話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第四十二話 蟹、心揺さぶられる

 蟹の殻を割り、身を取り出して食べ、炭酸入りの酒で流し込む。
 そんな流れを無言で繰り返していた。
 途中、薄く切り分けたバケットも運ばれてくる。エルネストが食べ方を教えてくれた。

「蟹の甲羅の中に肝が入っているんだが、皿の底にあるオイルと香草を入れて混ぜ、解した蟹の身を入れて更に混ぜる。それをバケットの上に載せて食べるんだ」

 ベルナールは言われた通りの手順を行い、バケットにオイルと香草、蟹の身を混ぜた肝を載せて食べる。
 味わいは濃厚。コクがあり、若干の苦味もあるが、塩気のある蟹の身と香草の風味があって和らいでいる。カリカリのパンとの相性も抜群であった。

「どうかな?」
「美味い」
「それは良かった」

 この肝載せバケットがまた、すこぶる酒に合う。
 元々、蟹の肝は処分をしていたらしいが、この店の料理人が美味しさを発見し、客にも勧めるようになったとエルネストは話す。

「他に食べたいものはあるかい?」

 エルネストが品目表メニューを差し出す。
 それを見て、ベルナールはぎょっとした。料理名の欄には、値段が書かれていなかった。
 高級店は値段の表記がないところが多い。蟹は一皿幾らなんだと、戦々恐々とする。

「ここは食後の甘味デセールもオススメだよ」

 腹は満たされていたので、もう必要ないと首を振る。

「そういえば、話があると言っていたね」

 言われて思い出す。
 今日は蟹を食べに来たのではない。エルネストを追及しに来たのだ。
 酒を飲んでいたが、酔っているようには見えなかったので、質問をする。

「お前に聞きたいことがある」
「うん? 何かな」
「昨日起こった、馬車襲撃事件は知っているな?」
「ああ、知っているとも」

 味が濃い物ばかり食べていたので、喉の渇きを覚えたエルネストは水を飲み干す。

「あれ、お前が犯人か?」

 ベルナールの言葉に、エルネストは口の中の水を全て噴き出した。

「汚ねえな」
「だ、だって、君がとんでもないことを聞くから!!」 
「で、どうなんだ?」
「私じゃない!! 強盗なんか指示するわけないだろう!?」

 ベルナールは疑惑の視線を向ける。
 競売会場で最後まで粘っていた一人なので、余計に疑わしいと指摘する。

「何故、騎士である私が、罪を犯してまでドレスを手に入れるのだ!?」
「前科がある」
「なんだって!?」
「アニエス・レーヴェルジュ捜索依頼の件だ」
「それが、どうした?」

 ベルナールは、それが騎士の規律違反であることを言い渡す。
 エルネストの目は、大きく見開かれた。

「し、知らなかった」
「知らなかったじゃすまない。お前は、騎士の中でも全体の模範となる近衛騎士だ」
「きちんと、決まりについては目を通したつもりだったが」

 一応、話が広がらないように、ラザールが泥を被る形で受けたことを話しておく。

「私は取り返しのつかないことを――」

 ベルナールはなんとなくではあったが、ここ数回の付き合いでエルネストの本質について気付いていた。
 しようもない奴だが、そこまで悪い奴でもないと。子どもの頃から甘やかされ、世間一般の常識を知らないただのお坊ちゃんなのだ。
 なので、事件に関与していないという話も、本当のことだろうと信じている。
 ただ、規律違反については確認をしなければならないと思っていたのだ。

「お前は、どうしたい?」
「いや、あの依頼は、もういいんだ」
「いいとは?」
「正直に言って、今となっては、もうアニエス・レーヴェルジュの顔を思い出せない」
「はあ?」
「私は既に、彼女に興味はない」

 だったら何故、競売に誘ったのかと訊ねる。

「それは、オルレリアン君と遊びに行きたかったから……」
「は、馬鹿じゃないのか? 気持ち悪い!」
「え?」
「馬鹿で気持ち悪いと言った」
「や、やっぱり馬鹿と気持ち悪いって――いや、そんなことはいいんだ」

 確かに馬鹿で気持ち悪い男だと、エルネストは自身の行いを認める。

「ある日、ふと気づいたのだよ。私には、友達と呼べる存在が居ないと」
「だろうな」

 正直な感想を述べれば、雨の日に捨てられている子犬のような顔をするエルネスト。いいから話を進めろと言う。

「今まで、女性とばかり付き合っていて、同僚や社交界の紳士クラブなどにも顔を出したこともなかった」

 心を許せる相手が居ないことに気付いてから、それとなく同僚に話しかけたり、社交場に行ったりしたけれど、誰も相手にしてくれなかったと言う。
 どうして周囲は冷たい態度を取るのか、いくら考えても分からなかった。そこで、付き合いが長い、親子ほどにも年が離れた上司に聞いてみた。すると、驚きの指摘を受けてしまう。

「私はどうやら世間知らずで、傲慢で自分と美しい女性のことしか考えていない、いけ好かない野郎らしい」

 これではいけないと思い、彼は変わろうと決意する。
 けれど、自分のどこが悪いのか、全く思い当たらなかった。
 そんな中で偶然にも、エルネストはベルナールとつるむようになった。
 ベルナール・オルレリアンは真面目な騎士で、上司に信頼され、部隊にも馴染んでいるように見えた。

