話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第六十四話 お嬢様対お嬢様

 コウ・エンから通訳を聞いて、目を見張るアニエス。
 シュ・エリーは反応を見て、意地悪そうな笑みを深めていた。

『了承したから、絶対に受けてもらうわ』
「……二言(にごん)は許さないと」

 アニエスは珍しく、眉を寄せて拒否感を露わにしていた。
 意外にも、ベルナールを振り返り、おろおろとする様子は見せない。
 毅然とした態度でいた。

 膝の上で拳を握り、意を決し通訳に話しかける。

「シュ・エリーさんに、その賭け事は出来ませんと伝えてくれますか?」

 コウ・エンは「承知いたしました」と言って、アニエスの言葉をそのまま伝える。
 すると、シュ・エリーは不快感を表情に出した。

『嘘吐き! あと一回、やってくれるって言ったじゃない!』
「……お嬢様は、何故? とおっしゃっております」
「誰であれ、人を賭けるということは、してはいけないことだと思います、とお伝えください」

 コウ・エンはアニエスの言葉を訳したが、残念なことにまだ年若く、世間知らずなシュ・エリーには理解出来ないことであった。

 アニエスは、少女が理解しやすいものの例えを考え、語りかける。

「もしも、わたくしが勝って、従者が居なくなれば、困りませんか? シュ・エリーさんは、突然この場に取り残されて、宿まで帰れますか?」

 それはシュ・エリーにもよく分かることであった。

『確かに、コウ・エンが居なかったら、困るわ……。ん、分かった、従者を賭けるのは辞める』
「お嬢様はあなたのお言葉に、納得されたようです」

 肩を撫で下ろすアニエス。
 背後から一連のやりとりを見ていたベルナールは、話が大きくならずに安堵していたが、その後に発せられた言葉にぎょっとすることになる。

『だったら、何を賭けるの?』
「お嬢様は、賭けカードを続けたいようです」

 先ほど一度勝負に応じると言った。なので、ここは受けなければならない。
 相手に賭ける物を決めさせれば、とんでもないものを言い出すと思い、どうしようかと悩むアニエス。

 彼女の私物は多くない。
 鞄に財布、眼鏡にハンカチ、化粧品、手鏡……そのすべてはベルナールより買い与えられた物か、働いた給金で買った物だった。どれも大切で、手放せない物である。

 アニエスは仕方がないと腹を括り、あるものを提案した。

「賭けるのはここに滞在する時のみ、お仕えする、というものでどうでしょうか?」

 彼女が賭けるのはその身であった。
 シュ・エリーは面白いと言い、彼女も同じものを賭けると宣言して勝負に応じる。

「アニエスお嬢様……」

 ベルナールの呆れを含んだような呟きを聞いて、アニエスは背後を振り返る。

「ごめんなさい、ベル……ではなくて、ミエル。勝手に決めてしまって――」
「勝っても負けても、話は宿でしましょう。ゆっくりと」
「そ、そうですね」

 会話の終了を見計らい、シュ・エリーはコウ・エンにカードを切るように命じる。美貌の青年従者がカードの束に手をかけようとしたその時、ベルナールは待ったをかけた。

「お前、さっきカードを切っていた時、妙な動きをしていたな」
「おや、素晴らしい動体視力で」

 ベルナールはコウ・エンのカードを切る手つきに違和感を覚えていたのだ。たった一度、シュ・エリーが勝った時のみであったが、目敏く見抜いていた。

「信用ならない。俺がカードを配る」
「そうですね。では、よろしくお願いいたします」

 あっさりと、コウ・エンは不正を認め、カードの束をベルナールへ手渡す。

『面倒だから、一回勝負にしましょう』

 コウ・エンはシュ・エリーの言葉を伝え、アニエスは頷いて応じる。

 女性陣が向かい合って座る机の前にベルナールは立つ。左右より異なる雰囲気を感じ取ることが出来た。

 アニエスは酷く緊張している様子だった。一方で、シュ・エリーは至極愉快だとばかりに、余裕の笑みを浮かべている。

 ベルナールはカードをよく切り、ゲームの開始を告げる。
 一枚ずつカードを配り、双方の手持ちを五枚にした。
 アニエスは伏せられたカードを開き、眉尻を下げる。シュ・エリーは目を細めていた。
 周囲には他の客が居らず、しんと静まり返っていた。
 店員には事前にチップを渡し、カードで遊ぶことを申し出ている。邪魔をする者は居なかった。

