話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第26話

オリヴィアは奈落の底でもがき苦しんでいた。
元に戻ろうとする聖女の心と、怨念が戦っていた。
それくらい聖女の心が戻って来ていたが、それでも怨念の方が強かった。
自分で報復したい気持ちに変わりはないが、他の怨念に引きずられている今の状態では、我を忘れてしまうかもしれなかった。

狂気に染まり、大切なバートとエイダに、魔獣の一部が襲い掛かってしまうかもしれなかった。
こんな状態では、オリヴィアも報復に動けなかった。
だが魔獣と一体化した怨念の一部は、オリヴィアのコントロールを離れ、勝手に奈落を出て行ってしまった。
そして彼らの激烈な報復が始まった。

オリヴィアにコントロールされている間は、統制のとれた報復が行われていた。
だがオリヴィアのコントロールが離れた以上、無差別な報復が始まった。
奈落の周辺にある村や町が、無差別に襲撃された。
魔獣は人間を無差別に喰い殺した。
地獄絵図の国だが、そんな中でも最低限の暮らしをしていた状況が崩れたのだ。

土地を離れたら生きていけない国だが、村や街に残れば喰い殺されてしまう。
だが国から逃げ出せば生き延びられる道がある。
そう考える者が現れたのだ。
一人がそう考えて逃げ出せば、後に続く者もいる。
一旦そういう流れば出来れば、雪崩現象が起こる。

民が全て国を捨てて逃げ出そうとした。
教会と領主に止める事など出来なかった。
末端の神官や領主軍の兵士まで逃げ出していたからだ。

「兄上。
どうする心算なんです。
このままでは、魔女が王都にまでやってきますぞ」

「俺達に復讐するためにか?」

「ええ。
身分もわきまえず、復讐などとふざけた事を言って、魔獣を従えてやってきますぞ」

余裕の表情で、新たに攫ってきた女を嬲っている第一王子に、第二王子が少々苛立ちながら聞いた。
オリヴィアが魔獣をコントロールしている間は、末端の神官や領主から報復されていた。
自分達を最後の標的とする事で、恐怖感を与えようとしている事は、明々白々だった。

腹立たしい事ではあったが、時間が稼げると考えた王子達は、教会とは別に隣国から傭兵を集めようとしていた。
だが教会と違い、自国以外にはほとんど力がなかった。
悪行の評判が隣国にも広まっていて、どの王家も相手にしてくれないのだ。
だから法外な報酬を約束して、隣国の将軍や騎士を引き抜こうとしている最中だったのだ。

「心配するな。
もう話はつけてある。
お前達は将兵を纏めておけ」

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く