話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。

克全

第9話:初夜

それほど豪華な部屋ではありませんが、奇麗に拭き掃除までされています。
所々に野の花が飾られていて、とてもいい香りに満ちています。
この時のために屋敷から持ってこられたのでしょう、赤と白の蝋燭が赤々と燃えて、ルーカスと私を照らし出しています。
しかも蝋燭が四方にあるため、ルーカスと私の影が幻想的に四方に広がり、妖しい気分にさせてくれます。

「改めて言うよ、私はずっとエルサが好きだった。
王太子の婚約者だったから我慢していたが、我慢しきれずに密偵を放って王太子の素行を調べさせ、婚約を解消させるだけのスキャンダルを見つけようとした。
王太子が下種だったので色々と出てきて、あの日はそれをぶちまけて、エルサと王太子の婚約を解消させて、エルサに告白するつもりだったんだ。
エルサ、一生幸せにする、死ぬときは一緒だ、結婚して欲しい」

これでようやくすべてが分かりました。
何故ルーカスが王太子、いえマルティンの醜聞を知っていたのかが不思議でした。
忠義のルーカスが、王家の醜聞を調べる理由が分かりませんでした。
でも、それが私を愛していたからだと分かって、心の奥底から幸福感が湧き上がってきて、恥かしくもあって、顔が赤くなってしまいます。
いけません、自分の幸福感に浸っている場合ではありません、ルーカスが私の返事を待ってくれています。

「ありがとう、ルーカス、私は本当に幸せです。
マルティンと妹に裏切られ、私は絶望していました。
死んでしまいたい、消えてなくなりたいとまで思い詰めていました。
そんな時に、ルーカスが救いの手を差し伸べてくれたのです。
正直私は、ルーカスの事をずっといい幼馴染だと思っていました。
同時に、私とは比べものにならない英雄だと思っていました。
そして何より、フロリダ公爵家の令嬢として、王太子を愛し助けなければいけないと思っていました。
そんな私がこんな事を口にする資格などありませんが、私を妻にしてください。
末永くよろしくお願いします」

「こちらこそよろしくお願いします」

私は、本当に幸せです。
大陸有数の英雄に愛され求められているのです。
それも一夜の恋の相手ではなく、妻に求められ、こうして優しく抱かれています。
この時の事は、乳母や既婚の侍女から教わっていましたが、少し怖かったです。
でも、ルーカスが優しくリードしてくれたので、全てを任せることができましたが、ルーカスが手馴れている事に嫉妬を感じてしまいました。
どのような女性と経験してきたのかと、嫉妬してしまったのです。
私はとても身勝手な女なのですね。

「自称身体の弱い聖女の妹に、婚約者の王太子を奪われ、辺境に追放されてしまいました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く