話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第9話

村人は直ぐに襲われると思っていた。
だが何故が襲われなかった。
夜には襲われると考えた。
だが何故か襲われなかった。
しかし朝になって分かった。
簡単に殺してももらえないのだと。

村の入り口には、五人の男達の骸が捨ててあった。
恐怖に歪み、余にも恐ろしい形相の骸だった。
身体も無残なモノだった。
身体中の骨と言う骨が砕けていた。
身体中の至る所が陥没していた。
顔だけが何の傷もなかった。

その分、苦痛と恐怖に歪んだ死に顔がよく分かった。
そして何故顔が無事なのかも分かった。
恨みを晴らすと言う通告だった。
ただの獣ではない証拠だった。
獣が遊びで人を殺したりしない。
獣は喰うためにしか殺さない。

骸を見た気の弱い村人は、狂気が限界を超えた。
泣き喚きながら、家から飛び出し、村から逃げようとした。
だが逃げられるわけがないのだ。
我に返った家族が、急いで追いかけようとした。
だが、その足がパタリと止まった。

「ウォォォォン。
グギャォォォォ。
ガァォォォォォ。
キィィィン。
キャゴォォォ」

村の周囲から、幾種もの魔獣の雄叫びが聞こえたのだ。
聞いただけで分かった。
魔獣が喜んでいる事を。
新たな獲物を得て、復讐が果たせると喜んでいる事を。
村人達は恐怖に震えるしか出来なかった。

だが、五人の骸を捨てておくことは出来なかった。
埋葬しなければ、疫病の原因になってしまう。
神官に祈ってもらわなければ、怨念によってアンデットになってしまう。
本当は火葬にしたかったが、薪の補充もままならない。
神官を呼びに行くことも出来ない。
仕方なく男手を総動員して土葬した。

村人達は魔獣の雄叫びを聞きながら、恐怖に震えた。
埋葬が終ると、急いで家に閉じこもって震えた。
一晩中魔獣の雄叫びが聞こえて、まんじりとも出来なかった。
恐怖で眠れなかったが、余りの寝不足にわずかに気絶した。
朝になって、更なる恐怖が村人を待ち受けていた。

前日土葬したはずの五人の骸が、村の中に置かれていた。
しかも、腹が食い破られ、内臓が喰い散らかされていた。
普通の獣は内臓を丁寧に食べる。
食べずにバラ撒いたりはしない。
明らかに意図的だった。
恐怖を与える為に、わざと内臓をまき散らしたのだ。

村人は恐怖におののいた。
地に伏し、額を地に押しつけて祈った。
許して欲しい。
勘弁して欲しい。
オリヴィアの家族を追い出した事を詫びた。
畑の家も返すと祈った。

だが返事などなかった。
ただ魔獣の雄叫びが聞こえるだけだった。
朝から晩まで。
晩から朝まで。
高く低く、哀しく恐ろしく、村中を恐怖に陥れた。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く