詩集 ある世界主義者の憂鬱

朽木桜斎

光の園

鉄格子てつごうしの向こう側に桜の大輪たいりんいている
ほのぐらいスポットライトはみつけられた花びらを照らし出して
作られた天国に虫たちも大騒おおさわ
きっとここはひかりそのなんだ

けものも遊び鳥たちもさえずって
なんて愉快ゆかいなところだろうか
ときどき黒い太陽が笑うけれど
ここは光の園なんだから

うれしさあまって毒虫どくむしした
桜の木の下は居心地いごこちがいいよと
そしたら蝶々ちょうちょはしかめっつらして
なんだかにごってきたよ光の園が

パーティーは終わってさあさよならだ
後片あとかたづけはしっかりやってよね
おりの中をきれいにしたら
またおいでよ光の園へ

「詩集 ある世界主義者の憂鬱」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く