話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

おっさんの異世界生活は無理がある。

祐一

第182話

……マホ達からの追及にあっさりと心を折られて全てを白状した俺は、嘘をついた償いとしてそれぞれが欲しいと思った物をどれでも1つ買うという事で何とか許しを得る事が出来た。

そしてその結果、銀行で小切手を引き換えた時点では凄く分厚く重量のあった俺の財布は陽が暮れる頃には見事にやせ細ってしまっていた………いや、自業自得だからしょうがないとは思ってるけどもうちょっと手加減してくれても良かったのでは!?

自分で言った事を少しだけ後悔しながら買った物を家に送ってもらう手筈を整えた俺は、3人を予約した宿屋に送って行く事にしたのだが……何故かそこに城に警備兵が来ていて俺達と目が合ったと思ったらそのままこっちに向かって歩いて来た。

「九条透さんでお間違いありません?」

「あ、はい、そうですけど……」

困惑しながら返事をすると小さく頷いた警備兵は何処からともなく白い封筒を取り出して俺の前に差し出してきた?

「あの、これは?」

「セバス・チャンさんからお預かりした手紙でございます。お受け取り下さい。」

「え、セバスさんが?」

聞かされた名前に驚きつつ手紙をそっと受け取ると、警備兵はお辞儀をして宿屋を出て行ってしまった……

「おじさん、セバス・チャンさんってもしかしてお姫様と一緒に居た執事服の?」

「あぁ、その人で間違いなんだが……何で手紙なんか……」

「ふむ、とりあえず読んでみたらどうだい?」

「そ、そうだな……」

人通りの邪魔にならない様に皆と壁際の方に移動して行って封筒を開いてみると、折り畳まれた手紙とカードキーの様な物が入っていた。俺はとりあえず手紙を開くとそこに書かれていた短い文面に目を通してみた。

【拝啓 九条殿とそのお仲間の皆様へ

突然の事でご迷惑かと思いますが、皆様の再会を祝しましてこちらで宿屋の手配をさせて頂きました。もしよろしければご利用頂けると幸いでございます。

ご利用する場合は宿屋の受付に同封しましたカードキーをお渡し下さい。
また宿屋に場所に関しましてはカードキーに記されておりますので、お困りになった際は案内所でお尋ね下さいます様にお願い致します。

セバス・チャンより】

セバスさんからの手紙を読んで思わず沈黙してしまっていると、隣に立ってたマホが目をキラキラさせながら俺の顔を見上げてきた。

「おじさん!行きましょうよこの宿屋さん!」

「うーん……いやでも……」

「私もマホの意見に賛成するよ。折角セバス・チャンさんという方がご厚意で手配をしてくてたんだ。それを断るだなんて勿体ないと思うよ。」

「まぁそりゃそうだけど……」

「私も賛成。久々に皆で夜を過ごしたい。」

「………分かったよ。それじゃあセバスさんが手配してくれた宿屋に行くぞ。」

俺の返事を聞いて嬉しそうに笑みを浮かべた3人は部屋から荷物を取って来ると、受付で事情を説明して予約の取り消しを行っていた。

そんなこんなで宿屋の外に出ると、空は既に真っ暗になってしまっていた。俺達はそれからマホの案内に従ってカードキーに記された名前の宿屋に向かったのだが……セバスさんが手配した宿屋は1泊で数万はするだろうってな感じの外観をしていた。

「うわぁ!こんな凄い所に泊まれるなんてとっても嬉しいです!ほらおじさん!早く受付に行きましょうよ!」

「わ、分かったっての!」

興奮した様子のマホに手を引かれて宿屋の中に入って受付まで向かった俺は、笑みを浮かべながら立ってた男性にカードキーを見せてみた……その直後、男性は小さく頷いてカードキーを手に取るとそれと入れ替える様にキーホルダーのついた鍵を受付の上に静かに置いた。

「セバス・チャン様からお話は伺っております。ですので、どうぞこちらのお部屋をご利用ください。」

「あぁ、どうもです。」

軽く会釈をして鍵を受け取った俺はロイドとソフィと合流すると、階段で5階まで上がっていくと受け取った鍵を使って部屋の中に入って行った。

「皆さん見て下さい!このお部屋すっごく広いですよ!」

「あぁ、確かにそうだね。それに置かれている家具も素晴らしい物ばかりだ。」

「……何だかわくわくしてきた。」

「まぁ、これだけ凄い場所に泊まれるって興奮する気持ちも分からんではないが……明日の朝も早いんだし、先にやる事やってさっさとくつろぐとしようぜ。」

「あ、はい!それじゃあ……」

……それから街に出て晩飯を食べたり宿屋に戻って風呂に入ったり色々としてるとあっという間に時間は過ぎていき、俺達は明日の朝に備えて1日を終えるのだった。

「おっさんの異世界生活は無理がある。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く