話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

お母さんは魔王さまっ~朝薙紗凪が恋人になりたそうにこちらを見ている~

詩一

第31話 良煙寺家

「ありがとうございました」
降りる前は先の首振りの所為で頭がクラクラするかと思ったが、それよりも尻が痛くなっていた。考えてみれば荷台なので、尻への労りゼロだった。忘れていた。
駆け上がって行く軽トラを手を振って見送り、良煙寺家に向き直る。
石畳が真っ直ぐ伸びており、その先には2メートルを超える巨大な門がそびえる。
通路にも門にも同じく苔が生えているが、周りに雑草がない事から手入の具合は窺える。恐らく敢えて苔は取り除かない趣向なのだろう。
チチチチ。
上空で小鳥のさえずりが聞こえる。
見上げた空は、高く狭い。
背の高い木々から伸びた枝が、日差しを恭しく畳んで柔らかくしている。
優しく舞い降りた光に熱は無く、あくまでも明かりとしての役割に徹しているようだ。
辺りは涼やかな空気で満たされており、ただ立っているだけで体が洗われている感覚があった。
石畳を抜け門の前に着く。
呼び鈴を探すがボタンのようなものは無い。
代わりに縄が垂れており、その行き先を見ると鐘が付いていた。
縄を引っ張ると鐘が揺れ、ガランガランと音を立てた。
静寂に包まれたこの場所だからこそ、この音でも良いのだろう。そう思うほどにこの鐘の音は控えめだった。
程無くして中から足音が聞こえ、門が開いた。
中から顔を出したのは気の良さそうな老婆だった。
「こんにちは。よくいらっしゃいました」
腰は少々曲がっているものの、顔にはとても艶が有り、お婆さんと言う表現は失礼に思える程若々しい。
「こんにちは。見学の予約をしていた……あっ」
見学の予約をする時、俺は名前を言ったっけ?
「えっと、比々色ひひいろという者なんですが」
「はい、どうぞ、中へ入ってください」
「ありがとうございます。お邪魔します」
いつの間にか名前を言っていたのだろうか。
門を潜ると、そこにはまた石畳が有り、その先に母屋が有るようだった。
庭園と言っても差し支えない程の見事の庭だった。
まず目に入ったのは松だ。門や塀の高さを超えないように調整された松はうねって、石畳を挟んだ向こう側にある池にその姿を映し込んでいる。まるで、自分の容姿を見る為に池を覗き込んでいる様に見える。
池には鯉が3匹ほど泳いでいた。
奥の方では、ちょぼちょぼと言う音を発しながら石を伝い落ちる水が、水面に不規則な波紋を作っていた。
「見事なお庭ですね」
「ありがとうございます。旦那の理三郎りざぶろうも喜びます」
「理三郎さんと言う方がこの稽古場の師範ですか」
「はい。私は菜花なはなと申します」
「あの、菜花さん」
「はい?」
「自分は予約の時に名前を言った覚えが無いのですが」
「ええ。言ってませんでしたね。ですが理三郎さんが、名前は解らないが少年が来るよと言っていましたので、聞き覚えの無い名前を持つ少年を待っておりました」
「すみません。言い忘れていて」
「いえいえ。こんなところにわざわざ訪ねて来てくれる若い人と言えば、もう間違えようがありませんので」
菜花さんはキャラキャラと笑った。やはり老婆と表現するにはあまりに可愛らしい笑い方だった。
母屋に案内された俺は、お土産の東京ばな奈を渡して、居間で二人を待たせて貰う事にした。
居間からふと玄関を見ると、見覚えのある自転車が置いてあった。
「いや、まさかな」
自転車などどこにでもあるし、これがあいつのものと言う確証はない。
不意に玄関が開いた。
「あれ? 燈瓏ひいろう君?」
汗で湿った亜麻色の髪を顔に張り付けながら、紗凪さなぎはキョトンと俺を見た。稽古と言うので胴着でも来ているのかと思いきや学校指定のジャージに下は体操着である。らしいと言えばらしいか。
「おう。お疲れ様」
「あ、うん。でもなんで?」
「俺が魔王討伐を迷っていると言うのに、お前は勝手に邁進まいしんしているし、なんだか申し訳なくてさ。来ちゃった」
最大の理由はそこではないが、それは帰りの電車の中で話すとしよう。
