話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第五十五話 揺るがない想い

 それから、ベルナールは泥のように眠る。
 張りつめていた緊張の糸が切れ、ようやく安らかにぐっすりと眠ることが出来たのだ。

 翌日は昼過ぎに目を覚ます。

「おはようございます」
「ああ、おはよ――」

 壁にかけてある時計を見て、とっくに朝の挨拶の時間が過ぎていることに気付き、慌てて起き上ろうとすれば、それ以上に驚くべきことがあって言葉に詰まる。

「ア、アニエス、お前、いつからそこに?」

 目覚めたベルナールの傍に居たのはジジルではなく、アニエスだった。今朝からちょこちょこ部屋に来ていたと話す。
 なんだか恥ずかしくなり、慈愛に満ち溢れた微笑みを浮かべる彼女から、ふいと目を逸らした。

「ベルナール様」
「なんだ?」
「お食事になさいます? それとも、お体をお拭きしましょうか? それとも――」

 三択目はなんなのか。思わず、ごくりと息を呑む。

「お母様かジジルさんをお呼びしましょうか?」

 まさかの三択目に、ベルナールは起き上がらせていた上半身を再び布団に沈めることになった。

 このアニエスに、色っぽい展開など期待出来るわけがなかったのだ。

「風呂の準備をジジルに頼んでくれ」
「わたくしが清拭せいしきを致しますが」
「いや、いい。気持ちだけ受け取っておく」

 体を拭かれた日なんかには、大変なことになるに違いないと思ったので、丁重にお断りをした。
 アニエスは分かりましたと言って、部屋から出て行く。
 扉が閉まったのを見て、はあと盛大な溜息を吐いた。
 想いが通じ合ったことが分かれば、あれやこれやと妄想があらぬ方向へと進んで行ってしまう。
 これでは心臓が保たないと、彼女の献身的過ぎる支えに危機感を覚えていた。

 数分後、ジジルがやって来る。

「お風呂に入りたいと聞きましたが」
「ああ、頼む」
「私が体を拭きましょうか?」
「いい」
「でしたら、エリックに」
「止めろ」

 ベルナールの初めてとも言える大怪我に、屋敷の使用人全員が過保護になっていた。
 心配は要らないと言っても聞きやしない。

「そういえば、双子は領地に置いてきたのか?」
「ええ、この通りの治安ですから」
「それがいい」

 それと、ジジルの夫ドミニクが話をしたいと言っていたことを聞く。
 アニエスの母親の形見を預けていた件だろうとベルナールは思う。

「分かった。風呂に入ったあと、部屋に呼んでくれ」
「承知いたしました」

 ひとまず、お風呂に入って落ち着くことにした。

 ◇◇◇

 汗を流してすっきりしたあと、ドミニクよりアニエスの母親のペンダントが返却された。
 ベルナールは礼を言って受け取る。
 それから、入れ替わるように医師がやって来て、腿の怪我の具合を診てもらった。
 刺し傷の完治までについては順調だと診断したが、脚の経過についてはなんとも言えないと話す。

社会復帰リハビリは怪我が完治されてからですぞ」
「ああ……」

 果たして、それは叶うものかと、今から不安に思う。
 将来図は不透明のままだった。
 いっそのこと、領地に帰って名産のカボチャでも作ろうかと考える。それか、ジジルが前に言っていた、食堂を開くのもいいかもしれないとも思っていた。
 可愛い看板娘も居る。
 ちらりと、診断に同席していたアニエスを見た。薬の塗布や包帯の巻き方などを一生懸命習っている。

 そんな彼女を眺めながら、この先の人生、苦労はさせたくないなと考える。
 元より、労働を知らない境遇で育ったお嬢様だ。
 なのに、家が没落し、身寄りを失くしてベルナールの家で使用人として暮らすことになった。
 自分が提案したこととはいえ、これまで大変だっただろうにと、気の毒に思う。

