話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。

克全

第20話:出陣拒否

私の前には、暗澹たる表情をした貴族と家臣達がそろっています。
私の横にいるルーカスは厳しい表情をしています。
このままではヘリーズ王国軍撃滅作戦が破綻してしまいます。
ただ、本気で決意したルーカスを翻意させる事は絶対にできないと、古参の家臣達が言っていますから、もう私が頼むしかないのでしょうね。
ですがそんな事をすれば、ますます私がルーカスを狂わしたという噂が広まってしまいますが、民のためにはしかたないです。

「ルーカス、漢が一度約束した事を反故にしてはいけないわ。
私もお腹の子も大丈夫だから、王都に向けて出陣してくれないかしら?」

私の言葉を聞いても、ルーカスは表情を緩めないですが、内心で葛藤しているのが手に取るように分かります。
でも、気配で分かります、駄目ですね。

「嫌だ、絶対に嫌だ、妊娠しているエルサを残して出陣などできない。
エルサが無事に私達の子供を生んでくれるまでは、いや、私達の子供が無事に育つまでは、私は絶対にエルサの側から離れない!」

貴族と家臣達から、絶望のうめき声が聞こえてきました。
私もため息をつきたい気分ですが、そんな事をしては威厳が崩れてしまいます。
ルーカスに相応しい妻にならなければいけないのです。
それに、ウィリアム殿下とルシア殿下の事は別にして、王都の民が可哀想です。
いえ、ヘリーズ王国軍が略奪と暴行を繰り返しているという、王都周辺の民が助けてあげたいと、心から想っているのです。

「ねえ、ルーカス、私はルーカスの名声が地に落ちるのが嫌なの。
ルーカスにはずっと救民の英雄でいて欲しいのよ」

「そんな名声など、私には何の価値もない、塵芥も同然だよ。
そんなモノよりも、私にはエルサと子供の方が大切なんだよ」

やはりこの言葉では駄目でしたか、では次ですね。

「ねえ、ルーカス、私と子供のために、領地を手に入れてくれないかしら?
私はルーカスとの間にたくさんの子供が欲しいの。
その子供達全員に、広くて豊かな領地を分与したいの。
だからこの戦いで領地を確保してくれないかしら?」

私の評判は落ちてしまうのを覚悟で、強欲な願いを口にしました。
ですが、この戦いに参陣する貴族士族は、全員同じように思っています。
それを忠誠だと言い換えているだけで、忠誠には褒美がつきものですからね。
問題はルーカスがこの言葉に素直に従ってくれるかです。
元々ルーカスには名誉欲や権力欲が低い人だという噂がありました。
でも、私のお願いなら聞いてくれると思ったのですが、どうでしょうか?

「自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く