「ところで、あの自転車って、まさかお前のじゃあないよな」
「私の」
「え、じゃあ、まさかお前、ここまで」
「そう、チャリで来た」
「マジか!」
すげえ! 紗凪と出会ってから今までの間で一番プリクラを撮りたい!
しかしこんな山奥にプリクラを撮る機械など有るわけもない。
「紗凪、取り敢えず写メ撮ろう」
「え。なぜ?」
「いいから。記念記念。チャリで来た記念」
「燈瓏君は来ていないけど」
そう言う紗凪を無理矢理ファインダーに収め、一枚記念に撮った。
よし、絶対あのフレーズを入れて加工しよう。
と、興奮していて紗凪の凄さが薄れていたが、こんな場所まで自転車で来るなんて正気の沙汰ではない。よくよく見ると自転車は泥まみれでボロボロのガタガタ。タイヤはパンクしておりリムもベコベコ。今更敢えて言うが、これは競技用の自転車ではなくママチャリだ。
「それにしても良くこれで来られたよな。と言うか、まず出発の時点で行こうと思ったよな」
「私はここに稽古に来たわけだから、体力作りも兼ねて自力で行くべきと判断したわ。ほら、ジムに通うのに車で行って、中でランニングマシンに乗るって言う矛盾を、私は生んではいけないと思ったから」
「それはそうかも知れんが……一体何日掛かったんだ?」
「土曜日の朝に出て月曜日の昼に着いたから、三日は掛かってない」
俺の電話やメールになかなか返答が無かったのは、自転車で爆走していたからか。
「この家までの悪路も登ったのか?」
「当然。途中で気付いたんだけれども、私多分クライマーだから」
いやスプリンターとかクライマーとか関係なくない? あの悪路。
「パンクしているが?」
「大丈夫。車軸は死んでなかったから、リムで無理矢理登った」
だからベコベコに。仮にリムが生きていたからと言って、あの自転車はもう再起不能だろうが。
二人で自転車を見ながら話をしていると、玄関口の方に人影が現れた。
「こんにちは」
そちらを見ると良煙寺理三郎さんと思しき老父が立っていた。背筋がピンと伸びていて、こちらもお爺さんと言う言葉は当て嵌まらない程に若々しい。
俺はお辞儀をした。
「初めまして。比々色燈瓏と申します。先日は電話で名前も名乗らず、大変失礼しました」
「いえいえ。こちらも受け付けておきながら名前も住所も電話番号も聞かずに、誠に失礼しました」
深々と頭を下げられたので、俺はもう一度頭を下げ直した。
「今日の稽古はもう終了、と言うか朝薙さんの稽古は修了してしまったので、見学はできませんが、明日から体験していきますか?」
ん?
終了って?
「えっと、今日は終了って事じゃあなくて、修業って意味の修了ですか?」
「はい。彼女は物凄く呑み込みが早かったので、今日にて、教えられることは全て教えました」
紗凪を見ると彼女は顔を背けながらも控えめなピースサインを送っている。しかもダブルピースだ。どういう所存? 今どういう所存なの?
「それで、比々色さんはどうされます?」
「あー、えっと、紗凪が帰るなら一緒に帰ります」
「そうですか。折角着て頂いたのに、申し訳ないですね」
「いえ、こちらこそ! なんだか冷やかしみたいで申し訳ないです!」
俺が理三郎さんと話している隙に、紗凪は何やら準備をしている。もう帰る気なのか?
すると紗凪は理三郎さんの前に来てぺこりと頭を下げる。
「お風呂、頂きます」
「はい、どうぞ」
お風呂? ああ、汗を流しに行くのか。凄いなここ。稽古場と言うより旅館みたいだ。
「比々色さんもよろしければ、どうですか?」
「お風呂ですか?」
「はい。うちの風呂は広いですから、気にせず入れますよ。比々色さんが古武術を体験されないにせよ、朝薙さんは明日までここに居る予定ですので、今日は一泊して行ってください。なに、お金は気にしないでください。ここまでわざわざいらしてくれたお礼だと思って頂ければ」
なんていい旅館なんだ。
「では、お言葉に甘えさせて頂きます」
俺は着替えを持って風呂場に向った。

「お母さんは魔王さまっ~朝薙紗凪が恋人になりたそうにこちらを見ている~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く