 医師が帰ったあと、アニエスを見ながら呟くように言う。

「……今まで、よく頑張った」
「はい?」
「いや、なんでもない」

 アニエスはベルナールの顔を覗き込み、食事にしましょうと提案してくる。

「お前は食べたのか?」
「いえ、まだです」
「だったら、一緒に食べよう」

 そう提案をすれば、アニエスは花が綻ぶような笑みを浮かべ、嬉しそうにしていた。
 その表情を、眩しいものを見るかのように、ベルナールは目を細めた。

「では、しばしお待ちを」
「ああ、分かった」

 部屋に一人きりとなって考える。どうすれば、彼女を幸せに出来るのかと。
 答えはまだ、浮かんでこなかった。

 ◇◇◇

 昼食後、アニエスと二人でペンダントをどうするかについて話し合った。

「お母様より頂いた大切な品ですが、所持し続けることを恐ろしく思います」
「ああ、そうだな」

 ベルナールの祖父、カルヴィンに預けることも考えたが、いつか分からない将来、それが争いの火種になる事態を考えたら、恐ろしいことだとベルナールも思う。

「お前の母親も、財宝の詳細は知らなかったのかもしれないな」
「その可能性は大いにあります。首飾りの扱いについて、困ったことになったら使うようにと言っていた以外に、注意などありませんでしたから」

 首飾りを眺めたまま、しばし沈黙する。
 どれだけの金が隠されているか知らないし、知りたくもないと思った。
 ベルナールは、アニエスに問いかける。

「アニエス、お前はどうしたい?」
「わたくしは――必要ないものだと、思います。ベルナール様は、どうお感じになられますか?」
「そうだな。俺も、個人で抱えるには大きすぎるモノだと思っている」

 ならば、どうするのか。
 幸い、二人の考えは同じところにあった。

「何か、案はあるか?」
「はい。海に、沈めようかと」
「それがいい」

 ちょうど、ベルナールは祖父の商会がある港街に来ないかと誘われていたのだ。
 静養をかねて、行ってみるのもいいかと思っていた。

「そこに行く途中に、首飾りを捨てよう。あの辺りの海域は流れが速い。二度と、見つかることはないだろう」
「分かりました」

 首飾りの扱いは、案外すんなりと決まった。

「それと――」
「?」

 ベルナールはこの前の約束をなかったことにして欲しいと頼む。それは、首飾りの情報について、口外してはいけないというものだ。

「もちろん、時と場合によるが、この前のように脅され、命の危険が迫れば、隠さずに言って欲しい」
「それは――」
「頼む」

 アニエスのことを、何があっても守り抜くと言いたかった。
 だが、この脚ではそれも叶わない。
 自らを不甲斐なく思いながら、強く懇願する。

 アニエスは顔を伏せ、膝の上で拳を握る。
 名を呼べば、すぐにパッと顔を上げた。
 その表情は何かを決意したような、凛としたものであった。

「でしたら、わたくしも」
「なんだ?」
「もしも、この前のように攫われた場合は、どうかそのまま、お捨て置きくださいませ」
「それは出来ない!」
「いいえ、そうなさってください。でないと、平等ではありません」

 断固として、譲歩案はないと言わんばかりの力強い口調である。
 今まで芯が強いところがある女性だと思っていたが、ベルナールの想定をはるかに超えたものであった。
 今回ばかりは、どうしてそうなると、頭を抱えてしまう。
 アニエスは話を続けた。

「生意気なことかもしれませんが、わたくしはベルナール様と、同じ場所に立っていたいのです」
「アニエス……」
「共に、生き残ることを第一に考えましょう」

 その言葉を、ベルナールは嬉しく思う。
 同時に、考えは揺るがないだろうと諦め、彼女の交換条件を受けることになった。

 ◇◇◇

 一週間後。
 ベルナールの刺し傷が完治すれば、港街へ静養に行くための準備が始まる。
 そこへは王都の近くにある港から船で二日ほど。
 国内でも三本指に入る大きな街だということで、アニエスは旅支度をしながら楽しみだと話していた。

「人の出入りも激しいが、治安はいいと言っていた」
「そうなのですね」
「ああ。そういえば、旅行は初めてか?」
「はい。王都から出るのは初めてなので、とてもドキドキしています」

 正真正銘の箱入り娘なのだと、ベルナールの衣服を畳み、丁寧に鞄に詰めている姿を眺めながら思う。

 そうこうしていると、エリックがやって来て来客が伝えられた。

「誰だ?」
「ラザール・シリエ様です」
「隊長が……?」

 思いがけない来訪者に、ベルナールの心臓はどくりと大きな鼓動を打っていた。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く