 シュ・エリーは細い指先でカードを三枚抜き取り、伏せた状態で机の上に置いた。

『―― 交換ビッド、三枚ね』
「お嬢様は手札を三枚交換したいそうです」

 ベルナールは三枚、机の上にカードを滑らせた。
 続けてアニエスも宣言する。

同枚数交換コールで、お願いします」

 同様に、新しいカードが三枚配られた。

 シュ・エリーは広げたカードを見て、嬉しそうにしている。
 アニエスはいまだ困った顔をしていた。

 今回のみの特別ルールの中に、手札の交換は二回までと決めていた。
 アニエスはもう一度、交換を申し出る。
 配られたカードを開き、妥協をするかのように頷いていた。

『そろそろいいかしら?』

 合図とともに、手札が机の上に公開される。

 シュ・エリーのカードは三枚揃いスリーカードだった。
 一方、アニエスは――

『え、嘘!』

 ジョーカーを含む、三枚・二枚揃いフルハウスが完成していた。

『ちょっと、何よそれ! ぜんぜん自信がないような顔をしていたじゃない!』
『お嬢様、それがポーカーというものですよ』
『!』

 通常は無表情を装い、相手に手札の強さを悟られないようにするものだが、アニエスのそれもある意味ポーカーフェイスだっただろうとコウ・エンは言う。

 アニエスは三枚のカードが揃い、もう一枚を合わせるか否かで迷っていただけだった。

『わ、分かったわ。私の負け。使い走りでも、なんでも命じればいいじゃない』
「お嬢様は、あなたの使用人をお勤めになるとはりきっておいでです」

 その言葉を聞いたアニエスは、ある提案をする。

「お願いがあるのですが――賭けの内容を変更して欲しいのです」

 使用人ではなく、友達になれないものかと、アニエスはシュ・エリーに尋ねた。

『――と、このようにあちらのご令嬢はおっしゃっていますが、いかがなさいますか?』
『と、友達ですって!?』

 シュ・エリーはアニエスの顔を見る。
 にっこりと美しい笑みを返され、ウッと言葉に詰まっていた。

『お断りすることも可能とのことですが――』

 再びアニエスの顔を見る。
 変わらず、柔和な笑みを浮かべていた。

『……ま、まあ、あの人、アニエスがどうしてもって言うのなら、お友達になってあげないこともない、けど!』
『分かりました。そのようにお伝えいたします』

 コウ・エンはシュ・エリーの言葉を分かりやすく通訳した。

「お嬢様も、是非ともお友達になりたいと」
「ありがとうございます、嬉しいです――と、お伝えください」

 異国間での友好が結ばれた瞬間であった。

 ◇◇◇

 偶然というのか、必然というのか、シュ・エリーは同じ宿に滞在していた。
 最上階に部屋を取っていたが、彼女は長い時間、アニエスの部屋で過ごすことになる。

 三日目となった本日は、猫のミエルの紹介をした。

「この子はミ……いえ、ベルナール様、です」

 笑顔でアニエスの抱く猫を覗き込んでいたシュ・エリーは、コウ・エンより名前を聞いて一瞬で真顔になる。

『なんで猫に様付けなのよ、わけが分からないわ……』

 でもまあいいかと呟き、小さな猫の体を抱き寄せる。
 昼間の微睡みの中にある猫・ミエルは少女の胸の中で大人しくしていた。

『か、可愛い……!』

 シュ・エリーは溜息を吐きながら、初めて抱く猫のふわふわな毛並みと温かさを堪能する。
 だが、ある違和感に気付くことになった。

『――んん?』

 猫の首に巻かれたリボンを見て、目を凝らすシュ・エリー。そこには『ミエル』という文字が糸で丁寧に刺されていた。

『ミエルって、確かアニエスの従者の名前よね。どうして猫のリボンに――ってまさか、従者のおさがりのリボンを猫に巻いているってこと!? 普段、二人きりの時は首にリボンを巻いているってことになるのよね!? あの従者の首にリボン!? まったく似合いそうに見えないんだけど! それよりも、アニエスと従者は一体どういう関係なの? まさか、人目を忍んでリボンを巻いて楽しむという、マニアックなプレイを――』

 猫を抱き、早口で捲し立てるシュ・エリーに圧倒されるアニエス。
 コウ・エンに何を言っているのかと、視線を送った。

「……従者様とお嬢様は、大変仲がよろしいですねと、おっしゃっております」

 その通訳に、ベルナールがツッコミを入れる。

「いや、今の言葉、そんなに短くなかっただろう」

 指摘に対し、コウ・エンは無言で朗らかな笑顔を浮かべるばかりであった。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く