もない空間に紫色の穴のようなものが開き、そこからアルカヌムが姿を現す。アルカヌムはビバ!オレンジ号に攻撃を加えようと急降下する。

「させるか!」

「!」

「はっ!」

 それを黒い影が防ぐ。テネブライである。二機は空中でサーベルを激しく打ち合わせる。

「テネブライ、ミマ=タカモトか、見かけないと思ったら……」

「虚を突かれる気分はどうだ  シャイカ=ハーン!」

「ふっ、あまり良いものではないな!」

「うおっ!」

 アルカヌムがテネブライを弾き飛ばす。テネブライに同乗するナーが驚く。

「なんやあいつ! 一撃一撃が重くて速いな!」

「ナー、これはどういうことだ 」

「う~ん、短期間でごっつ筋トレしたんかな~」

「真面目に聞いている!」

「冗談や、恐らくやけど……あの志渡布っちゅう奴が力を分け与えたとか言うてたやろ? その影響やで多分」

「相変わらず勘だけは鋭いようだな……ナー=ランべス」

 シャイカが笑う。ナーが憤慨する。

「勘ちゃうわ! きちんとした現状分析や!」

「鍛えてもフェアリーだからな……」

「いや、自分も何訳分からんこと言うてんねん! フォローになってへんやん!」

 美馬の言葉にナーが突っ込む。アルカヌムがサーベルを構え直す。

「仕組みは私にも分からないが、志渡布によって今の私はポテンシャルを存分に引き出されている……いくら貴様が救世主と言っても、止めることは出来んぞ……!」

「ぐおっ 」

 一瞬でテネブライの懐に入ったアルカヌムがサーベルを振るう。予想以上のスピードに美馬は反応しきれず、攻撃を喰らってしまう。

「貴様との因縁もいい加減面倒だ……ここらでご退場願おう!」

「ア、アカン!」

「ぐっ!」

 アルカヌムの振り下ろしたサーベルをテネブライはなんとか受け止める。

「しぶとい……な!」

「む!」

 アルカヌムが頭部のバルカンを発射させる。至近距離でその射撃を受けたテネブライの頭部が損傷し、モニターが真っ暗になる。ナーが叫ぶ。

「メインモニターをやられた! サブモニターに切り替えな!」

「そんな隙は与えん!」

「……は!」

「なっ 」

 アルカヌムが三度サーベルを振るうが、テネブライが驚異的な反応でその攻撃を躱す。

「か、躱せた! ど、どうやったんや、今の 」

「……」

「おい! 何黙ってんねん 」

「ちょっと静かにしていてくれ!」

「ん!」

 美馬の叫びにナーは口をつぐむ。

「集中力の高まりを感じる……奴の居場所が分かるぞ!」

「今度こそ!」

「そこだ!『エレメンタルフルバースト』!」

「ぐわっ!」

 テネブライの放った強烈な斬撃による衝撃波がアルカヌムを襲う。次の瞬間、テネブライのサブモニターが稼働する。ナーがモニターを確認する。

「やったか  ……ちっ! 半壊させただけかいな!」

 モニターには半身が損傷したアルカヌムが映っている。シャイカが忌々し気に呟く。

「まさか……奴もポテンシャルを解放したというのか? しかし一体どうやって? エレメンタルストライカーの機体同士での共鳴か? それとも……」

「……知らなかったのか? これが救世主の底力ってやつだ」

 美馬が笑みを浮かべながら話す。シャイカが苦笑する。

「ひとつ勉強になった……ここは退かせてもらう」

 空間に穴を発生させ、アルカヌムはそこに飛び込む。穴はすぐに消えてしまう。

「あ! 逃がしてもうたな……まあ、エレメンタルフルバーストを使うと負担がな……」

「ああ、すぐには満足に動けん……一旦ビバ!オレンジ号に着艦する……」

「テネブライ、本艦に着艦しました」

「厄介な敵を退けてくれたわ。流石は異世界を救った救世主殿ね」

 アレクサンドラが満足気に頷く。セバスティアンが重ねて報告する。

「各地の機体もこちらに戻りつつあります」

「皆、それぞれ敵を退けたのね、頼りになるわ」

「ちっ……しゃあないなあ、あんまり荒っぽいことはしたくなかったんやけど……」

「 」

 戦場に志渡布の声が響く。

「大富岳、起動!」

「! 大富岳が機体の向きを変えます!」

 セバスティアンの言葉通り、大富岳の巨大な船体が横向きから縦向きになる。

「丸い方が上に来たわね……あの姿勢は確か?」

「膨大なエネルギーの上昇を確認! ビームの類を発射する模様です!」

「くっ! 狙いはこっちと桜島ってこと 」

「……慌てないで、サーニャ」

 ビバ!オレンジ号のモニターに伊織が映る。

「伊織  そうは言ってもね!」

「向こうの発射までまだわずかに時間がある。その前に桜島とビバ!オレンジ号、両艦の主砲を直撃させるのよ!」

「あ、あんな馬鹿デカい艦を沈黙させられるの 」

「計算上はね……データを送るわ」

 送られてきたデータに目を通したアレクサンドラは即座に叫ぶ。

