話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第30話

「凄い!」

「なんて御宝だ!」

シャアが枢機卿に剣を押し付け、教会の宝物殿に案内させた。
その中は、目も眩むような御宝で一杯だった。
神にすがる国中の民から巻き上げたモノだ。
いや、もはや神を信じる者などいない。
神を騙って、教会領の民から無慈悲に巻き上げたモノだ。

シャア組以外の勇者候補は、我を忘れて御宝を懐に入れている。
いや、傭兵時代に戦場掃除で遺体から鎧兜や衣服を剥ぎ取ったように、頭陀袋に手当たり次第に御宝を放り込んでいた。
それでも傭兵時代の知恵で、造りの功名な足のつきそうな物は避けて、金貨や鋳つぶせる金製品を選んでいた。

「シャア。
さっき宝剣と言っていたが、この中に有るのか?」

クロードがシャアに疑問を問いただした。
クロードから見れば、ここは一般的な宝物殿で、秘宝殿とは思えなかったのだ。
もちろんシャアもその事は理解していた。
だから枢機卿の身体に聞いた。
粉砕骨折させた部分を叩き、拷問したのだ。

「ギャァァァァ。
痛い。
痛い。
やめてくれ。
もう許してくれ」

「多くの民が、同じように泣いて頼んでも、無慈悲に全てを奪ったのだろう。
オリヴィアを王子達に売り払ったのだろう!
お前に与える慈悲などない!
早く秘宝殿に案内しろ。
案内しなければ、残った骨身も全て叩き砕くぞ!」

そう言ったシャアは、砕いていない指二本を握り潰した。
痛覚が多く、より痛みを感じる手先足先を残していたのだ。
枢機卿は我慢出来なかった。
御宝は大切だが、痛みには抗えなかった。
教会の秘宝中の秘宝を隠す、宝物殿の中にある隠し部屋を開いた。

「あった!
これが探し求めていた聖剣だ!」

「御兄さま!
ここにある鎧兜も、聖なる力を感じます」

「ああ、そうだな。
聖なる力を宿した物は、全て持ちだす。
このような穢れた場所には置けない」

「はい。
御兄さま!」

シャアの口調は変わらないが、エミリーの言葉が一変していた。
とても傭兵の口調ではない。
まあるで王侯貴族のような言葉遣いだ。
歴戦のクロードとアメリアはその事に気がついていたが、何も言わなかった。

実力が急激に上がって、大抵の敵とは互角以上に戦えるバートとエイダだが、まだ経験と言う点で劣っており、エミリーの変化に気が付かなかった。

シャアは聖堂騎士団の若手に、聖なる力を帯びた物全てを運ばせた。
もはや傭兵は使えなかった。
御宝に眼が眩み、下手に命令すれば、死を恐れず逆らう事が分かっていた。
傭兵達は、御宝を持たせて帰国させればいい。
そう考えていた。

自分達六人が残り、聖なる武具を装備して戦えば、怨念と魔獣からオリヴィアを解放出来ると考えていた。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く