話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第38話

「助けてあげる。
私の命をあげる。
だから諦めないで!
幸せになるのよ、オリヴィア」

エイダは命そのものを燃やした。
開花した聖女の力を使い、命を聖なる力に変化させ、怨念を浄化しようとした。
シャアは一瞬で全ての状況を判断して、エイダを優先した。
エイダとバートに恨まれるのを覚悟で、生命力の過半を聖剣に込めて、巨大怨魔獣の急所を斬り裂いた。

一瞬遅れて、クロードも生命力の過半を聖槍に込めて、巨大怨魔獣の急所を突き破った。
エミリーとアメリアは放った治癒魔法が、エイダを回復させた。
バートが巨大怨魔獣の爪撃を受け吹き飛ばされるも、シャアとクロードの攻撃で勢いが弱められていた上に、聖鎧の防御力で何とか致命傷を受けずに済んだ。

「おんぎゃぁ。
おんぎゃぁ。
おんぎゃぁ」

シャアの眼に、幼気な赤子を抱くエイダが映った。
ほんの一瞬、普段は表情を変えないシャアの顔に、心からの笑みが浮かんだ。
破顔一笑、すぐさま表情を引き締めたシャアは、巨大怨魔獣に次の一撃を放った。
シャアの笑みを見たのはエミリーだけだった。
妹のエミリーだけが、復讐と王家再興に囚われる兄の心の奥底に、真心があるのを知っていた。

シャアに続いてクロードも突きを放った。
エイダの命懸けの聖魔法が、全ての怨念を浄化していた。
巨大怨魔獣もシャアに続いたクロードの攻撃で全ての命を削られ、その場に巨大な体を横たえた。

「おんぎゃぁ。
おんぎゃぁ。
おんぎゃぁ」

「おお、オリヴィア。
オリヴィアなのね?
生まれ変わったのね」

エイダが赤子を抱いて話しかけている。

「すまん、オリヴィア。
こんな姿にしてしまって、すまん」

バートが赤子に詫びていた。
元の姿のまま助けられなかった事を、心から詫びていた。
自分の力不足に忸怩たる思いだった。

「これでよかったのかもしれない。
元の姿では、この国で生きるのは厳しい。
哀しい記憶が残っているかどうかは分からないが、全ての復讐を成し遂げたオリヴィアなら、赤子からやり直す方が幸せかもしれない」

「私が育てます。
今度こそオリヴィアを護ります。
オリヴィアを傷つけようとする者は、情け容赦なくぶち殺します」

愛おしそうにオリヴィアを抱くエイダだが、口にする言葉は過激だった。

「そう気負わなくてもいいのではないか。
父上と母上をこの国に呼んで、バートも一緒に、今度こそ家族で幸せを掴めばいいのではないか。
俺も手伝うよ」

そう言うシャアは、新たな決意と想いを込めてエイダに微笑みかけた。
国土だけではなく、人心まで荒廃した母国を立て直すのは苦難の道だろう。
想い人にも苦労を掛けるだろう。
想いを受け入れてもらえるかもわからない。
だが少なくとも、幼気な赤子が幸せに暮らせる国にすると誓った。

シャアとエイダの恋物語と子育ては別の機会に。


「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く