話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第376話

「……さてと、名残惜しいが今日はこの辺りにしてそろそろ失礼しようかな。」

「あら、もう帰っちゃの?折角お家に帰って来たんだから、もう少しぐらいゆっくりしていけば良いのに。」

「ふふっ、すまないね母さん。私もそうしたかったんだけれど、家でマホとソフィが夕食を作って待ってくれているといけないからね。」

「むぅ、そう言われちゃうと引き留める訳にはいかないわね。それじゃあ、今度来る時は2人も連れていらっしゃいね。」

「あぁ、そうさせてもらうよ。それと父さん、今日は私達が知りたかった事を色々と教えてくれてありがとうね。おかげで助かったよ。」

「大事な娘の為だからな、礼には及ばないさ。また何か情報を掴んだら手紙を送る、その時は帰って来ると良い。」

「うん、そうさせてもらうよ。」

 穏やかに微笑みかけてきたエリオさんと目を合わせながらロイドが嬉しそうな顔で返事をした直後、執務室の扉がノックされる音が聞こえてきた。

「エリオ様。ロイド様と九条様の為に帰りの馬車をご用意させて頂きました。」

「うむ、ご苦労だった。2人共、気を付けて帰るのだぞ。そして九条さん、今後とも娘の事をどうかよろしくお願いします。」

「あっはい、迷惑と心配を掛けない様に気を付けながら頑張ります。」

「うふふ、是非ともそうしてあげて下さいね。」

「それは私からもお願いしよう。九条さんは目を離すとすぐに危ない所に突っ込んで行ってしまうからね。」

「まぁ、格好を付けたいお年頃というやつじゃろうな!」

「なるほど、私にも似た経験がありますよ。ですが、あんまり無茶な事はしすぎない様にして下さいね。ロイドやお仲間達が悲しみますから。」

「………はい、分かりました。」

 俺の発言が切っ掛けとはいえここまで好き放題に言われるとはな……もう少しだけ大人としての落ち着きを見せる様にした方が良いんだろうか……?

「父さん、母さん、レミ、また今度。」

「うむ、それではな!マホやソフィによろしく言っていてくれ!ソレと九条、今度はもっと沢山のお菓子を持って来るんじゃぞ!あれでは貢物として足りんからな!」

「はっはっは……俺にご利益をくれたら考えといてやるよ……それではエリオさん、カレンさん、今日はお邪魔しました。」

「いえいえ、またいらして下さい。」

「うふふ、お待ちしていますからね。」

 そう言って笑みを浮かべた2人に見送られながら執務室を後にした俺達は、廊下で待ってくれていたカームさんと合流すると屋敷の外に向かって歩き始めるのだった。

「お2人共、本日は欲しい情報を得られましたでしょうか?」

「あぁ、それなりにはね……ただ、リーパー・アレクシスという人物がどんな目的を持って何時頃この街に来るのかまではまだ分からなかったみたいだけどね。」

「申し訳ございませんロイド様、こちらの方でも動いてはいるのですが中々思う様に情報が集まっておらず……」

「いや、カームが謝る事ではないさ。何か分かったらその時に教えてくれればそれで構わないよ。」

「はい、全力を尽くして調べさせていただきます。」

 そんなやり取りをしている内に屋敷の外までやって来た俺達は噴水前に停まってた馬車に近寄って行くと、乗り込む前にカームさんと向かい合った。

「それじゃあカーム、父さんと母さんの事を頼んだよ。」

「かしこまりました。またお会い出来る日が来るのをお待ちしております。」

「えぇ、それでは失礼します。」

 ロイドと軽くお辞儀をしてから豪勢な見た目をしている馬車に乗り込んだ俺達は、カームさんや使用人の方達に見送られながら家へと帰って行くのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く