詩集 ある世界主義者の憂鬱

朽木桜斎

太陽と吟遊詩人

どこかの吟遊詩人の歌を

太陽が笑いました

吟遊詩人は言いました

なぜわたしの歌を笑うのか

太陽は言いました

つまらないからだよ

吟遊詩人は言いました

ひどい太陽だ

叩き落としてやる

太陽は言いました

できるものならやってごらん

ただし

わたしがいなくなったら

夜は終わらないんだよ

太陽があんまり笑うので

吟遊詩人は塵になりました

それから数百年経って

ミサイルが発射されました

太陽は粉々に砕け散りました

そして夜がやってきました

終わらない夜が

みんなは気づきました

ああ

夜とはこんなにも

美しいものだったのか



「詩集 ある世界主義者の憂鬱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く