話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第361話

 翌朝、カーテンの隙間から差し込んでくる太陽の光とドタバタと廊下を走っている誰かの足音によって目を覚ました俺は直感的によくない事が起こったんだと感じ取りながら静かにベッドから抜け出して部屋の扉を開くとそこには……

「あっ、ご、ご主人様!ソフィさんが何処に行ったか知りませんか!?」

「……そんなに慌ててどうしたんだ。」

「そ、それが……朝起きてリビングに行ったらこんな書置きがあって!」

 今にも泣きそうな表情を浮かべているマホが震える手で差し出してきた小さな紙を受け取った俺は、そこに書かれてある短い文章に目を通してみた。

【ごめんなさい 今までお世話になりました。】

「私、ビックリしてソフィさんの部屋を覗いてみたんです……そうしたら、着替えやいつも常備してあったアイテムとかが全て無くなっていて!」

「………そうか。」

「そ、そうかって……ご主人様っ!ソフィさんが居なくなっちゃったって言うのに、どうしてそんな風に落ち着いていられるんですか!?」

「……仕方がないだろ、これがソフィの選んだ道ってだけの話だ。それにこの時間帯ならもう王都行きの馬車は出発しちまっているんだから、慌てた所で……ぐっ!」

「ご主人様のバカ!どうしてそんな冷たい事ばっかり言うんですか!?昨日だって、ソフィさんはご主人様に行くなって止めて欲しかったはずなのに……!なのにっ!」

 目に涙を溜めながら力いっぱい胸元を殴ってくるマホをどうする事も出来ないままその場で立ち尽くしていると、リビングに続く扉がガチャッと開いてその向こうからロイドが姿を現した。

 そして俺達の傍までゆっくり歩いて来るとマホの両手首を優しく掴んで、そのままギュッと体全体を抱きしめていった。

「マホ、もう止めるんだ。」

「うぅ……でも……でもぉ……」

「分かってる……分かってるよ……」

 穏やかでいて慈愛に満ちた声でそう囁いているロイドを見ながら壁に寄りかかった俺は、ズルズルと背中を引きずりながらぼんやりと天井を眺めるのだった……

 ソフィ……お前がその道を選ぶ事を止めはしなかったから今更こんな事を思うのもバカだとは思うけどさ……俺達の前から……居なくならないで欲しかったよ……

「……?」

 後悔先に立たずなんて言葉がぼんやり頭の中に現れたその直後、俺は玄関の扉から控えめなノックの音が聞こえてきている事に気が付いた。

 こんな朝っぱらから客人か?なんて思いながら一度ロイドと顔を見合わせた俺は、静かにため息を零しながら壁に手をついて立ち上がって扉の方に近寄って行くと鍵を外して訪ねて来た誰かを出迎えたん……だ………が……?

「皆さん、おはようございます。」

「………えっ………」

「ふぇ………」

「……どうして、貴女がまだここに………」

 呆然としている俺の目の前でニコっと微笑みながら優雅に佇んでいたのは、今朝の馬車に乗って王都に向かったはずのサラさんで………

「私がどうしてまだこの街に居るのか、それについては後々ご説明させて頂きます。それよりも今は……九条さんにこちらにお邪魔したご用件をお伝えしますね。」

「お、俺に……ですか?」

「はい……九条さん、これから私と一緒に闘技場に来て頂けませんか。」

「と、闘技場?一体どうして……」

「それは勿論……ソフィちゃんの為ですよ。」

 真剣な眼差しのサラさんにジッと見つめられながらそう告げられた次の瞬間、頭の中が真っ白になりながらも振り返って2人と目を合わせた俺は………

「……分かりました、すぐに支度をするんで少しだけ待っていて下さい。」

 何故なのか理由も聞かずに了承すると、マホとロイドと共に家の中に戻って行って出掛ける準備に取り掛かるのだった……これから何が起こるかも知らないままで……

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く