話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第27話

「何をしている。
とっとと奈落に行って魔女を殺してこい。
くずくずしていたら、団長を解任するぞ」

「しかし枢機卿猊下。
我らがここ離れている間に、魔獣が襲ってくるかもしれません。
枢機卿猊下を御護りするには、ここを離れるわけにはいきません。
まずは騙して集めた傭兵達を向かわせましょう。
思いがけず強力な傭兵も混じっています。
奴らなら魔女であろうと魔獣であろうと、簡単に斃す事でしょう」

教会の枢機卿は、恐怖と怒りで常軌をなくしていた。
教会内の派閥に関係なく、多くの司教や大司祭が殺されてしまった。
上納金を治めていた教会が破壊され、教区も崩壊してしまった。
このままでは責任問題だ。
いや、何時自分を襲いに魔女がやってくるかもしれない。

追い詰められた枢機卿は、絶対に側から離さなかった聖堂騎士団に討伐を命じるほど、正常な判断が下せないようになっていた。
だが聖堂騎士団の団長は、余裕をもって返事が出来た。
団長も、自分では魔女や魔獣に勝てない事は重々承知していたが、シャア組の強さを目の当たりにしていたので、彼らにやらせればいいと考えていたのだ。
だが事はそう簡単にはいかなかった。

「駄目ですな、団長殿。
口約束など信じられませんな。
どうしても魔女や魔物を斃しに行けと言うのなら、せめて枢機卿猊下から直接報酬の約束を頂かないと、とても命懸けの仕事など出来ません」

「なんだと。
この無礼者が!
傭兵ごときが、枢機卿猊下の謁見させろと申すか?!」

「傭兵ごときとは異なことを申します。
教会は我々を勇者候補としてこの国に呼び寄せたはず。
それを傭兵ごときと言うのなら、我々はこの国を去らせていただきます」

「待て。
待ってくれ!
分かった。
シャアの言い分は枢機卿猊下に御伝えする。
だから少し待ってくれ」

奈落の淵から移動したシャア組は、一時は袂を分かった下劣な傭兵達と再合流し、聖堂騎士団の指示に従い、教会領を巡回したが、幸か不幸か魔獣にも魔女にも遭遇しなかった。
尻に火が付いた聖堂騎士団は、勇者候補を一旦枢機卿のいる大聖堂に戻し、奈落の討伐に行く準備を整えるように命じたが、シャアが面と向かって拒否したのだ。

勇者候補達も、シャアの指示に逆らうのも怖いが、魔女や魔物はもっと怖い。
この国に来てみて、魔女や魔物が本当にいる事が分かった。
巡回した村や街を巡って、自分達では魔女や魔物に歯が立たない事を痛感していた。
だから逃げ出したかった。
シャアもその事を理解していた。

シャアは切り札が欲しかった。
この国に入って色々と調べて、それが大聖堂に保管されている事を知ったのだ。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く