詩集 ある世界主義者の憂鬱

朽木桜斎

遠い空の向こうに

曇天どんてん白馬はくばけて
あいつをなんとかつかめないものかと
煙草たばこ一服いっぷく
とおそらこうに

六月の雨が大きなにじを作った
いっそあいつを一掴ひとつかみにと
手をばした
遠い空の向こうに

入道雲にゅうどうぐもに乗ってみたいな
あいつの上で日光浴にっこうよく
風呂につかりながらながめてみる
遠い空の向こうに

あそこには何があるのか
きっと遊園地ゆうえんち
早く行ってみたいな
遠い空の向こうに

「詩集 ある世界主義者の憂鬱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く