話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

番外編 『シェザールとミエルのお留守番』

 本日はアニエスとベルナールは二人揃って出かける日。
 一緒に来ないかと誘われた父シェザールであったが、新婚夫婦の邪魔をしてはいけないと思って断った。よって、一人で屋敷に留守番となる。

 出発間際、アニエスはシェザールにあるお願いごとをした。

「お父様、ミエルのことをお願いしたいのですが」
「は? 猫なんて、放っておけばいいだろうが」
「とても寂しがり屋で、周りに誰もいなくなると落ち着かなくなるのです」

 どうかお願いしますと懇願され、結局シェザールは娘の願いを聞き入れることになる。

 娘婿夫婦を見送ったあと、私室に戻って本を読んでいれば、エリックがやって来て籠の中のミエルを差し出した。

「……猫の面倒など、お前らが見ればよいのではないか」
「ミエル様はオルレリアン家の一員なので、ご家族と一緒に過ごされるのがいいかと」
「上手い言い訳だな」

 エリックの返しに思わず感心してしまうシェザール。
 ハッと我に返ったころには、執事の姿はなくなっていた。

 そして、膝の上にあるミエルの入った籠。上には布がかけてある。それを取り払えば、ぴょこんと顔を出す無邪気な猫と目が合った。

「にゃー!」
「な、なんだ!?」

 ミエルはするりと籠の中から抜け出し、大きく跳んで床に着地した。
 どうだとばかりに、シェザールを振り返って目を細めている。
 気にしたら負けだと思い、読書を再開させた。
 ぱらりとページを捲ったその刹那、視界の端から猫の手が伸びてくる。

「お前!」
「にゃ~!」
「にゃ~じゃない! 邪魔をするな!」

 だが、猫のミエルは動く紙に反応し、読書どころではなくなってしまう。
 シェザールは勢いよく本を閉じ、机の上に置いた。
 ふんと鼻を鳴らし、腕を組んでミエルを睨みつける。

「お前のせいで、読書もままならない!」

 怒っているのに、ミエルは遊んでもらえるものと勘違いをして、シェザールの膝に飛び乗った。
 くりっとした丸い目で見上げ、小首を傾げるあざといけれど可愛いポーズを取っていた。
 これはあのベルナールでさえ、抗うことができないミエルの<遊んで攻撃>であった。

 シェザールはと言えば――

「わ、私は、お前に屈しないぞ!!」

 唇を噛みしめ、肩を震わせながら必死に耐えていた。
 そんなシェザールに、ミエルは次の攻撃を仕掛ける。

 強く握り締められた手の甲に、肉球を押し付け、ぷにぷにと触る。

「な、なんだそれは、猫パンチの、つもりか!! は、はは、痛くも、痒くもない――!?」

 肉球の柔らかな手触りと、優しく加減をするような猫の手のタッチに胸の鼓動が早くなる。
 それでも、屈することはなかった。

 ミエルは最後に、甘えた声で鳴きながらすり寄ってきたのだ。
 さすがのシェザールも、これには我慢できなかった。

「うわああああ、なんだお前はああああ!!」

 勢いよくミエルを抱き上げ、わしわしと撫でた。
 心ゆくまで、柔らかな毛並みを堪能する。
 ミエルは構ってもらえて大満足。シェザールは全力で可愛がる。
 二人の気持ちが通じ合った瞬間であった。

 だがしかし、部屋の扉が叩かれたのと同時に、密なる時間は終了した。
 シェザールは慌てて長椅子の端にミエルを置き、机の上にあった本を手に取ると、中に入るように命じる。

「失礼するぞ」
「ん?」

 入って来たのは使用人ではなかった。
 思いがけない人物を前に、目を丸くするシェザール。

「お、お前は!?」
「なんだ、俺の顔を覚えていたのか?」
「私は記憶力がいいんだ! いや、そうではなくて!」

 突然現れたのは、ベルナールの母方の祖父であり大商人でもある、カルヴィン・エキューデだった。

 二人は一度、十五年ほど前に夜会で挨拶を交わしただけで、知り合いと言える関係ではない。つい最近、ベルナールの結婚式で身内だということが発覚し、シェザールは目が飛び出るほど驚いたのだ。

 目の前にどっかりと腰かけるカルヴィンをじろりと睨み付け、精一杯の威嚇をする。

「な、何をしに来たんだ!」
「何をと言われても、孫夫婦に会いに来ただけだが」
「ならば、何故私のところに来る?」
「暇潰し、か?」
「はあ!?」
「冗談だ」
「お、お前は~~!」

 怒るシェザールを前にカルヴィンは急に真面目な顔になると、声を潜め話しだす。

「実は良い話があるんだ」
「良い話だと?」

 簡単に言えば、金儲けだと言う。
 難しいことではなく、ちょっと手を貸して欲しいとカルヴィンはシェザールに話を持ちかけた。

「お前も、面白くないだろう? 婿の脛を齧るだけの生活が」
「……」
「そうだな。頼んだ一件が成功すれば、相応しい地位を与えよう」
「断る」
「ほう?」
「私は忙しんだ。お前の仕事を手伝う余裕などないのだ」

 シェザールは話す。
 多忙な婿に仕事を大量に押し付けられたり、娘の慈善活動に付き合ってやったり、畑の世話もしなければならないと。

「なるほどな。それに加えて、猫の遊び相手もしなければならないと」
「……!?」

 ふと気付けば、ミエルがシェザールにぴったりと寄り添って座っていた。
 カルヴィンから見れば、仲よしこよしな二人の図である。

「まあ、それを聞いて、現状を見て、安心をした」
「なんの話だ?」
「お前は前科者だろう? また金に目が眩むことがあるのではと、心配をしていたのだ」
「だ、騙したのか!?」
「いや、騙すつもりはなかった。お前がやると言えば、仕事を紹介していた。腐っていても、元宰相だからな。有能な部下は喉から手が出るほど欲しい。ただ、話を受けた場合、心から軽蔑をするつもりだったが」
「この、クソジジイが!」
「なんとでも言えばいい。俺は、孫夫婦が可愛いからな。汚いことはなんでもするつもりだ」
「……」

 以前までのふるまいはシェザールも深く反省している。
 この先、ベルナールやアニエスを困らせることはしないと誓っていた。

「シェザールよ、若い二人を、この先もどうか見守ってやってくれ」
「言われなくとも、そうするつもりだ」
「そうか、安心した。……猫とも仲良くな」
「う、うるさい!!」

 最後に、カルヴィンは指摘をした。

「ずっと気になっていたんだが」
「なんだ?」
「本、逆に持っているぞ」
「!?」

 顔を真っ赤にしたシェザールは、ミエルを抱き上げ、本を脇に抱えて立ち上がる。

「どこに行く?」
「し、執務室で、仕事をする!」
「ああ、励むといい」

 さすがに、仕事に猫は必要ないだろうというツッコミは入れないでおいた。

 ◇◇◇

 このようにして、シェザールのお留守番は予期せぬ訪問者が現われ、波乱の一日となった。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く