話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第209話

「それではご主人様、お買い物に行ってきますね!」

「はいはい、気をつけてな。」

「はい!分かりました!」

「九条さん、いってきます。」

「いってきます。」

「いってらー。」

朝早くから買い物に向かった3人を玄関で見送った俺は家事をこなしながら昼頃になるまで時間を過ごすと、服を着替え日焼け止めを塗って街に出掛けて行った。

「さてと、そんじゃあ急いで昼飯を食う店を探すとしますかねぇ。」

1人分の料理をわざわざ作るのが面倒だと考えていた俺は、適当に街中を歩き回りながら行き慣れた店に行くか新しい店を探すかぼんやりと思案していた。

「うーん……どうせだったら冷やし中華とか出してくれる店に行きたいんだけど、そもそもそう言った料理ってこの世界に無いんだよなぁ……どうしたもんか……」

「あれ、そこに居るのってもしかして九条さんじゃない!?」

「……え?」

背後からいきなり聞こえてきた大声に反射的に足を止めて振り返ろうとした瞬間、背中がトンっと軽く叩かれる様な衝撃が走り目の前に真っ白なワンピースを着た凄い美人が現れた?!

「あはは!やっぱり九条さんだ!久しぶり、元気だった?」

「あ、は、はぁ………」

「ちょっと何なのその気の抜けた返事は!元気が足りないよ!」

「す、すみません………って、あの、ちょっと聞いても良いですか?」

「うん!なになに?何でも聞いてよ!」

「えっと……その………どちら様ですか?」

「…………え、えええええええ?!!?!」

「お、おわっ!?」

美人さんはそれはもう驚きましたって感じの表情で叫び声をあげると、俺の胸倉を勢いよく掴んで急接近して来たって待って!近い近い!え、何なんだよこの状況?!

「武器とかアクセサリーを加工しまくってあげたのに私の事を忘れたって言うの!?それはちょっと酷過ぎるよ九条さん!」

「いや、ちょ、首を揺らさなああああってええええ?!もしかして加工屋の?!」

「そうだよ!コアクリスタルを使って九条さんの武器を作ってあげた私の事を忘れるなんて!そんなのって無いよ!もう!」

「あ、いやその!いつもの格好とあまりに違いすぎるから分からなかったんだよ!」

「はぁ?いつもの格好って…………あぁ、そういう事!」

加工屋のお姉さんは胸倉からパッと手を離すと表情を一変させると、パッと明るい笑顔を俺に向けてきた……

「そう言えばこやって普段着を着ている時に九条さんと会った事って無かったよね!いやぁ、ごめんごめん!」

「はぁ……はぁ……こっちこそ悪かったな……作業着姿で頭にタオルを巻いてるって印象が強いから、全然気付けなかったよ……」

まさかそんなラノベ的なミスをする事になるなんて思いもしなかったな……うん、何か少しだけ得した気分だ……けっこう疲れたけどな。

「あはは!たまに外で会うお客さんにもそれよく言われるよ!お店での格好と印象が違いすぎるって!私としてはそんなに変わった感じはしないんだけどね!」

「はは……そうか…………んで、こんな所で何をしてるんだ?店は?」

「あぁ、今日はお休みなの!いっつも働いてばかりじゃ疲れちゃうからね!そういう九条さんは?1人なの?お仲間の人は?」

「他の皆は揃って買い物に行ったよ。俺は留守番。」

「ふーん、九条さんは一緒に行かなかったの?」

「あぁ、面子が女の子ばっかりだから流石にな……」

「なるほどね!…‥でも、だったらどうして街に来たの?」

「昼飯を食べにな。わざわざ料理を作るのも面倒だったし……そっちは?」

「私も同じ!たまのお休みの日ぐらい、外でご飯が食べたかったから!」

「そうか……じゃあ邪魔しても悪いから、俺はそろそろ行くよってへっ?!」

「そんな淋しい事を言わないでよ九条さん!ここで会ったのも何かの縁だし、一緒にお昼ご飯を食べに行こうよぉ!」

加工屋のお姉さんは両手で俺の手を突然ギュッと握って来ると、ぶらぶらと左右に振る様にしてきたってやだぁ!ちょっと汗ばんでるじゃないですか!何だかドキドキしてきちゃったんですけど!?

「ねぇねぇお願い!実は気になってるお店があるんだけど、1人だと入りづらいの!ね、良いでしょ九条さん!一緒に行こうよ!」

「わ、分かった!分かったから手を離してってちょっと!?」

「わぁーい!それじゃあお店にレッツゴー!」

「いやだから!ねぇ聞いてますか!?もしもーし!」

太陽が照り付ける街中を強引に手を引かれて歩く事になってしまった俺は、汗ばむ手の平に伝わる感触に心臓が張り裂けそうになるのだった!そして心の中でマホ達に絶対に出会いませんようにと必死に祈りまくるのだった!!ってか、マジでどうしてこうなったのか誰か教えてくれえええ!!!??!!

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く