話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第五十七話 残酷な大天使

 遡ること一週間前、ベルナールは大変な危機に瀕していた。
 風呂に入り、すっきりした状態で寝台に横たわり、うとうとしていると、誰かが部屋にやって来る。
 夕食は済ませたし、寝酒も要らないと言っておいた。いったい誰がと、薄目を開ける。

「ベルナール様……」
「うわ!」

 枕元に立っていたのは、角灯を持った寝間着姿のアニエスだった。
 薄い絹のドレスで、首元から足首まですっぽりと覆われている。露出は一切なかったが、体の線に沿った意匠で艶めかしく、ついつい視線は胸元や細い腰にいってしまう。
 角灯が照らす薄明りが、余計にそういう風に見せているのかもしれないと思う。

 アニエスは現在、ベルナールの母親と寝所を共にしていると聞いていた。いったい、何をしに来たのかと、上擦った声で問いかける。

「お、お前、いきなり、なん」
「お薬をお持ちしました」
「薬……?」
「はい」

 アニエスが就寝後の寝室にやって来た理由とは、盛大に動揺したのが恥ずかしくなるくらいの、なんてことのないものであった。
 それと同時に、他人の接近に気付かないまま寝ようとしていたことも、地味に落ち込む要因となる。改めて、修業が必要だと考えていた。

散剤こなぐすりは平気ですか?」
「ガキじゃないんだから」

 そう言いながら薬包紙に包まれた薬を受け取り、口に含んで水を飲む。
 苦い味が口の中に広がり、思わず顔を顰めてしまった。

「はい、では、どうぞ」
「は?」

 続けてアニエスが何かを差し出してくる。それは、匙一杯の蜂蜜であった。しかも、口元へと近づけている。

「な、なんだ!?」
「お口直しと、夕刻より声が枯れているように感じましたので。蜂蜜は、喉にいいと聞きました」
「……そうかい」

 匙を寄こすようにと言いかけた瞬間に、口の中に甘い味が広がる。仕事が早いアニエスは、さっさと口の中に匙を運んでいた。

「飴のように、ゆっくり舐めて下さいね」

 ベルナールの激しい動揺をよそに、アニエスは淡々とした様子で看護を続けていた。
 薬が載った盆の上を整えていたので、薬の時間は終わりと思いきや、ここからが本番だった。

「では、次にお薬の塗布を」
「と、塗布、だと?」

 アニエスはベルナールの刺し傷に軟膏を塗ると言う。

「いや、それはいい! 自分でする!」
「ですが、用量や塗布方法など、お医者様からご教示賜りましたので」
「そういえば聞いていたな!」

 妙に熱心に聞いていたことを、その時のベルナールはなんの疑問も抱いていなかったのだ。

「では、下履きを――」
「脱がん!」
「では、捲りますか?」
「こ、断る!」
「大丈夫ですよ、沁みるお薬ではないと、先生もおっしゃっていましたから」
「そういうことじゃない!」

 昼間の診察の時はアニエスが居たにもかかわらず、何も思わずにズボンを脱いだ。
 だが今は、それを激しく拒絶していた。
 夜の薄明りの中であっても、脚をさらすのは酷く恥ずかしいような気がしたのだ。

「ベルナール様、お願いいたします。どうか、わたくしにお任せください」

 アニエスは床に膝を突き、乞うように願った。
 眉尻を下げ、憂いに満ちた表情でベルナールを見上げている。
 こういう行為をされてしまえば、断れるわけもない。
 結局、軟膏の塗布を頼むことになった。
 半ば、なげやりな様子で寝間着の下を脱ぎ、足を放り出す。

「では、少しひやりとすると思いますが」

 アニエスは指先で薬を掬い、ベルナールの負傷した左の脚に近づく。
 傷口に触れようとしたその時、手首を握って行動を制した。

「ち、ちょっと待て!」
「はい?」
「はい、じゃねえ!」

 アニエスが必要以上に接近していたので、ベルナールは焦っていた。そして今になって気付く。彼女が眼鏡をかけていないことに。

「おい、眼鏡はどうした?」
「お部屋に置いてきてしまいました」
「~~~~!」

 一度アニエスの肩を押して元の位置に戻す。耐えきれない状況から思わず額を押さえた。

「申し訳ありません、すぐ済みますので、どうか、そのままの状態で」
「……」

 ベルナールが大人しくなったので、アニエスは軟膏の塗布を再開させる。

「ヒリヒリしたり、痛かったりしたら言って下さい」
「……」

 アニエスは細く柔らかな指の腹で、丁寧に軟膏の塗布を始めていた。
 ベルナールは、彼女の父親の顔を思い出しながら、この場を耐える。
 腿に指先が這う感覚はなんとも言えない。
 だが、それ以上に気になることと言えば、怪我をしていない右の脚に感じる柔らかな感触だった。

