話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第221話

「エリオ様、もうそろそろノレスに到着なさいます。」

「……そうか。ならばいつもの様に村長宅の前で停めてくれるか。」

「かしこまりました。その後は皆様を宿屋にお送りすればよろしいですね。」

「あぁ、頼んだ。」

昼飯を食べてから更に時間は過ぎて太陽がほんの少し傾いて来た頃に2人のそんなやり取りを耳にした俺は、少しだけ気になった事があってエリオさんと目を合わせると小さく手を上げた。

「すみません、ちょっと尋ねたい事があるんですけど……」

「おや、どうかしましたか九条さん。」

「さっきの話に出てきたノレスって、もしかしなくても滞在する事になってる場所の名前ですよね?」

「えぇ、その通りですよ。トリアルとクアウォートを結ぶ街道の途中に存在している村ですので、私とカレンは何度かお世話になっている場所なんです。」

「そうなんですか……あの、村って事はそこまで大きくはないですか?」

「はい、面積的にはトリアルの半分程の大きさしかありません。」

「なるほど……じゃあ観光向けの場所じゃないって事ですよね。」

「うふふ、ですがトリアルとは違って自然に溢れていて凄く良い所ですよ。」

「へぇ、それはちょっと興味ありますね。」

「はっはっは、ならば宿に荷物を置いた後に村の中を探索してはいかがですか?」

「えぇ、そうしてみます。」

こっちの世界に来てからはデカい街しか拝んでないからなぁ……ゲームで立ち寄る様な村ってのがどんな場所なのかワクワクするな!

……ってな事を考えながら少しだけウキウキして窓の外に目を向けてみたその時、トリアルよりもかなり低めの防壁と建物らしき物が幾つか見えてきた。

「おぉ、あれがノレスの村か……」

「何と言うか、これぞまさしくって感じの場所ですね!」

「だな……ちょっと感動した。」

「ふふっ、それじゃあハンカチを貸してあげようか?」

「いや、そこまでじゃねぇっての……でもアレだな、さっき聞いてた通りトリアルと比べるとやっぱ小さく感じるな。」

「うん。だけどのんびりするには良さそう。」

「あぁ、確かにな。」

皆とそんな話をしている間に俺達が乗ってる馬車は木で造られてる門を通って村の中に入ったので、俺は窓から外の景色を見渡してみた。

「……ふぅん、村の中にある民家とかはトリアルとそこまで変わらないんだな。」

「そこは仕方がないんじゃないですか?家とかは魔法を使えば簡単に建てる事が出来てしまいますからね。」

「そうだよなぁ……でもまぁ、道とかはそこまで丁寧に手入れされてるっ訳でも無さそうだからそれで良しとしておこうじゃないか!」

「……いや、何様なんですかおじさん。」

「……さぁ?」

物凄く呆れた表情を浮かべるマホと目が合って少しだけ冷静さを取り戻した俺は、両頬を軽く叩いてから深々と息を吐き出した……その直後、馬車の揺れがゆっくりと停まったので何気なく外を見てみると……そこには少し大きめの家が建っていた。

「エリオ様、村長宅の前に到着致しました。」

「うむ……カレン、後の事は任せたぞ。」

「はい。」

「父さん、村長さんによろしくね。」

「はっはっは、分かったよ。それでは皆さん、私はこれで失礼させて頂きます。」

「あ、はい……それじゃあ、宿屋の方で待ってます。」

ニッコリと微笑んで小さく頷いたエリオさんが馬車を降りてく姿を見送ってると、その後からディオスさんとファーレスさんと警備隊の人達………ん?まぁそれっぽい格好をした人達がやって来た。

「九条さん、彼らはリリアさんとライルさんの家を護っている警護隊だよ。」

「あぁ……だから格好が微妙に違うのか。」

「さて、それじゃあエリオさんも降りた事ですし宿屋までお願いしますね。」

「はい、かしこまりました。」

カレンさんの言葉に返事をした御者さんは手を上げて周囲に合図を出すと、慎重に馬車を動かして走って来た道を戻って俺達が利用するという宿屋に向かって行った。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く