「君は私の悪い所を指摘してくれる。だから、一緒に行動していれば、良い所を吸収出来るのではと思った」

 以上、エルネストがベルナールとつるみたい理由であった。
 ベルナールは勝手な奴だと呟く。
 その点については、すまなかったと素直に頭を下げていた。

 話は規律違反の件に戻る。

「それで、私はどうすればいい?」
「一度、罰を受けろ」

 金銭が絡んだ個人的な依頼をベルナールに持ちかけたということにして、ラザールに報告。書類を作成している間、自分の上司に相談するように勧めた。

 エルネストがどういう行動及び言動に出るのか、観察する。
 意外にも、答えはすぐに返ってきた。

「分かった。罰を受けよう」
「最悪、騎士の位をはく奪されるが?」
「ああ、構わない。私は、根本から変わらなければならない。キツイ処分も必要だろう」
「だったら、俺は明日、上司に報告する」
「私も、そうしよう」

 話は意外な方向へと転がった。
 然るべき罰を受ければ、エルネストも変わるだろうと、ベルナールは今までの言動を振り返りながら思う。

「あ、あの、オルレリアン君」
「なんだ?」
「そ、その、私の罪が裁かれたら、ある話を聞いて欲し」
「断る」
「え、そんな!」

 席を立ち、縋ってこようとしたので、蟹を掴んだ手で触るなと、素早く避けた。

「だったら、何か好きな物を食べに行くついでとか……ここの、蟹でもいい。礼として奢るから! もちろん、今日の会計も私が払おう」
「蟹……」

 これ以上関わり合いになるつもりはなかったが、蟹につられて心が揺れ動く。
 だが、そういうことで自らの決心を曲げるのもどうかと思い、重ねて拒否した。
 焦るエルネスト。更なる好条件を提示する。

「そ、そうだ。私へのツケで食べに来てもいい! 恋人や家族と一緒に来るのもいいだろう」
「!」

 蟹は大変美味しかった。
 使用人達にも食べさせたいと思っていたので、ベルナールはその条件を前にあっさりと頷いてしまう。

 エルネストは涙目で喜んでいた。

 ◇◇◇

 エルネストと別れ、すっかり暗くなった夜道を歩くベルナール。
 一気に二件、問題が解決したので、心がふわふわと浮足立っていた。

 貴族の商店街を抜け、馬車乗り場を目指す。

「――お兄さん、花はいかがかね」

 声がした方を見れば、老婆が花束を手に持ち買わないかと勧めてくる。
 気付けば、中心街の夜市に紛れ込んでいた。
 夜市は月に一度開催されている。雑貨に野菜や果物、食べ物と、通常の市場で売られている品と変わらないが、店側の出展料が安く、昼間よりも安価で品物が手に入ると、庶民に人気の催し事である。
 店先には角灯が吊り下げられ、夜の薄暗さと相まって、なんとも不思議な雰囲気となっていた。

 勧められた花は控えめで、可憐なものだった。
 それとなく、アニエスを連想させる花だと思う。

「お兄さん、大丈夫かい?」
「!」

 老婆の気遣うような声に驚き、肩を揺らす。
 問題解決の高揚感から、ぼんやりしていたのだと気付いた。
 動揺を誤魔化すように、懐の中から硬貨を取り出して手渡す。

「お釣りを――」
「不要だ」

 花束を受け取り、夜市を横切って馬車乗り場まで歩いて行く。
 意外にも、時間はそこまで経過していなかった。残業日よりも早い帰宅となる。

 出迎えはアニエスではなく、エリックだった。
 恭しく頭を下げる執事にアニエスの所在を訊ねる。

「アニエス様は旦那様の私室でお待ちです」
「分かった」

 食事は食べてきたと告げて上着を預けると、まっすぐ自分の部屋まで向かう。
 私室の扉を開けば、アニエスがパッと明るい表情を見せ、立ち上がって傍まで歩いてくる。

「おかえりなさいませ、ベルナール様」
「ああ、ただいま帰った」

 アニエスはしばらくにこにことしながらベルナールの顔を見上げていたが、しだいに視線が下へと移っていく。
 ベルナールも同じ場所に目を落とせば、花束を握っていたことを今更ながら思い出した。

「こ、これは!」
「はい?」

 花束を持ち続けることが恥ずかしくなり、アニエスに押し付ける。

「わたくしに?」
「そ、そうだ。お前が処分、しろ!」
「まあ」

 花を受け取ると、可憐な微笑みを浮かべるアニエス。
 花瓶に生けてくると、嬉しそうに言いながら部屋から出て行った。

 バタンと扉が閉まる音を聞いて我に返る。

 ベルナールは脱力して、ふらふらと長椅子まで歩き、すとんと腰を下ろす。
 胸部に異変を感じ、手で強く押さえ込む。

 先ほどから、動悸が治まらない。

 残念なことに、彼はまだその正体を見抜けないでいた。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く