話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります

江本マシメサ

第四十一話 ついに、フワフワを掴んでしまった男

 酒は二杯だけ飲んで、眠ることにした。
 アニエスはふわふわした様子で、また今日みたいにお酌をしたいと言う。

「こういうことは、使用人の仕事だ」
「わたくしは、使用人です」

 目を伏せながら言うアニエスに、注意する。

「おい」
「はい?」
「母上達の前で、使用人だとか言うなよ」
「……はい」

 アニエスは苦しそうな表情で返事をしていた。
 以前、嘘を吐くのは辛いと言っていたことを思い出す。
 婚約を偽装する期間は長くない方がいい。分かっていたが、止めるタイミングを完全に失っていた。
 とにかく、今は結婚をする暇がない。まだまだ家族を騙す必要があった。

「もうしばらく、我慢をしてくれ」
「仰せの通りに」

 アニエスは涙目で返事をする。
 本当に申し訳ないと思い、今回の件が片付いたらなんでも願いを聞くと言った。

「願い、というのは?」
「例えば、旅行に行きたいとか、給料を上げてくれとか……まあ、いろいろだ」

 感謝の気持ちなので、遠慮はしなくていいと言っておく。

「ほら、なんだ、熊の騎士がどうたらいう話――」
「熊騎士の大冒険ですか?」
「そうだ。あれを全巻とかでもいい」

 愛読書としている本を勧めれば、アニエスの暗い表情は少しだけ晴れたように見えた。
 それを見て、ベルナールのざわついていた心が落ち着く。

 深夜を知らせる時計の鐘が鳴った。

「そろそろ寝るか」
「はい」

 アニエスは急に緊張感を思い出したようで、ぎこちない動きとなる。
 頬を赤らめ、恥じらう様子を見せていたので、ベルナールは思わず「初夜を迎える花嫁じゃないんだから」と指摘してした。だが、言い終えたあとで恥ずかしくなり、アニエスに背を向けて歩いて行く。

「お前は壁側だ」
「は、はい」

 部屋の中心にあった寝台であったが、アニエスを外敵から守るために壁側に寄せられていた。
 アニエスは壁に近い方で眠り、カーテンを挟んだ向かい側にベルナールが眠ることになる。

「あの、ベルナール様」
「なんだ」
「ミエル、なのですが」
「猫がどうした」

 遠慮がちにいつも一緒に寝ていると言う。
 籠の中で眠らせていても夜中になれば抜け出して、いつの間にか布団に潜り込んでいるのだ。

「猫を布団に入れてもいいかということか?」
「はい」
「好きにしろ」
「ありがとうございます!」

 まずはアニエスを寝台の奥へ行くように命じた。
 子猫の入った籠を抱き締め、ちょこんと布団の上に座っているのを確認し、カーテンを閉める。

「寝るときは角灯を消してくれ」
「承知いたしました」

 返事をしたアニエスは、急いで寝間着の上に着ていた外套を脱ぐ。
 カーテンの向こうに居る彼女の姿が角灯の薄明りに照らされ、映し出されていた。
 寝間着は体の線に沿うような作りで、豊かな体つきが影となって浮かび上がっている。
 ベルナールは見てはいけないものを見てしまったと思い、慌てて布団の中へと潜り込んだ。
 ドクドクと、胸の鼓動が激しくなる。
 そもそも、こういう異性が近くで眠っているという状況は初めてで、今更ながら大変な動揺をしていた。

 相手が僅かに身じろぐ音が、無駄に大きく感じる。

 眠ろうと努力をしたが、結局浅い睡眠を取ることしか出来なかった。

 朝。
 ミャアミャアという、子猫の高い鳴き声でベルナールは目を覚ます。
 お腹が空いたのか、餌を求めるように鳴いていた。
 腕に密着していた温かくてフワフワしている物があったので、猫かと思って思いっきり掴む。

「――!?」

 それは、猫ではなかった。夢のように柔らかくて温かな、彼自身持ちえないもの。
 よくよく確認すれば、猫は頭上で鳴いていた。
 ベルナールは一瞬で覚醒する。慌てて周囲を見れば、アニエスがすぐ隣で眠っていた。
 一体どうしてと、頭の中を整理する。
 護衛のため、一緒の寝台で眠った。中心には、カーテンがあった。なのに、アニエスは隣に居る。

