話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第183話

翌日の早朝、出発時間の少し前に南門の広場に到着した俺はマホと一緒に白む空の下で荷物を馬車に運び込んでいる人達をあくびをしながらぼんやりと眺めていた……

「ふぁ~……やっぱ朝が早いのはしんどいなぁ……」

「おじさん、その気持ちは分かりますけどもう少しシャキッとして下さいよ。」

「そう言われてもなぁ……そう言えば、ロイドとソフィはまだ戻ってこないのか?」

「うーん、多分そろそろ戻って来ると……あ、来ましたよ!」

朝から通常通りのテンションのマホと一緒に大通りの方を見てみると少し大きめの紙袋を手にしたロイドとソフィがこっちに向かって来ていたので、俺達はその場から離れて2人と合流した。

「お帰り、随分と時間が掛かったんだな。」

「あぁ、実は眠気覚ましに皆の分の飲み物を買っていてね。」

「飲み物?」

「これ。」

ソフィがスッと差し出してきた紙袋を受け取って中を覗き込んでみると、使い捨ての紙コップが4つ入っていた。

「なるほど、わざわざありがとうな。」

「いえ、どういたしまして。」

それからしばらくの間2人が買ってきてくれた飲み物を口にしながら出発の時間になるのを待っていると、荷物を運んでいた人達が次々と馬車から離れ始めた。

「皆さん!そろそろトリアルの街へ出発のお時間になりますので、ご予約をしている方々はチケットとお荷物を持って馬車の方に移動をお願いします!」

「お、やっと時間になったみたいだな。」

「そうだね、それじゃあ行くとしようか。」

「はい!……それにしても今朝は驚きましたよね。まさか帰りの馬車までおじさんと一緒にしてくれるなんて!」

「うん。取り消しをした分のお金もしっかりと返してくれた。」

「あぁ、本当にセバス・チャンさんという方には頭が下がる思いだね。」

「まったくだよ………もう2度と会う事は無いだろうが、もし再会する事が出来たらちゃんとお礼を言わないとな。」

「はい、そうですね!」

満面の笑みを浮かべて頷いたマホをと顔を合わせた後に地面に置いたバッグを担ぎ直してセバスさんが手配してくれた馬車に向かって行くった俺は、御者の人に受付で貰った予約のチケットを手渡した。

「……はい、チケットを確認させて頂きました。それでは出発の時間になるまで席についてお待ちください。」

「分かりました。」

御者の人に軽く会釈をして荷台の方に回り込んだ俺は、皆の荷物を荷台に乗せる為に一足先に乗り込もうとしたのだが……

「……ん?」

「おじさん?大通りの方をジッと見つめてどうかしたんですか?」

「いや………悪い、ちょっと先に乗っててくれ。」

「え、ちょっとおじさん!?」

慌てた様子のマホの声を背にして急いで大通りの方に走って行った俺は、注意深く辺りを見渡してみた。

「……気のせい……だったのか?」

さっき馬車に乗り込もうとした瞬間、学園で何度か感じたのと似た様な視線の気配がしたんだけど………周囲にも大通りにも別に怪しい奴とか居ないし、やっぱり俺の勘違いだったのか?

「おじさーん!御者の人が出発するって言ってますから早く来て下さーい!」

「あっ、分かった!」

首を傾げながらため息を零していると、先に荷台に乗り込んでたマホが大声でそう伝えてきた…………俺は急いで馬車の方に戻りながら、頭の中にある可能性を浮かび上がらせていた。

………確かあの王立学園、お化け屋敷が出現した森のすぐ近くに建っていたよな?って事はだ、俺が学園に居た時にずっと感じていた視線は……ま、まさか………!?

「い、いや、そんな事あるはずないって……!」

「おじさん?ぶつぶつ言ってないで早く馬車に乗って下さい。」

「あ、あぁ…悪い……」

馬車に辿り着くのと同時に嫌な答えが思い浮かんだ俺は、その考えを否定しながらマホに促されて荷台に乗り込んでいった!……だ、だってそんなはずないだろ!あの亡霊はお姫様はエクスカリバーで真っ二つに斬り裂いたんだからな!

「九条さん、さっきはどうしたんだい?知り合いでも見かけたのかい?」

「ま、まぁそんな感じだ……ひ、人違いだったけどな!ははっ!」

「おや、そうだったのか。それは残念だったね。」

「そ、そうだな!」

「ん?おじさん、何だか顔色が悪いですよ?大丈夫ですか?」

「え、そ、そうか?あ、もしかして乗り物酔いかもしれないな!」

「あの、まだ出発してないんで酔わないと思いますけど……」

「じゃ、じゃああれだ!寝不足でちょっと疲れが出てるんだ!そんな訳で、ちょっと寝かせてもらうな!」

「は、はぁ…別に良いですけど……」

俺は腕を組んで目を閉じると、さっきの事を忘れる為にさっさと寝る事にした!
ど、どうせ王都から離れればあの視線を感じる事は無くなるはずだ!

……そんな感じで現実逃避をしながら眠ろうとしていると、馬車はゆっくりと動きだして王都を出発してトリアルの街に向かって走り出すのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く