話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ピーターパンは帰れない。

師走 こなゆき

6-3


「またって……いつも変なところに隠れるの?」

「そうだよー。この前だって、そうだったよね」

 ヒイが言うと、

「そう、だった?」

 とセイは首をかしげた。

 ヒイが腕を動かし、空の方を指さす。

「前はあの星に乗って隠れてたでしょーっ!」

 へ? 星にぶら下がってたの? それとも乗ってたの?

「ええと……どうやって行ったの?」

 わたしが聞くと、セイは一つ溜息をついて、

「ひ・み・つ」

 と言った。

「あのね、人は、少しミステリアスな方が、魅力がある、よ」

 いや、そうじゃなくてさ……もういいや。

「じゃあ次は、先に見つかったおねえちゃんがオニね」

 そういって、二人はすぐに走り出した。

 わたしは、目をつむり数をかぞえる。

 いくつ数えればいいんだろう? 十……は少ないかあ。じゃあ、百? ちょっと長いかなあ。

 とりあえず、五十のところで、

「もう良いかーい?」

 と確認してみる。

 ――返事はない。

 もう探し始めてもいいのかな。

 辺りを見回してみる……が、当然二人の姿が見えるはずもない。

 二足歩行のウサギの出てきたイカ型のロケットが、絵に描いたような赤とオレンジの炎をあげながら、真っ黒の海へと飛んでゆく。一つだけ付いた窓からこちらを見ている気がしたので、わたしは手を振った。

 ウサギって、なんて鳴くんだろ?

 二人を探して歩き回る。そんなに遠くへは行かないはずだからと、近場の物陰を探しまわる。

 うーんと、あとどこ探してないかな。

 ……ああ、あそこか……あそこは、さすがにいないよね。

 その場所に近づいてみる。そこは、三角形の建物の残骸。わたしが先ほど隠れていた場所。

「誰か居ますかあ?」

 と確認するように中に声をかける。

「だ、誰もいません事ですわよっ」

 その、誰もいないという空間から、無理に高くして、震える女の子の声が返ってきた。

 少ししゃがみ、中を覗き込む。

「み~つけたっ」

 さっきわたしが座っていた場所と、同じ場所に同じ形でヒイが座っていた。声をかけると、すねたように唇をとがらせながらその場所から出てくる。

「どうして、同じ場所に隠れてたの?」

「だって、さっきと同じ場所に隠れてるなんて誰も考えないでしょ。だから……」

「まあ、それは、そうだけどさ」

 付近を見回し、セイを探す。

 ヒイは見つかって悔しいのか、ふてくされているのか、三角形の残骸の横に座り、どこか空中を見つめている。

 さて、他にどこか隠れられるような場所あったかな? もしかして、遠くまで行っちゃった?

 相手はあのセイだから油断できない。そう心の中で念じながら探し続ける。

 ――見つからない。

 近くの物陰は全部探したはず。なのに、見つからない。

 そういえば、ヒイとセイが二人でかくれんぼした時に隠れてた場所って……。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く