話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第22話

シャア組は、最初からこうなる事を想定して、囲まれないようのドアに近い壁側の席を確保していた。
二人の男が盗賊傭兵団に斬り込んで動く場所を確保し、隙間から三人の女が投擲術で支援する。
エミリーとアメリアは弓の名手だが、他の国に入っているので、矢の補給が出来ない可能性を考え、投擲術を使っていた。

盗賊傭兵団員は、多少の緊張はしていたが、女誑しの毒針術を信用していた。
今迄から、何度も同じような場面で美味しい思いをしていた。
今回も同じような想いが出来ると思っていた。
男二人には多少てこずると考えていたが、それぞれに五人の屈強な戦士を向けていたから、大丈夫だと過信していた。
女二人にも三人づつの戦士を配して、万全を期していると思い込んでいた。

それで十分だと考えていたのだが、女誑しが話しかけてから数瞬の間に、二十一人が殺され十二人が戦闘不能に追い込まれている。
いや、盗賊傭兵団員には正確な損害等分かっていない。
だが自分達が圧倒的不利な状況に陥っているのだけは、痛切に理解していた。

他の勇者候補のメンバーは、関わり合いにならないように、壁際に張り付いていた。
中には剣を抜き、盗賊傭兵団員が近付いてきたら斬り殺す覚悟の者もいた。
ある程度戦闘経験が有る者には、シャア組には勝てない事が分かっていたのだ。
逆らったら殺されると理解していた。
だから盗賊傭兵団員だけが部屋の中で浮いていたのだ。

「すまねぇ!
家の馬鹿が粗相をした。
全部家が悪い。
詫びを入れるから許してくれ」

盗賊傭兵団の中で、特に狡猾な男が片膝ついて詫びてきた。
騎士の礼を真似ているのかもしれない。
こいつは、いつもこの手で相手を油断させてきた。
相手が許すと言って近付いてきたら、ガントレットに仕込んだ毒矢を飛ばすのだ。
卑怯極まりない男だった。

だがバートには通用しなかった。
自分が油断すれば、エイダをオリヴィアのような地獄に落とす可能性がある。
だからこの国を出てから一切隙を見せず、油断しないように気を付けてきた。
礼をとる卑劣漢に素早く横から近づき、一刀のもとに首を刎ねた。
そこからは惨殺だった。

助けてくれ、許してくれと、泣き喚く負傷者に止めを刺した。
抵抗する者はバートに斬り殺されるか、クロードに突き殺された。
中には他の勇者パーティーに助けを求める者もいたが、そんな人間は求めた相手に斬り殺されていた。
無関係な人間も、ここで盗賊傭兵団員を庇ったら斬り殺されると理解していた。

シャア組は全く無傷で百人以上の盗賊傭兵団を殲滅した。
誰もシャア組に近づかなかった。
シャア組がいる反対の壁際に張り付いていた。
そんな状況で勇者候補のリーダー達が帰ってきた。
そこにはシャアは勿論、盗賊傭兵団の団長もいた。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く