話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。

克全

第8話

村の出入りが完全に封鎖された。
元々行商人以外出入りしない寒村だ。
多くの人が出入りするのは、徴税時期だけだ。
村の異変に気付く者などいない。
いや、村外の者は気が付いていた。
信じられないほど大きな狼が道を塞いでいるのだ。
だから村の外からは誰も来なかった。

村の中でも、投石に続いて狼の鳴き声が響きだした。
昼夜関係なく、恐ろしい鳴き声がするのだ。
誰も家から出れなくなった。
畑に行くのも恐ろしかった。
本当に狼なのか?
奈落の底から現れた魔獣ではないのか?

直ぐに飢える訳ではなかった。
完全自給自足の寒村だ。
収穫時期までは貧しくとも食べ繋げる。
だが、畑仕事をしなければ、来年は飢えで死んでしまう。
恐ろしい鳴き声に抗して、畑仕事をしなければいけない。
だが、何時襲われるかと言う恐怖で、一人で畑になどいけない。

オリヴィアの家族を追い出すのに一役買った、力自慢の村人が数人いた。
最初彼らは狼の鳴き声を無視しようとした。
だが日に日に他の村人の視線がきつくなった。
一度二度三度と殴って黙らせた。
視線は一層厳しくなった。
村長や村役人の決定で、狼退治に行かされることになった。

最初は暴力で黙らせようとした。
だが、村の総意には逆らいきれなかった。
家族からも懇願された。
起きている間は逆らえても、寝ている間に家族に殺されるかもしれない。
褒美も提示された。
狼を狩れば税を低くしてくれると言うのだ。

五人の男達は、手に剣を持って畑に向かった。
鈍らだが剣は剣だ。
動物を狩ったことがない訳ではない。
狼を退治したこともある。
魔獣でなければ何とかなる。
そう信じて畑に向かった。

だが、彼らの希望などかなえられはずがない。
散々人を暴力で従わせてきたのだ。
今度は暴力で従わせられる番だ。
いや、死ぬ時が来たのだ。
それも、とびっきり酷い方法で。

オリヴィアの家族は石を投げつけられ村を追われた。
だがら殺されるのも、石投げで殺されるべきだ。
魔獣に取り付いている怨念はそう考えた。
だが一撃で楽に死なせはしない。
力を加減して、肉を潰し、骨を砕く程度の強さで投げた。

「痛てぇぇぇ。
痛いぇぇぇ。
許してくれぇ。
助けてくれぇ。
勘弁してくれぇ」

男達は泣き叫んで許しを請うた。
だが許されるはずがないのだ。
自分達のやった事の報いを受ける時が来たのだ。
一人の男は右の肩の骨が砕かれた。
もう一人の男は左の膝を砕かれた。

「ウォォォォン。
グギャォォォォ。
ガァォォォォォ。
キィィィン。
キャゴォォォ」

村の周囲から、今まで誰も聞いた事のない雄叫びが聞こえた。
喜ぶように。
村人は悟った。
男達が殺された事を。
次は自分達だと言う事を。

「聖女は教会に裏切られ、王子達に輪姦され、奈落の底に落とされました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く