話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第334話

ウィルさんとキャシーさんの雑貨店で土産物を幾つか買った俺達は、2人にお勧めされた土産物店に向かう為に昨日に続いてクラリスに案内される事になった。

その後はお礼として昼飯をご馳走したりなんだりしながら時間を共にした俺達は、クラリスの体力が無くなって眠くなってしまう前に彼女を自宅まで送り届けると陽が暮れてしまう前に宿屋に戻って帰り支度を始めるのだった。

「えっと、着替えにアイテム……財布とスマホ……よしっ、忘れ物は無さそうだな。そっちはどんな感じだ?」

「私達も問題ありません!持ってきた荷物はすべてバッグに入れてあります!」

「そうか……あー……なんか……ん-………ふぅ………」

「ご主人様?いきなりグッタリしてどうかしたんですか?」

「あぁいや、遠出した先で何も起こらなかったのは今回が初めてだったからどうにも落ち着かないと言うか……ちょっとだけ不安が残るって言うか……」

「ふふっ、九条さんは心配性だね。けれどまぁ、そんな風に感じてしまう事に理解が出来ない訳でもないけどね。」

「えぇ、ご主人様は何時もその厄介事の真ん中に立ってましたからね……まったく、どうしてそんな事になってしまうのか不思議でしょうがありませんよ。」

「それは俺のセリフだっての……」

「はっはっは!お主はそう言う運命に愛されていると言う他あるまい!それにじゃ、厄介事に巻き込まれたからと言って辛い思い出だけがある訳でもなかろう?」

「……まぁ……そりゃあ……」

厄介事のせいで大怪我を負ったりもしたけど、それのおかげで知り合えた奴らとか危なかった所を救い出せた奴とかも居る訳だしな……

「そうじゃろうそうじゃろう!厄介事に巻き込まれたその結果、お主達はこのわしに出会えたんじゃからな!これはまさしく幸運と言うやつじゃ!間違いない!」

「おい、まさかとは思うがそれが言いたかっただけじゃねぇだろうな?だとしたら、それを幸運と呼べるかどうかはまだ分かってねぇからな!?」

「ふっふっふ、そんなに恥ずかしがる事もなかろう。こんなにもお主好みの見た目をしておる美少女が目の前に居るんじゃ、これが嬉しくないはずが無い!」

「いや、だからお前の見た目が俺の好みだとかって話じゃなくてだな!神様に対して抱いていたイメージがそういう感じだったってだけなんだよ!つーかマジで頼むから他所でそれを言うなよ?!」

「ご主人様、そんなに慌てているとレミさんの言っている事が本当の事なんじゃって思われてしまいますよ……って、もしかして?」

「もしかしてじゃない!そんな可能性は本当に無いから犯罪者を見る感じで俺の事を睨みつけるんじゃありません!旅行の最終日に辛い思い出だけが残るだろうが!」

「おや、それじゃあ九条さんの好みの女性はどんな見た目をしているんだい?」

「えっ!?いや、それは……」

「ふむ、確かにそれは興味深いのう。ほれ、話してみるが良い。」

「私も聞いてみたい。」

「や、やかましい!そんな事はどうでも良いからさっさと風呂に入って来い!明日は出発時間がそんなに早くないとは言え、寝過ごす訳にはいかないんだからな!」

話を無理やり切り上げてソファーからバッと立ち上がった俺は、皆から逃げる様にその場から立ち去って寝室として使っている部屋に置いてる着替えを取りに向かうのだった!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く