話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

番外編 『ベルナールとアニエスの、新婚旅行・前編』

 ようやく、ベルナールが初めて受け持った生徒達も独り立ちをして、各騎士団の見習いとして配属された。忙しい日々からも解放される。
 次の教え子を迎えるのは一ヶ月後。
 周囲の勧めもあり、その間に新婚旅行に行くことになっていた。
 アニエスとベルナールは結婚をして、早くも一年半が経つ。
 夫婦は相変わらず、仲睦まじく暮らしていた。

 二人で話し合った結果、旅行先はベルナールの生まれ育った故郷に決めた。
 王都から馬車で三日ほど。
 移動中はゆっくりしたいので、ベルナールの父親に頼んで領地から人と馬車を寄こしてもらった。
 アニエスとジジルは、せっせと荷造りをして、土産なども用意していた。
 母、オセアンヌや義姉イングリトと会うのは、屋敷の庭で行った結婚式以来。
 領地で盛大なお披露目会を行うと、張り切っている様子がうかがえる手紙が届いていた。

 今回、ミエルはお留守番となる。
 アニエスは父親に、お世話を頼んでいた。
 娘に頼まれた父シェザールは、満更でもない様子で、「そこまで言うのならば、仕方がないな」と言っていた。
 誰もいないところでたいそう可愛がっているのは、家族の間では周知の事実であったが、皆、知らないふりをしている。

 そして、前日まで準備でばたつきながらも、出発の日を迎えた。
 ジジルはベルナールとアニエスを庭先で見送る。

「まさか、旦那様の新婚旅行のお見送りを出来る日が来るなんて、感激しております」
「大げさだな」
「結婚も、夢のように思っておりましたから」

 ジジルは改めて、アニエスにお礼を言った。

「アニエスさん、旦那様との結婚を決意してくださって、本当にありがとうございます」
「そんな、お礼を言わなければならないのは、わたくしのほうで――」
「はあ、聞きましたか、旦那様。なんて素晴らしい奥様を迎えることができたのか。本当に、自分のことのように嬉しいです」
「わかったから」

 ジジルはハンカチで目元を拭いつつ、新たな野望について口にした。

「次は、エリックとアレンをどうにかしなくては――」

 二人の息子もまた、結婚する気配がまったくないと語る。

「いや、それはまあ、本人達に任せれば――」
「任せていたら、一生結婚なんてしないですよ。きっと、ここの居心地が良すぎるからなんです」

 オルレリアン子爵家の領地で働いていた頃、エリックはベルナールの父親の従僕、アレンは厨房の下ごしらえとスープ係だった。
 ここに来て、片や自分専用の書斎と執事という役職が与えられ、片や調理場をすべて任せられる料理長となったジジルの息子達。

「口うるさい上司もいなくて、主人である旦那様と奥様はとてもお優しい。以前に比べて、天国のような場所だと思うのです」

 日々、生活に不満はない。それどころか、充実しているという話を聞いて、逆にジジルは危機感を覚えていたのだ。

「まあ、もちろん、結婚だけが幸せのすべてではありません。ですが、こうして旦那様と奥様の幸せそうな姿を見ていれば、うちの息子達もと、ついつい思ってしまうのですよ」
「まあ、それもそうだな」

 今まで、ジジルの言うことに間違いはなかったが、それがエリックやアレンにとっても同じであるとは限らない。
 なので、結婚を勧めるのもほどほどにと、ベルナールは釘を刺しておいた。

「ええ、わかっております――と、すみません、話が長くなってしまいました」
「気にするな」

 ここで、エリックやアレン、ドミニクも見送りに来てくれた。
 何も知らないで、笑顔で手を振る兄弟を見て、ベルナールは切なくなる。
 どうかジジルの結婚攻撃に耐えてくれるよう、心の中で健闘を祈っていた。

 こうして、若き夫婦は新婚旅行へと旅立つ。

 ◇◇◇

 ベルナールの父は四頭立ての立派な箱馬車ブルーアムを手配してくれていた。
 普段、利用している乗合馬車オムニバスとは違い、内装も洗練されていて華やかだった。
 中の革張りの椅子も、座れば心地よい具合に体が深く沈みこむ。

「ベルナール様」
「なんだ?」

 対面に座っていたアニエスが、遠慮がちに問いかけてきた。

「お隣に座っても、よろしいでしょうか?」
「好きにしろよ」
「ありがとうございます」

 ぱあっと花が綻ぶような笑みを浮かべ、アニエスはベルナールの隣に腰かける。
 何が嬉しいのかと、ベルナールは眺める。目が合えば、恥ずかしそうにしていた。
 結婚をして結構な月日が経っても、アニエスは初々しい妻であった。

 杖で合図を送れば、馬車は動き出す。

 空は晴天。旅行日和であった。

 ◇◇◇

 アニエスは窓から見える、豊かな春の景色を楽しんでいた。
 その横顔を、ベルナールはじっと眺める。

 出会った頃は青白く、一見して不健康に思える肌をしていたアニエスだったが、最近は畑仕事などをしているからか、健康的な肌色となっていた。
 やせ細っていた体も、標準的な体型になりつつある。
 矯正下着の着用を止めてからは、体調もよくなったと言っていた。

 アニエスを取り巻くすべてのことが、良い方向へと進んでいる。

 偶然的な出会いを経て、こうして彼女を妻として迎えることになった。
 不思議な縁もあるものだと、ベルナールは思う。

 馬車がガタゴトと音を立てつつ、領地までの道のりを順調に進んで行く。

 窓から差し込む日差しは暖かく、心地よかった。
 しだいに、ベルナールの瞼は重くなっていく。

 ガクリと、船を漕いだ状態になるのと、アニエスが声をかけるのは同時だった。
 いつの間にか、居眠りをしていたのだと気付く。

「ベルナール様、よろしかったら、膝をお貸しいたしましょうか?」
「……」

 妻の膝枕を借りて昼寝をする。なんとも魅惑的な誘いであった。
 けれど、負担になるのではとも思う。
 アニエスは、驚くほどか弱い女性だった。

「俺なんかに膝を貸していたら、疲れるだろう?」
「平気です。最近、ジジルさんと森の中へ薬草や木の実を採りに行ったりして、体力作りをしています」
「そんなことをしていたのか」
「はい」 

 最初はついて行くのだけで精一杯で、帰宅後はへとへとになっていた。
 けれど、最近は随分と体力も付いてきていると、実感していると話す。

「ですので、よろしかったらどうぞ」
「そうか、ならば――」

 お言葉に甘えることにした。
 横になり、アニエスの太ももに頭を乗せる。
 それは今まで使っていたどの枕よりも素晴らしい寝心地であった。

「お辛くないですか? 間に薄いクッションを挟みます?」
「いや、不要だ」
「低かったり、高かったりしませんか?」
「ちょうどいい」
「よかったです」

 ベルナールが眠りに就くまで、アニエスはそっと優しく頭を撫でる。
 じわじわと、温かな何かで満たされていた。

「結婚してよかった……」
「え?」
「い、いや、なんでもない」

 うっかり口から出てしまった本音を、慌てて誤魔化す。

 ジジルの言う通り、結婚とはとても良いものであった。
 幸せを、改めて噛みしめていた。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く