話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第六十九話 アニエスを迎えに

 アニエスと別れてから、早くも半年が経つ。
 その間、手紙でのやりとりは頻繁に行っていた。
 アニエスはベルナールの祖父カルヴィンの仕事を手伝っており、多忙な毎日を送っていると、手紙に書き綴られている。
 意外なことに彼女は「会いたい」などの甘い言葉は一切書かず、報告書のような淡々とした内容をしたためていたのだ。
 もしや、アニエスは向こうで充実した毎日を送っていて、こちらに帰りたくなくなっているのではとベルナールは不安に思い、悶々とした日々を一人で過ごしていた。

 祖父と母親、そしてアニエスの三名に近況報告を送り、返信が早かったのは祖父だった。
 だが、届いたのは手紙ではなく、大きな箱。中には夜会の招待状と手紙、それから衣装が入っている。
 招待状には、『仮装パーティへのご招待』と書かれていた。二つ折りにされた招待状を開けば、服装指定ドレスコードとして、<いつもの自分ではない姿>と書かれていた。
 カルヴィンからの手紙には、港街で夜会があるので参加をするようにという旨と、会場でお宝を見つけることはできるか? という挑戦的な一言が書かれていた。
 宝物が何か分からず、首を傾げる。
 箱を開けてみれば、目元を覆う黒い仮面と、金色の鬘、それから、一昔前の貴公子が着ているような煌びやかな正装が入っていた。

「なんだ、これは」

 思わず独り言を呟いてしまった。
 仮装パーティの開催は一か月後。今からならば、休みも申請できるだろうと考える。
 ちょうど、騎士団の内部も落ち着いてきた頃だったので、アニエスを迎えに行くには良い時機ではないかとも思った。

 さっそく、休みの申請をすることにした。

 ◇◇◇

 ベルナールは現在、騎士隊の教官を育てる教育機関に所属をしている。
 座学が中心で、たまに護身術なども習う。
 年齢層は高めで、四十前後くらいだろうと言われていた。
 教官になるには上層部の推薦状が必要となり、若者に道理を教える者として人格を優先して選ばれる。
 ベルナールのような若者が抜擢されるのは長い歴史の中でも初めてのことだった。
 騎士団で起こった事件の真相を知る教官や、同輩となった騎士達は温かい態度で迎えてくれた。
 おかげで、勉強に集中できる環境の中、入隊五ヶ月目となったベルナールは成績優秀の評価をもらっている。

 上官に休暇を申し出れば、大いに楽しんでくるようにと肩を強く叩かれた。
 新参者にもかかわらず、快く休暇申請を受けてくれたことに感謝をすれば、教育者は心の余裕を作ること――即ち、休みの日も必要だと教えられる。

 往復に四日、滞在二日の計六日間の休日を許可されることになった。

 元上司であるラザールにも、港街へ行くことを伝えておく。
 現在、仕事面での関わり合いは皆無だったが、酒を飲みに行ったり、食事に行ったりと月に何度かの付き合いがあった。

 アニエスにも久々に会うことを伝えれば、ならば良い機会だと、ラザールはベルナールの手元にあった物が戻るよう手配をしてくれた。

 一ヶ月後。
 ベルナールは半年ぶりに王都から旅立つことになった。
 船は祖父が豪華客船のチケットを取っていたので、悠々自適な移動時間を過ごすことになる。
 だが、以前家族と過ごした時と違い、一人なのでなんとも言えない寂しさを味わっていた。

 二日間、船内で遊ぶことはなく、持ち込んでいた参考書を片手に、ひたすら勉強に励むことになった。

 そして、ようやくアニエスと会えると思っていたのに、迎えに来たのは母親とジジルだけで、膝から崩れ落ちそうになる。

「ベルナール、あなた今、アニエスさんが来ていないと知って、明らかにがっかりしましたね?」
「いいえ、気のせいです、母上」
「隠さなくても結構ですよ」

 聞けば、祖父カルヴィンの着想で、アニエスのことは仮装パーティでベルナールが探すようになっていることを知らされた。
 手紙にあった宝物とは、アニエスのことだったのだ。

