話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

《完結》転生魔王「人類支配しろなんて言ってないよね?」魔族「申し訳ありませんでした!」

執筆用bot E-021番 

9.フィリズマとアルノルト

 タメーリク砦には、軍務執政官のフルバスが捕えられていた。
 他にも数人の騎士がとらえられていたので、解放してやった。


 ふたたび王都に戻ることにした。捕虜を連れ帰るためでもあり、平和条約の修復が望めそうだという旨を伝えるためだ。


「いやぁ。助かったよ。エドガーくん」


 王都への街道を歩いていると、フルバスがそう声をかけてきた。クマのような図体の男である。顔のほとんどが、真っ黒いヒゲに覆われている。目だけは子供みたいにキラキラ輝いているのが見て取れる。


「助けになって何よりです」


「すこし前に勇者が援護に来てくれたのだがね。やはり魔族は強いね。あの勇者は見事に敗北していた」


「勇者はどこへ?」


「負けて、逃げたのだろう」


「そうでしたか」


「しかしどうしてエドガーくんが、このような役回りをしているのかね? 君はロドリゲス家の大事な跡取りだろう」
 と、フルバスはヒゲをナでながらそう言った。


「まぁ、そうなんですが、成り行き上です」


 フィリズマのところへ行ったのは、もちろん自己判断だ。両親には言っていない。もちろん中身が魔王だということも打ち明けてはいない。


「なににせよ、助かったよ。こんなに立派な子息がいるだなんて、ロドリゲス家は安泰だな」
 と、フルバスが、大きな手でオレの背中をたたいてきた。前につんのめってしまう。


「ありがとうございます」


「これから人と魔族は、ふたたび平和条約を結び直す方針なのだろうか?」


「ええ」


「是非ともそうなってもらいたいものだな。魔族と戦うのが愚策であることは、前線にいる者がイチバンよくわかっているのだ。あんなのに勝てるわけがない」


 そりゃそうだろう。
 魔族という種族は、基本的に人よりも、魔力に優れた者が多い。マトモにやりあえば、魔族に分があるのだ。


「平和になれば、何よりだと思っています」


「そうだな。オレもそう思っている」


 王都に戻ると、すでに日が暮れていた。タメーリク砦と王都を往復するのは、時間がかかる。


 王都の城門棟の前には、内務執政官のロウが待っていた。


「おう。友よ。無事であったか」
「おう。エドガーくんが来てくれていなければ、危なかったところだ」
 と、フルバスと言葉を交わしていた。


 フルバスがカラダが大きいのにたいして、ロウは歳のわりには背骨が曲がっている。
 この正反対なふたりが、国を支える2柱の執政官なのだ。


「ロウ執政官。約束通り、アルノルトの率いる魔族とも、平和条約の修復を約束させました」


「見事な手際だな。まさか、こんなに上手くいくとは思わなかった」


「このままユイブとの交渉にも向かいたいと思います」


「いや。すこし待て。もう夜も遅いのだ。夜道は危険だ。ユイブの居所もわかってはいない」


「あぁ。そうですね」


 夜を行くのが危険だという発想がオレにはなかった。
 人なら、そう考えるのだろう。あまり強行して怪しまれるのは避けたい。


「とりあえず、フィリズマ殿と、アルノルト殿には、宿を用意させてもらった。エドガーも一度、家に帰られると良い。両親が探しておられたぞ」


「そうでしたか。わかりました」


 フィリズマとアルノルトは、どうしてもオレと一緒にいたいと言い張っていた。


 説得するのに手間取った。平和条約の件よりも手間取った。どうにか言い聞かせて、2人をロウにあずけることにした。

「《完結》転生魔王「人類支配しろなんて言ってないよね?」魔族「申し訳ありませんでした!」」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く