話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第35話

聖剣の効果は劇的だった!
シャアの持つ聖剣は一撃で魔獣を斃した。
クロードの持つ聖槍は一撃で怨念を斃した。
エイダの持つ聖短剣も怨魔獣に激烈な効果を表した。
一振りは魔獣を斃し、一振りは怨念を斃した。

寝物語の荒唐無稽な効果は、国を奪われた祖父母の願望だろうと、シャアは半ばあきらめていたのだが、本当だったのだ。
バートが持つ槍と剣も、少々劣るが怨魔獣に効果があった。
エミリーとアメリアが予備で持つ長剣も、怨魔獣に効果があった。
だが弓を主力武器にするエミリーとアメリアは、牽制と回復に専念することになった。

「これで何の心配もなくなった!
王子達の逃げた所は既に調べてある。
恐らくオリヴィアは第一王子の逃げたところに行くだろう。
直ぐに助けに行ってやりたいが、先ずはオリヴィアが帰る場所を確保する。
王子達に好き勝手させていた王と王妃を殺す」

「「「「「おう!」」」」」

シャアは王都で檄を飛ばした。
自分が先王朝の遺児であると明かした。
悪逆非道な現王朝を倒し、先王朝を復古させると宣言した。
王都の民は湧きたった。
地獄のような国では、先王朝は神聖視されていたからだ。

シャアは王都の民を集めて、王城にあった食糧を配布した。
傭兵として鍛えた人物眼を駆使して、民を組織化した。
実際に上手く機能するか、炊き出しや王城の清掃に使って確認した。
シャアの人物眼に間違いはなかった。
しかも働くごとに円滑に動けるようになった。

バートは直ぐにオリヴィアを助けに行きたくて苛立っていた。
エイダは自分の考えとシャアの考えが一致していたので、心配していなかった。
バートも頭では分かっているのだが、生来の餓鬼大将気質が出てしまっていた。
早い話が甘えが出ているのだ。
心から信頼できる先輩指導者を得て、今まで抑えてきた我が出てしまっていた。

シャアとエイダは、怨魔獣と化したオリヴィアが、王子達に負ける訳がないと思っていた。
本当にオリヴィアを助けたいのなら、少なくともオリヴィア本人の恨み辛みは、完全に果たさせるべきだと考えていた。
復讐さえ果たせば、元の聖女に戻ってくれると信じていたのだ。

さて、現王朝の王と王妃の打倒だが、シャア達が軍を率いて南都を攻め落とす必要もなくなった。
派手好きな王と王妃は、民から搾り取った金銀財宝を湯水のごとく使い、豪華絢爛な新城を温かい南の地に築城していたのだ。

その城の有る所を南の都と呼んでいたのだが、その南都をオリヴィアから離れた怨魔獣が襲い、王も王妃も貴族も皆殺しにしたのだ!


「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く