話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

番外編 『ベルナールとアニエスの、新婚旅行・後編』

 領地への到着を明日に控えたベルナールとアニエスは、一晩過ごす宿の居間にて、向かい合って座っている。
 話があると、ベルナールが妙にかしこまった物言いで呼び寄せたのだ。

「ベルナール様、その、お話とは」
「そう身構えるな。悪い話では――ある、かもしれないが」

 ハッと、息を呑むアニエス。
 ベルナールは一度頭を下げ、謝罪の言葉を口にする。

「すまない、アニエス――」

 彼の謝罪とは、思いがけないものであった。

「母上に、本当のことを言おうと思っている」
「本当のこととは?」
「お前に、偽の婚約者役を強いていたことだ」

 ずっと、嘘を吐いていたことが気になっていたと話す。
 結果的には本当になったので、ジジルはベルナールに敢えて告白をする必要はないと言っていたが、どうしても心の中で引っかかっていたのだ。

「もちろん、すべてこちらが悪いことだと説明するつもりだが、協力をしたお前にも飛び火がいくかもしれない。だから――」
「はい。怒られるのであれば、わたくしも」
「いや、お前は悪くないだろう」
「ですが、わたくしも共犯者です」
「共犯者って……まあ、確かにそうではあるが」
「そのことについて、ずっと気になっておりました」

 アニエスも、謝れる機会があればそうしたいと話す。

「じゃあ、母上に話すことは、反対ではないのだな?」
「はい。ベルナール様の決定に従います」
「わかった」

 こうして夫婦の意見はまとまる。
 戦いは明日。
 結果は、まったく想像できるものではなかった。

 ◇◇◇

 移動を始めてから三日。ようやくベルナールの故郷へとたどり着いた。
 目の前に広がるのは豊かな自然。山と草原、広大な葡萄畑に、澄んだ空気。

 アニエスはしばし、その光景に目を奪われる。

「王都に比べれば、何もない場所だが――」
「いいえ、たくさんのものが、ここにはあります」

 目に飛び込んでくるすべてのものが新鮮で、また、美しく映っていた。
 それを言葉にするのはひどく難しいことのように思う。
 アニエスは笑顔を浮かべ、感謝の気持ちを口にする。

「ベルナール様、この地に連れて来てくださって、ありがとうございます。とても、嬉しいです」
「こんなことでお礼を言うの、お前だけだよ」
「そんなことないですよ。父も、いつか連れて来たいです。きっと、気に入ると思います」

 ベルナールは返事もせずに、妻の肩を優しく抱き寄せる。
 若き夫婦はささやかな幸せを噛みしめていた。

 そんな時間も束の間のこと。
 帰って早々、ベルナールは母親に話があると持ちかけた。

「なんですの、二人して改まって、お話とは?」

 ベルナールとアニエスの気まずいような雰囲気からして、良い話ではないことはオセアンヌにも察しがついた。
 扇をパラリと広げ、息子の顔を見る。
 目が合えばビクリと震え、怯えるような表情を浮かべていた。

「ベルナール、時間は無限ではありません。このあと、アニエスさんをお茶会に呼んで、皆様に紹介をしなくてはいけませんのに」
「はい、そうですね」

 意を決し、ベルナールは懺悔するように話を始めた。

「……実は、母上に嘘を吐いていたことがありまして」
「まあ、なんですって!?」

 母親の驚愕が心に突き刺さり、余計に話しくくなるベルナール。
 その横顔を心配そうに覗き込むアニエスは、拳を強く握った夫の手に、そっと自らの手を重ねた。

 妻の応援を受け、ベルナールは懺悔の再開する。

「初めに、母上にアニエスを紹介した時、彼女とは、本当の婚約関係ではありませんでした。その時は結婚をしたくなくて、嘘の婚約者役をするように、こちらが話を持ちかけたのです」
「……」

 ベルナールはすべてを母親に話した。
 勘違いの出会いから、仕返しをするために使用人としてアニエスを雇い入れ、結婚に至るまでの長い長い話を。

「というわけでして、結果的に、こう、結婚をしましたが……」
「なるほど。そういうわけでしたの」

 冷ややかな反応に、「はい、すみませんでした」と謝るしかないベルナール。アニエスは口を挟まず、目を伏せて反省する素振りを見せていた。

「いつか言おうと思っていたのですが……」
「そうだと思っていました」
「え?」
「ベルナール、あなたの態度はあからさまにおかしなものでしたから」

 オセアンヌにはバレていた。
 けれど、アニエスの態度を見て、確信には至っていなかったらしい。

「アニエスさん、あなたはあの時から、息子を慕っていてくれたのかしら?」

 照れたように、こくりと頷くアニエス。
 その様子を見て、感極まったように目を潤ませるオセアンヌ。

「ああ、わたくし、アニエスさんのことを抱きしめたいですわ」

 オセアンヌは話す。
 ベルナールの挙動に不信感を抱いていたものの、アニエスの気持ちは本物だと感じ、追及はしなかったのだと。

「こんなにいじらしいお嬢さんに好意を寄せられて、好きにならないわけがないと思っていました。私の予想が当たって、本当に嬉しく思います」

 一種の賭けだったとも話す。
 婚礼衣装の話などを持ちだし、逃げ場を塞いでしまったことを、オセアンヌは逆に謝っていた。
 とんでもないことだと、恐縮するアニエス。
 そんな彼女に、オセアンヌは質問をした。