「まったく、お父様もわけが分からないことをして……アニエスさんはずっと、ベルナールに会いたがっていたのに」
「そう、だったのですね」
「ええ」

 手紙に書かなかっただけで、アニエスはずっとベルナールに会いたかったことを知ることができた。心のモヤモヤが少しだけ晴れる。

「さて!」

 母親の気合が入った一言に、物思いに耽っていたベルナールはビクリと肩を揺らす。
 オセアンヌの目は、燃えるように熱くぎらついていた。

「ベルナール、少し、髪が伸びすぎていますね」
「そう、でしょうか?」

 言われて気付く。今まで、月に一度は散髪に通っていたことに。思い返してみれば、この五カ月間、一度も髪を切りに行っていなかった。

「それから、目の下の隈もどうにかしなくては」
「いや、これはどうにもならないでしょう」
「せっかくの夜会ですのに」
「仮面を付けるのでご心配なく」
「会場ではそうかもしれませんが、顔を見たアニエスさんが心配をするでしょう」
「それは、まあ……」
「良い美顔師を知っているので、今から施術を受けに行きましょう」
「あ、あれは女性が行く場所では?」
「男性も最近は来るそうです」
「いえ、私は結構――ちょ、待っ」

 有無を言わさずに、ベルナールは母の手で連行されてしまった。

 そして迎えた夜。
 慣れない美顔の施術のフルコースを受けたベルナールは、ぐったりしていた。
 ブロンデルの配下に受けた暴行より、酷い目にあったと切なげに振り返る。
 祖父の用意した「これはちょっと……」と思っていた華美な正装も無理矢理着せられ、正直似合っていない金髪の鬘も被ることになった。目元は仮面で覆っているので、見た目についてはいくらか誤魔化せていると思っている。

 全身を鏡に映せば、いつもの自分とは違う、まったくの別人に見えた。
 服装指定はしっかりと守られていた。
 だが、これではアニエスは気付かないだろうし、彼女自身も髪色を変え、目元を隠していれば見つけることはできないのではとも思う。

 憂鬱な気分のまま、夜会に挑むことになった。

 ◇◇◇

 仮装パーティーが行われるのは、カルヴィンの商会が保有する社交場。
 会場には、仮装をした多くの人達で賑わっていた。
 予想通り、男女ともに似たような正装に仮面を付けているので、誰が誰だか分からない状態になっている。
 皆、楽しそうに踊ったり、食事をしたり、会話をしたりしていた。
 ほとんどの人達は、相手のことを知らない状態で交流していると聞く。
 どうなっているのかと傍にいたジジルに愚痴を零せば、仮装パーティとはそういうものだという回答が返ってきた。

「相手の身分が分からないから、楽しいのです」
「アニエスを探さなければならない俺には迷惑な催しだがな」
「それはそれは、お気の毒に……」

 どこか他人事な言い方をするので、ジロリと睨んでしまった。
 ついでに、紺のドレスに仮面を付けたジジルを見て、「お前は何をしに来たんだ」と訝しむような視線を向ける。

「一応、私も招待客なんですよ。あら、うちの人」

 ジジルは夫、ドミニクを発見したようで、楽しげな様子で去って行った。
 その後、一人その場に取り残されるベルナール。
 人混みの中からアニエスを探さなければならず、大きな溜息を吐いてしまった。
 目を凝らしたが、どの女性も同じに見えた。
 残る手がかりは、鼻から下の露出している部分で確認するしかない。
 すれ違う女性の口元を確認するが、それだけで判断をするのも難しいように思えた。
 口紅などを塗っているので、見た目のみの判断は難しい。けれど、唇の柔らかさや弾力でアニエスだと判別できる――と思いかけて、急に羞恥を覚えた。いったい何を考えているのかと、自らの思考に呆れることになる。
 ベルナールは女性の唇を見て、アニエスを探すことを諦めた。
 他に何か特徴があったかと、記憶を蘇らせる。
 ふと、一つだけアニエスだと判る物があったことを思い出した。
 それは――胸元のホクロ。
 皆、胸の辺りが大胆に開いたドレスを纏っている。似たような意匠デザインを纏っているのならば、ホクロも確認できるだろうと思った。

