話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第315話

「皆様、本日はお疲れ様でした。明日の出発予定時刻は午前10時となっておりますので、遅れない様にこちらにお集まり下さいね。」

「はい、それではまた明日。」

夕刻頃になってようやく到着した村の入口付近にある小さな広場で馬車から降りた俺達は、別れを告げて去って行った御者さんの姿が見えなくなるまで見送ると荷物を担ぎ直して周囲をザッと見回してみた。

「……なんつーか、ここはクアウォートに行く途中で寄った村よりも少しだけ小さい所みたいだな。」

「そうですね……出歩いている人もそんなに居ませんし、あんまり活気がある感じの村じゃないんですかね?」

「えぇ、ここに立ち寄るほとんどは行商人の方達ばかりで……皆さんの様な旅行者の方はあんまり訪れませんから、そう言う部分での発展はあんまりしていませんね。」

「なるほど……随分とこの村の事情にお詳しいみたいですけど、もしかしてこの村に住んでいらっしゃるんですか?」

「あぁいえ、仕事の関係で王都に向かう時に何度かこの村を利用しているのでそれで自然と詳しくなったと言いますか……」

「へぇ……それじゃあ今回は、ご家族を連れてお仕事に?」

「はい。馬車の中でお話をしたドクターから人間の姿になれる薬を娘も飲んで良いと許可を頂いたので、その記念と自分達とは違う存在が居るんだという事を教える為に王都に連れて行ったんです。」

「ふむ……という事はもしかして、ファントリアスには人間が住んでないのかい?」

「いえ、そんな事は無いんですが……魔人種と比べるとそんなに多くありませんし、ほとんどは警備隊や冒険者といった大人の方達ばかりですのでお見かけする事自体がそんなに無いと言った感じでして……」

「だから人がいっぱい居る王都に連れて行ったの?」

「えぇ、その通りです……まぁ、娘はそんな私達の思惑はお構いなしに初めて訪れた王都の観光に夢中になっていたみたいですけどね。」

ウィルさんはそう言うと慈愛に満ちた瞳で娘さんと目を合わせると優しい手つきでゆっくりと頭を撫で始めた。

「…………」

「……ソフィさん?どうかしたんですか?」

「……ううん、何でもない。」

仲睦まじい父と娘、そしてその2人を優しく見守る母……そんな親子の姿をジッと見つめていたソフィはマホに問いかけられて静かに首を横に振ると、まぶたを閉じてそのまま黙り込んでしまった。

……表情にはあんまり出さなかったみたいだけど、やっぱり王都で親父さんと再会出来なかったのがショックだったのかねぇ。

「ぱぱ、おなかすいた。」

「あぁ、そうだな。それじゃあ晩御飯を食べに行こうか。」

「うん!……あの、おねえちゃんたちもいっしょにくる?」

「えっ、良いんですかクラリスちゃん?」

「う、うん……だめ?」

「そ、そんな事はありませんよ!ですがその……折角のご家族で過ごすお時間を邪魔しては……」

「うふふ、お邪魔だなんてとんでもありません。もしご迷惑でなければ、クラリスのお誘いを受けては頂けませんか?」

「はっはっは!勿論、喜んで受けるに決まっておろう!なっ!」

「お、おう……あっ、でも大丈夫なんですか?その、クラリス……ちゃんは……」

「娘の事なら大丈夫ですよ。この村には、私達の様な魔人種を快く受け入れてくれる方達ばかりですからね。」

「そ、そうですか……それなら、お言葉に甘えさせてもらいます。ロイドとソフィもそれで良いよな?」

「あぁ、可愛い子からされた折角のお誘いを断るなんて勿体ないからね。」

「……私も問題ない。」

「よしっ……それじゃあウィルさん、今晩はよろしくお願いします。」

「えぇ、よろしくお願いします。ではこの村にある唯一の飲食店にご案内しますのでついて来て下さい。」

「はい、分かりました。」

それからリザークさん一家に連れられて小さなファミレスっぽい店に足を運んだ俺達はそこで晩飯を食べ終えると、これまた村に1つしかない宿屋に向かい手続きを済ませると部屋に入って今日の事を振り返りながら夜を過ごすのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く