「アニエスさん、今、幸せ?」
「はい、わたくしは、果報者です」
「そう」

 オセアンヌはパタリと扇を畳む。そして、含みも何もない笑顔を浮かべ、こう言った。

「――この件は不問とします」

 怒られると思い、身構えていたベルナールであったが、意外な言葉を聞いて目を見開く。

「母上、何故……?」
「すべては、二人が結ばれるための、試練だったのでしょう」

 いくつもの偶然が縁を結び、二人は結婚をした。
 勘違いも、使用人として雇い入れたことも、婚約者役を頼んだことも、今となってはどれもなくてはならない出来事だったのだと、オセアンヌは言う。

「それと、正直に話してくれたことも、嬉しかったです。黙っていれば、バレなかったものを」

 ベルナール自身、母親を騙していたことを気にしていたのだ。
 今回、話す機会を作って、本当に良かったと思う。

「それにしても、ジジルまで巻き込んでいたとは」
「申し訳ありません、すべての責任は、俺にあります」
「よろしくってよ」
「ありがとう、ございます」

 すべてを告白し、ベルナールはすがすがしい気分となる。
 これで、アニエスとの間に後ろめたいことなど何もなくなった。
 ホッと、安堵の息を吐く。

「それで、いつ、アニエスさんのことを好きになったのでしょう?」
「え!?」
「もちろん、聞かせて頂けますよね?」
「……」

 何故、母親に自身の恋愛話をしなければならぬのかと、大変恥ずかしい気分となったが、これも罰かと思い、渋々と語ることにした。

 ◇◇◇

 夜、ベルナールとアニエスの歓迎パーティが開催された。
 家族のみで行うささやかなものであったが、大変盛り上がった。
 義姉イングリトや、その子ども達は、元気そうなアニエスの姿を見て、再会を喜ぶ。
 結婚式以来となっていたベルナールの父や兄達は、改めてどうしてこのような出来た娘が嫁いでくれたのかと、首を捻っていた。

 夜、なんとか試練を乗り越えることができたと、健闘を称え合うベルナールとアニエス。
 長椅子に並んで座り、安堵の息を吐いていた。

「なんというか、終始アニエスに助けられたような気がする」
「お役に立ったのであれば、幸いです」

 数時間に渡る説教も覚悟していたので、あっさりと終わって驚いたの一言だった。
 もう心配事はない。そう言えば、アニエスの表情が急に曇る。

「どうした?」
「いえ、最近、夢見が悪くて……」
「なんの夢を見ているんだ?」
「つまらないお話なのですが――」

 アニエスは夢の中で、たくさんの使用人に囲まれていた。
 流行りのドレスに身を包み、流行りの髪型をして、流行りの化粧を施す。
 夜会に行けば、大勢の人に囲まれて、ひっきりなしに話しかけられた。
 そして、人々は言う。

 ――ああ、なんて幸せそうなお姫様なのかしら、と。

「ですが、夢の中のわたくしは、まったく幸せではありませんでした」

 途中で、見目麗しい男が迎えに来る。
 それは、当然ながらベルナールではない。

「差し伸べられた手を拒絶して、逃げました。けれど、そのお方はあとを追ってきて――」

 そして、夜中に目を覚ますのがお決まりだった。
 頬は涙で濡れていたが、隣で眠るベルナールを確認して、いつも安心していたのだと話す。

「どうして、そんな夢を見るのかわかりません。もしかしたら、恐れていることを、夢として見てしまうのかなと……」
「そうだったのか」

 今度はベルナールがアニエスを安心させようと、膝の上に置かれた手を握る。

「夢の中で、俺を見つけた時は助けを求めろ」

 状況がどうであれ、ベルナールは必ずアニエスを見捨てずに助けると宣言した。

「ありがとうございます、ベルナール様」

 アニエスはゆったりと、ベルナールの肩に身を寄せる。

「わたくし、本当に幸せです」
「そうかい」

 夫婦の夜はゆったりと、穏やかに過ぎていく。

 不思議なことに、この日以降、アニエスが悪夢を見ることはなくなった。

 ◇◇◇

 それから数か月後、夫婦に嬉しい兆しが現われた。
 知らせを聞き付けたジジルは、さっそくお役目を任せてもらえるように、物申してきた。

「旦那様、子守役は、是非ともこのジジルに!」

 はりきって言いに来たジジルの様子に、ベルナールは噴き出しそうになる。

「もしかして、新しい子守を雇いますか?」

 子どもはジジルに任せていれば間違いないと、母親より通達も届いていたし、ベルナール自身も、子育てを手伝ってもらう予定だったのだ。

「いいや、ジジルしかいないと思っていた」
「ええ、ええ、お坊ちゃまかお嬢さまのことは、お任せください」

 その宣言からさらに数か月後、『お坊ちゃまとお嬢さま』の二人の家族が増えることになり、一家はてんやわんやとなるが、それはまた、別の話である。

 オルレリアン家の毎日は、大変賑やかだった。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く