「いや、これはこちらのエネルギーが150%の場合でしょ  エネルギーが足りないわ!」

「それを今から充填しま~す♪」

「ユエ! 戻ったのね! って、なにその機体 」

 アレクサンドラはモニターに映った金青白の見慣れない機体に驚く。

「これは光風霽月だ!」

「その声はご主人様  それに乗っているの  なんなのその機体は 」

「知らん! 気がついたらこうなった!」

「そ、そう……」

「とにかくありったけのエネルギーを注ぎ込むぞ!」

「言い方が気になるな! ちょっと黙っていて……!」

 ユエが大洋に注意し、補給作業を行う。

「高島津艦長! 柑橘参号戻りました! 只今、補給を行います!」

「ポンカン! お願い!」

「ちょっと足りないかな……ミカン、イヨカンも協力して!」

「「了解!」」

「……補給作業完了!」

「こちらも完了です!」

 ユエとポンカンが同時に声を上げる。モニターを確認したアレクサンドラが頷く。

「よし! これならフルパワーで主砲を放てるわ! 伊織!」

「こちらも大丈夫よ!」

「セバスティアン! 砲撃準備!」

「主砲発射準備!」

 アレクサンドラと伊織が同時に指示を出す。

「……距離・方向OK、角度調整完了、エネルギー充填完了でございます」

「主砲発射準備完了しました!」

 セバスティアンと桜島のブリッジクルーが同時に報告する。

「よし! 撃てえぇぇぇ 」

「主砲、撃てえ―― 」

 二人の揃った掛け声により、凄まじいエネルギーの奔流が二筋、大富岳に向けて放たれる。

「むう 」

 大富岳が砲撃をまともに喰らう。セバスティアンが報告する。

「大富岳、エネルギーの低下を確認! ビームの発射を中止! 動きが止まりました!」

「ロボット部隊を補給が済み次第順次発艦させて! 大富岳を一気に制圧する!」

「かしこまりました! パイロットの皆さん! 発艦をお願いします!」

「了解です!」

「ジュンジュン、お願いね~」

 石火に乗った状態の電がカタパルトにつく。隼子が閃に声をかける。

「オーセン、振り落とされんなや!」

 石火が勢いよく発艦する。電に乗る閃が冷静に戦況を分析する。

「機妖の群れもあらかた片付いた……このまま大富岳に取り付ける!」

「そうはさせんで! 出番や、百鬼夜行!」

「  まだこいつがいたか!」

「!」

 百鬼夜行がジャンプして、石火の高度まで達する。隼子が慌てる。

「くっ、ぶつかる 」

「そのまま突っ込め、隼子!」

 隼子は隣を飛行する光風霽月を見て驚く。

「大洋か  なんやねん、その機体は 」

「これは光風霽月だ!」

「説明になってへんねん!」

「ユエとタイヤンの機体と合体したの? 設計思想が似通っているとは思ったけど……」

 閃が冷静に呟く。大洋が満足気に頷く。

「つまりはそういうことだ!」

「なにがつまりやねん! こっちが察しただけやろ!」

「前を見ろ! 百鬼夜行が迫ってくるぞ!」

 タイヤンが叫ぶ。隼子がパニックになる。

「ど、どないすんねん!」

「一点突破よ! オーセン! タイミング合わせてね!」

「! 了解!」

 ユエが口を開く。再び何かを察した閃が頷く。

「大洋、光龍刀で攻撃よ!」

「ああ! 『ぶった切り』!」

「 」

「合体解除!」

「合体!」

 光風霽月の攻撃が百鬼夜行に当たった瞬間、光風霽月は合体を解除する。次の瞬間、光は電と石火と合体し、電光石火となる。閃が間髪入れす叫ぶ。

「大洋!」

「『大袈裟斬り』!」

「ウオオオ 」

 電光石火の振るった刀を受け、百鬼夜行は落下する。ユエが声を上げる。

「『瞬間連撃』成功よ!」

「無茶をするな……」

 タイヤンが呆れ気味に呟く。

「なるほど……リーチの長い刀でまず攻撃し、間髪入れず次の攻撃を加える。パワーを集中させた、まさに一点突破ってわけか」

 閃が頷く。大洋が声を上げる。

「要するにそういうことだ!」

「嘘つけ! アンタは絶対分かってへんかったやろ!」

 叫ぶ隼子をよそに、閃がユエに尋ねる。

「電光石火の合体機能が戻っているなんて、よく分かったね?」

「私もギリギリで気が付いたのよ……正直一か八かだったわ」

「一か八かだったのか  本当に無茶をするな……」

 タイヤンが頭を抱える。閃がモニターを確認する。

「百鬼夜行は……黒い穴に消えた! 逃がしたか……」

「とりあえずは大富岳制圧に集中だ!」

「そうはさせへん!」

「 」

 巨大な九尾の狐が大富岳の前に再び現れる。志渡布の声が響く。

「力は戻った……やはり僕自ら、君らに鉄槌を下してやるとしよう……」

「【第二部完結】アンタとはもう戦闘ってられんわ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く