話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

お母さんは魔王さまっ~朝薙紗凪が恋人になりたそうにこちらを見ている~

詩一

第55話 藍香の娘

駅に向かっていたのは、病院に行かなくてはいけなかったから。役所から貰った書類を届けなければいけない。
陽射しから逃げるように病院の中に入り、エアコンの祝福を受けながら、病室を目指す。
病室に入ると、間仕切りのカーテンが閉められていた。
「開けるよー」
そう言ってカーテンを開け中を見ると、母さんと紗凪さなぎがベッドの上に座っていた。
裸で。
二人の視線が俺に向けらていれる。
「ぎゃあああ」
俺は病室で出してはいけない音量の叫びをあげ、カーテンを閉じた。
するとカーテン越しから非難の声が上がる。
「なんで女子二人の裸を見た男の方が声を上げるのよー!」
「いや、ごめん。不意だったから。てかなんで二人とも裸?」
「それは、燈瓏ひいろう君がそろそろ来る頃だし、サービスしなければと思って」
「はい?」
「私達まだ傷がふさがってないからお風呂入れないでしょ? 燈瓏ちゃんが来るまでに体を拭き合って綺麗にしておこうと思ったの。まだちょっと待っててね」
「うん」
「燈瓏君。私は別に構わない」
「構えよ!」
カーテン越しに突っ込みを入れる。
「そう言えばさっき、私、紗凪ちゃんのお母さんって看護士さんに言われたの」
「そうなんだ」
母さんは俺の永続バフスキルの所為で見た目年齢が25歳くらいで止まっている。対して紗凪は持ち前の低身長。俺と母さんよりはよほど親子っぽいだろう。
「もう、すっごく嬉しくて」
「そりゃ良かった」
「紗凪ちゃん、うちの娘になるんだもんね」
一拍、二拍置いて、紗凪が丁寧な語調で答えた。
不束者ふつつかものですが、燈瓏君の良き嫁と成れるよう努力いたします」
「そうじゃなくて、養子縁組するもんねって事よ。だって二人ともまだ17歳だし結婚は無理でしょ?」
母のマジレスに意気消沈いきしょうちんしている紗凪の姿が思い浮かぶ。
「ああ、そうだ。その書類、役所から持って来たから。後、実印も」
「ありがとう。もう入っていいわよ」
中に入り書類を母さんに渡す。
あれから紗凪の父親は捕まった。
すると未成年の紗凪の面倒を見る親が不在と言う状況になる。実際問題、紗凪の父はただの不良債権以外の何者でもなかったわけだが、世間的にはそうではなく、必要な存在なのだそうだ。本来親戚関係の人が彼女の面倒を引き受けるものなのだが、母さんたっての希望で比々色家に来ることになった。言ってしまえば犯罪者の娘と言うレッテルを貼られた彼女を、引き取りたいと言うご家庭も無かったので、その辺はスムーズに行った。
手続きの為、後何度かは役所に行かなければいけないが、それで紗凪がうちに来られるなら安い苦労だ。
最初、彼女も簡単に首を縦には振らなかった。
自分が行けば迷惑になる事。
自分の親が母さんを刺した事。
親父さんを裏切る事になってしまう事。
様々な思いがあって、彼女自身、彼女の今後を決めかねていたのだ。
だが、病院で母さんと共に過ごす事で、紗凪の中に在った申し訳ない思いや不安は次第に取り払われていき、最近になってようやく彼女の了承を得て、比々色家に迎え入れる事が決まった。
加えて、親父さんの虐待の事実も発覚したため、親子の分離の話も同時並行で進んでいる。
それについても彼女自身、自分を責める様な発言をしていた。
しかし、最終的には父親と縁を切る方向で納得させた。
父親が服役ふくえきし、刑期を終えて出所した時、帰る先が娘の元であるという事は、虐待の再発に繋がりかねない。お金も少なく就労先も確約されてない父親が、娘に甘えるという事は目に見えており、彼が出所した後に早期での社会復帰を促す為にも、縁を切っておくのが妥当。
と言う説明が厚生労働省の方からあった、と紗凪に話したからだ。随分色を付けて話したが、まあ、だいたい合っているから大丈夫。多分。そんなこと言ってないよって事もふんだんに盛り込まれているけど、大丈夫。
これについては心の中でさえ謝らないつもりだ。実際その通りだし、紗凪の希望を優先していたら絶望へ行く事しかないから。
よく、本人の希望が一番大事だとか、親子の縁は簡単に切るものじゃあないとか、くだらない事を言う奴が居るが、本人が正常な判断が出来ない時に、希望や縁なんてありはしない。俺は正しい。それだけだ。一般常識を信じて疑わない道徳信者がこぞって俺を叩きたけば叩け。どれだけ叩かれても、あいつと紗凪を復縁させたりはしない。絶対に。
母さんが書類を書き終え、紗凪の直筆で名前が書かれる。
俺は書類を貰って病室を後にして、容赦ようしゃのない陽射しの中に躍り出た。
それから数日、学校と病院と役所とバイト先を行ったり来たりする日々が続いた。
二人とも刺し傷がそこまで深くなかった事、内臓を損傷していなかった事から、傷の治りも早く、三週間もする頃には傷がふさがり、後は自宅療養という事になった。
しばらくは俺がバイトを頑張らないとな。
本当なら紗凪の父親に慰謝料を請求したいところだが、それは叶わない。だってお金を持っていないから。こちらは泣き寝入りをするしかなかったわけだ。
何より実刑判決を喰らって刑務所に居るあいつからは金を取ろうにも取れない。
ちなみに奴の刑罰は懲役ちょうえき10年。これは短いと思ったが、殺人未遂事件にしては長いらしい。長くなった理由としては、まず二人が被害者になっている事。更にはもう一人少年の命を奪おうとしていた事。また、刺した二人の内一人は実の娘であり、娘に対しては虐待をしていた事などが挙げられた。
あいつのその後の事なんざ、正直どうでもいい。それよりも俺がバイトで稼いだ給料の何割かが税金として徴収ちょうしゅうされ、刑務所で暮らす人々の生活費となる事の方が問題だ。これじゃああいつが生活保護を受けていた時と何も変わらないじゃあないか。
本当によくできた世界だ。
作った奴の顔を見てみたい。
かなりの猫顔だったと思うが。

「お母さんは魔王さまっ~朝薙紗凪が恋人になりたそうにこちらを見ている~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く