話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。

克全

第19話:ルーカス狂気

「本当なのかエルサ、本当に妊娠しているのか?!」

私が侍女達に話し終えた頃に、顔を真っ赤にしたルーカスが飛び込んできました。
御義父上様から話を聞いたようですが、興奮のし過ぎです。
普段のルーカスからは考えられない、とても歴戦の大将軍とは思えない行いです。
その証拠に、侍女達は口を開けて唖然としています。
私と結婚した事で、色々とイメージが崩れたと、親しくなった侍女が話してくれましたが、今回の行動は修正したイメージを更に崩してしまったようです。

「お待ちください、旦那様。
侍医に見てもらわなければ、正確な事は申せません。
今侍女が呼んでくれていますから、もうしばらくお待ちください」

私の言葉を聞いたルーカスは「ウッウッウッ」と呻くような声を出したかと思うと、部屋の中をウロウロと落ち着きなく歩きだしました。
あまりの興奮した姿に、思わず吹き出してしまいそうになり、必死で我慢しなければいけなかったです。
でも、直ぐに大切な事を忘れている事に気がつきました。

「旦那様、御義父上様はどうされておられるのですか?
まさかとは思いますが、控室でお待たせしたままではありませんよね?」

「う、忘れていた、だが、絶対にこの部屋からは出ないぞ。
君、君が父上に、侍医に確認するまでははっきりといえないと伝えてくれ。
私はこの部屋から、いや、エルサの側から離れられないと伝えてくれ」

ルーカスに命令された侍女が、直ぐに隣の控室に向かいましたが、興奮したルーカスの声があまりに大きいので、既にすべて聞こえていると思います。
でも、貴族の礼儀として、実の親子であろうと、正式な伝言は必要です。
いえ、伝言で済ませてしまう事が非礼なので、ルーカスが行って直接伝えるのが常識なのですが、今のルーカスに何を言っても無駄ですから……

「あ、そうだ、侍医は男ではないか!
いかん、いかん、いかんぞ、男に妊娠の確認などさせられん。
女医だ、女性の医師を呼べ、侍医であろうと男は駄目だ」

ルーカスがとんでもないことを口にしてしまいましたが、止められません。
興奮のあまり、目が血走って顔が真っ赤になっているルーカスに逆らえば、何をしでかすか分かりません。
恋するあまり刃傷沙汰に及ぶ貴族令嬢や令息が結構いるのです。
ルーカスがこのような状況になるとは想定外ですが、愛されている事は確かで、嫌な気はしません。

「ねえ、妊娠の確認には、ルーカスが心配するような診察が必要なのかしら?」

私が口に出さないと、侍女達だと興奮したルーカスが叱責するかもしれません。
慶事で君臣の関係にヒビを入れるわけにはいきませんからね。

「自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く