話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第13話

教会内の惨状は、魔獣の雄叫びが止んで一日経ってから発見された。
一日に何度も来ていた、教会から援軍の嘆願が来なくなった教区の司教が、不審と恐怖に調べさせずにはおれなかったのだ。
派遣した神官から報告を受けた司教は、急ぎ大司教を通して枢機卿に報告を入れ、援軍を要請した。

報告を受けた枢機卿は不愉快だった。
元聖女の報復だとは信じなかった。
あくどいことをやり過ぎて、悪党同士の殺し合いに発展したのだと考えた。
教会内の勢力争いも疑った。
自分の反対派が噂を流し、枢機卿派の神官を殺そうとしていると考えた。

だから、圧倒的な戦力で押し込むことを考えた。
実行犯は見せしめのために殺す事にした。
その為の戦力を用意しようとした。
聖堂騎士団は、自分の護衛から外せない。
だから、傭兵を集める事にした。

ところが、教会の権威を使っても、傭兵が集まらなかった。
枢機卿は傭兵の臆病を笑った。
噂に踊らされる愚か者だと内心嘲笑した。
だが笑ってばかりもいられない。
噂に脅える愚か者が、恐怖感から反対派閥に味方するかもしれない。

そんなことになったら力関係が逆転してしまう。
聖堂騎士団を投入する事を本気で考えた。
だが結局身の安全を優先する事にした。
金を使うのは惜しいが、反対派閥を潰せば、そこから金を奪うことが出来る。
そう考えて、他国から傭兵を集める事にした。
いや、勇者達を募集する事にした。

奈落から魔女が現れ、無辜の民を虐殺した。
それどころか、神に仕える敬虔な神官までころした。
遂には教会を襲撃し、聖域を穢した。
そんな魔女を退治する勇者達を募集する。
見事魔女を退治した者は、教会が勇者に認定すると、他国に広めたのだ。

この国の人間なら、教会の悪行を身をもって知っている。
勇者を募集しても、誰も集まらない。
そもそも勇者など存在しない。
だがこの国の現状を知らない他国の傭兵なら、勇者の名声欲しさにやって来る。
名声を欲する傭兵なら、少ない報酬で、命懸けの殺人をやらせられる。
相手は魔女ではなく、反対派閥が雇った傭兵だろうが。

集まった勇者候補は、どれだけ死んでも構わない。
むしろ全員死んでくれた方があと腐れがない。
反対派閥を完全に潰した後で、生き残った勇者を殺せばいい。
聖堂騎士団を使えば簡単な事だ。
枢機卿はそう考えて、他国にある教会を通じて、勇者を募集した。

隣国でその募集を見た者の中に、オリヴィアの兄と姉がいた。
村を石持て追われたローウェル家の人達は、何とか生き延びていたのだ。
いや、隣国に逃げ出し、傭兵となっていた。
村人に報復する為に。
教会に報復する為に。
オリヴィアの恨みを晴らすために。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く