 身を屈め、軟膏を塗布するアニエスの胸が、思いっきり脚に押しつけられていた。

 必死に、アニエスの父シェラードの激し過ぎる追及を記憶の中から蘇らせ、この場を耐え忍んでいた。

 塗布を終えたアニエスは、満足げな顔でふうと息を吐く。

「これで終わりです。あとは、ゆっくりと休んでくださいね」

 おやすみなさいと言って、アニエスは寝室から出て行く。
 一人になったベルナールは、「このまま眠れるかよ」と吐き捨てるような独り言を呟いてしまった。

 一週間後。
 ついに、医者から傷口の完治が言い渡される。もう、軟膏の塗布も必要ないとも。

「ですがまだ、激しい運動は厳禁ですぞ」
「激しい運動……」

 思わず、医師の言葉を復唱するベルナール。
 穏やかではない治療の時を振り返れば、白目を剥いてしまいそうになった。
 一日三回と、軟膏を塗る頻度も高かったのだ。
 一週間、アニエスの手厚すぎる看護を必死になって耐えた。結果、刺し傷は早々に完治したのだ。診察を見守るアニエスも、嬉しそうにしている。

 怪我の完治という達成感に満たされたベルナールは、心からのお礼を言った。

「先生、今までありがとうございました」
「ええ、どうかお大事に」

 アニエスは深々と頭を下げ、医師を見送る。
 これで、ゆっくりと眠れる――そう思っていたのに、想定外の出来事が起こったのだ。

 夜、またしてもアニエスがベルナールの寝室にやって来た。
 もう慣れたもので、堂々と迎える。

「どうした?」

 その問いかけに対する答えは、ベルナールを絶望の淵へと突き落とすものであった。

「脚の按摩を先生に教示いただきました。これを行えば、具合もよろしくなるかと」
「はあ、按摩だと!?」

 蒸しタオルで温め、脚を揉み解せば、快方に向かうと医師が教えてくれたとアニエスは話す。

「短期で治ることは難しいかもしれませんが、継続して行えば――」
「しかも、今度は長期治療!?」

 期間の長さに、さらなる絶望を覚える。
 ベルナールは、わなわなと震え、ついに涙目になった。

「ベルナール様、心配はいりません。わたくしが、お付き合いしますので」
「うっ……」

 あまりに辛い所業に、思わず嗚咽を漏らした。
 神は残酷な使いを寄こしてくれたと、目頭を熱くする。
 そんなベルナールにアニエスは、慈愛に満ちた言葉をかけた。

「何か、わたくしに出来ることがあれば、なんなりと申して下さ――」
「うわああああ!」

 ベルナールはアニエスの体を引き寄せると、そのまま寝台に転がして上に覆い被さった。
 下腹を撫でながら、白い首筋に唇を寄せる。

 指先が胸部に触れる前に、ぴたりと行動を止めたが、アニエスは声をあげることもなく、じっとしていた。

 薄明りの中、目が合う二人。
 アニエスは、静かに瞼を閉じる。

「――だ、だからお前、ちょっとは抵抗しろよおおおお!」

 ベルナールは叫び、アニエスの上から退いて壁際に転がって行く。

 ――悪魔だ、悪魔が居る!!

 ずっと、天使のような娘だと思っていたが、今日ばかりは彼女がとんでもない悪魔に見えた。

 激しい運動は厳禁、激しい運動は厳禁と、医師から言われた言葉を呪いのように繰り返しながら、必死になってこの状況に耐えていた。

「あの、ベルナール様、按摩は?」
「こ、こんな状況になって尚、まだ治療を行うと言うのか!?」

 揉むより揉ませろという本心は、口から出る前に呑み込んだ。

「その、すぐに終わりますので」
「~~~~!」

 ――こうして、ベルナールの新たな戦いが今、始まろうとしていた。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く