話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ピーターパンは帰れない。

師走 こなゆき

3.今の私はここにいちゃいけない気がする。


「おねえちゃん?」

 先ほど一緒にいた、ヒイという女の子の声が聞こえる。

 指先に、他人の指が絡む感触がする。

 なんとなく、瞼の裏に光を感じたので、目を開いた。

 ……ここ、どこ?

 辺り一面何もない。さっきまでの道路は? 家は? それ以前にここって……地球? 

 地面はテレビでたまに見る月面のよう。遠くに、クレーターのようにえぐれた場所も見える。

 空はいつも見ている夜のそれよりも真っ黒。そこに、ワタシは星であります。と主張しているかのような、星形の、黄色く発光した星が浮いている。あ、流れ星? これも、アイ アム ア スターと言わんばかりの黄色く発光した星型に、流れ進んでいるのを表す、カラフルな細い帯が何本も付いている。その近くでは、わたしも小さいころに描いた覚えのある、イカ型のロケットが飛び、そこにひとつだけ付いた窓から、猫らしき生き物が手を振っていた。

「ねえ……ここは?」

「秘密基地、だよ」

「ヒイとセイ以外で来たのは、おねえちゃんが初めてなんだよ!」

 やはり、いまいち要領を得ない。けれど、わたしの反応など関係なく、二人は今から何をして遊ぶのかを話し始めた。

「……かくれんぼ」

「おねえちゃんとおはなしするのっ!」

 ふたりの提案が対立し、ぶつかり合う。いつものことなのか、すぐにじゃんけんを始めた。

 何もないこの場所で、セイ君の言うかくれんぼは、一体どうやってするのだろう?

「じゃーんけーん、ぽんっ」

「あーいこーで、しょっ」

「あーいこーで……」

 なかなか決着がつかない。

 空を見上げてみると大きな星が、何事もなく光っていて、手を伸ばしたら掴めそうだったので、手を伸ばしてみた。けれども、近くに見えている星は意外に遠いのか、わたしが背伸びをしても、触れられなくて、すこし、寂しかった。それでも星は光っている。

 どうやって帰るんだろう? そう考えると、急に、私の住んでいる町との繋がりがほしくなり、スマートフォンの画面を見る。電波は当然のように圏外を表していた。

「じゃあ、お話ししよ。おねえちゃん」

 じゃんけんに勝利したのはヒイちゃんなのか、笑顔で駆け寄ってくる。すぐ後ろを見ると、セイ君がじっとこちらを見つめていた。

「……セイ君は、良いのかな?」

「……やだ」

「セイ君はこう言ってるけど、ヒイちゃんは……」

「その呼び方が、やだ」

 ヒイちゃんに振りかえったわたしに、また噛み合わない回答が来る。

 何を言っているんだろうと混乱していると、

「あたしもー」

 賛同の声が聞こえた。

 どうしろと……。

 わたしが呆れた顔で見ていると、それを無視して二人は話を進める。

「ヒイって、呼び捨てで呼んでっ」

「もしくは、セイさん。でも良いよ」

 二人は満面の笑みで、決めポーズのように、こぶしを握ったまま右手を前に出し、親指だけビッと立てた。

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く