 ……いや、駄目だ。止めた方がいい。

 即座に諦めたわけは、女性の胸元を見て歩けば、確実に不審者扱いを受けるからだった。

 時間が経つにつれ、会場内の混雑は増していく。
 身動きをするのにも困難な状況となり、ベルナールは焦燥感に苛まれていた。
 アニエスがどこかで見知らぬ男に声をかけられ、困っているのではないかと考えると、どうにも落ち着かない気分になる。

 もう、名前を呼んで回るしかない――そう思っていた刹那、背後より柔らかな衝撃を感じる。
 誰かがベルナールの背中に抱き付いてきたのだ。
 腰に回された手を取る。
 サファイアの指輪を嵌めた、白い指先の持ち主は一人しか知らない。

 相手が離れるのと同時に、ベルナールはすぐに背後を振り返った。
 そこには、真っすぐな黒髪を結わずに垂らし、蝶の仮面を付け、口元にホクロを描いた美女が佇んでいた。
 体の線にぴったりと沿った、紫色のドレスを纏っている。その姿は艶やかで、普段の清楚な彼女と同じ人物には見えなかった。

「アニエス、か?」
「はい」

 別人にしか見えないので、念のため確認をする。アニエスで間違いなかった。

「お前、よく俺が分かったな」
「立ち姿を見て、ベルナール様で間違いないと」
「凄いな」

 軽く言葉を交わしたあと、見つめ合ったまましばし時間が過ぎる。

 ベルナールは目の前にいるアニエスが知らない女性のようで、落ち着かなかった。
 仮装を解いて、ゆっくり話をしたいと思う。

 宿に移動するかと提案をすれば、アニエスが一通の封筒を取り出した。
 宛名はベルナールで差出人はカルヴィンであった。宛名の下に、会場内で封を切るようにと書かれている。
 人の少ない場所まで移動し、手紙を開封した。
 中には社交場の最上階にある宿泊施設の鍵と、カルヴィンより<二人でゆっくり過ごせ>と書かれた一文が。

「上で休める場所を用意しているらしい」
「みたいですね」
「聞いていたのか?」
「はい、伺っておりました」
「だったら、お言葉に甘えるとするか」

 用意された部屋に辿り着けば、ベルナールは首に巻いていたタイを緩め、鬘を取って長椅子の上に放り投げる。
 撫でつけてあった髪の毛をガシガシと掻いて、元の状態に戻した。

 なんとなく豪華絢爛な部屋を居心地悪く思ったベルナールは、上着を脱いで、大きな出窓の縁に腰かける。
 そして、ぼんやりと港街の夜景を眺めていた。

 しばらく経てば、アニエスが戻って来る。
 しかしながら、その姿を見て瞠目するベルナール。

「――おい!」
「はい?」
「服は、どうしてそのままなんだ!」
「え~っと、お着替えはないようで」

 やって来たアニエスの姿を見て、思わず頭を抱えてしまう。
 アニエスは一見して普段の彼女だった。金の髪は緩く編み、品のある佇まいを見せている。
 だがしかし、露出の高いドレスはそのままで、視線をどこに定めていいのか悩むような恰好をしていた。

「ちょっと来い」

 ベルナールはアニエスを近くに呼び寄せる。
 手を伸ばせば触れる距離にまでやって来れば、手にしていた上着を肩からかけてやった。

「あ、ありがとう、ございま――」

 お礼を言うためにお辞儀をしかけたアニエスの体を、ベルナールはぐっと引き寄せて、優しく抱きしめる。
 久々に感じる柔らかな抱き心地と、甘い香りを堪能しながら、耳元でそっと囁いた。

「――ずっと、会いたかったんだ」
「!」

 ベルナールのらしくない言葉を聞いて、アニエスはハッと息を呑む。
 それから、「わたくしも」と消え入りそうな声で呟いた言葉は、最後まで言い切ることなく唇で塞がれてしまった。

 離れ離れになっていた二人の再会は、甘いひとときで埋め尽くされた。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く