 起き上がれば、視界に壁が映った。

 そこで彼は気付く。
 アニエスが転がって来たのではなく、自身が彼女の領域に転がり込んでしまったのだと。

 恐る恐る、寝姿を見下ろす。
 猫を持ち上げようと思って、結構な力で握ってしまったにも拘らず、安らかな顔で眠っている。
 ミエルが鳴いていても、ベルナールが不自然に動いても、アニエスは目覚める気配がなかった。
 なんて不用心で、呑気な娘だと思った。
 じっと睨みつけていたが、滑らかな線を描く体を注視していたことに気付き、顔を逸らす。
 それにしても、なんで布団も何も被っていない状態で眠っているのかと疑問に思った。が、その疑問はすぐに解決することになる。
 ベルナールがアニエスの布団を奪って眠っていたのだ。自分の過ちに気付き、そっと布団をかけた。

 寝台から降り、何もなかったことにした。

 今日は休日だったが、昨日は早めに帰宅をしたこともあり、出勤する。
 アニエスはジジル達に任せることにした。

 職場で昨日あったことを、上司であるラザールに報告する。

「確かに怪しい話だった。そこまでして、入手したいというのは異常だ。婚礼衣装に何か秘密があるとか」
「例えば、国外で価値のある品とか?」
「そうだな。他に、金銀財宝の地図があるとか」
「……」

 アニエスをおびき寄せる目的ではなく、他に利用価値があるとすれば、事件が解決するまで母親の婚礼衣装は預けておいた方がいいと思った。

「今、調査をしているらしいが、難航だと朝の会議で言っていた」
「……はい」
「エルネスト・バルテレモンの関与も疑っているが、なかなか探るのは難しいと」

 その点について、ベルナールも疑っていた。
 終業後、接触を図ってみようと考えていることを伝えた。

「そういえば、競売に一緒に行ったのも、オルレリアンだったな」

 エルネストは競売の参加者として、いくつか情報提供をしていた。その資料に、ベルナールの名があったのだ。

「いつの間に仲良くなったんだ?」
「全く、欠片も仲良くありません」
「そうか?」

 エルネストとの関係を全否定し、仕事の遅れを取り戻すことにした。

 ◇◇◇

 終業後。
 エルネストを呼び出して話を聞こうと、近衛騎士隊の事務所で面会の申し込みをする。
 補佐官に頼めば、すぐに本人がやって来た。

「オルレリアン君! 君から来てくれるなんて、初めてだね」
「……ああ。ちょっと面を貸せ」
「分かった。食事にでも行くかい? 魚介が美味しい店を知っているんだ」

 急に呼び出したので、嫌そうにすると思いきや、エルネストは何故か嬉しそうにしていた。
 ベルナールは若干の気持ち悪さを覚えつつ、職場を離れることになる。

 ありがたいことに、エルネストの連れて行ってくれたのは個室のある店だった。
 誰が聞いているか分からない場所では、込み入った話は出来ないと思っていたので、ありがたく思う。

「ここの店はいつも一人で来るんだ」
「何故?」
「女性は嫌がるからね」
「?」

 その意味を、食事が運ばれてきて理解する。

 ここの店の名物は、蟹の香草オイル蒸し。
 蟹はそのままの姿で出され、殻を割りながら食べるようになっていた。

「一度女性を連れて来て、文句を言われてね」
「だろうな」

 王都では高級食材として扱われている蟹は、貴族の間で人気であるが、殻が硬く、手先、場合によっては服も汚れるので女性は嫌う。優雅に食べられないというのも嫌悪されている理由の一つだった。

 ベルナールはエルネストから聞いた食べ方を倣い、蟹の殻を割る。
 フォークもナイフも使わずに食べるのが一番美味しい食べ方だと言っていた。
 殻から出てきた身を食べる。
 引き締まった身は上品な甘さがあり、濃縮された旨みと香草の風味が舌の上を楽しませてくれる。
 黙々と、殻を割り、あっという間に食べきってしまった。
 二皿目からは、蟹に合う酒が運ばれてくる。
 炭酸入りの白葡萄酒と、蟹の相性は抜群であった。

「没落令嬢、貧乏騎士のメイドになります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く